最近のトラックバック

引っ越しします

長らくブログをお休みしていましたが引っ越しして再開します。

タイトルは日本の街並みと鉄道のコレクションです。

http://towntrain.jugem.jp/

休止中もあちこち行っておりましたが、ちょっと1回整理しようかなと思いまして。

またぼちぼちやりますのでよろしくお願いいたします。

鉄道のロゴに着目してみました 。~JR編1

JR貨物

Img_5874Dsc00920


まずはEH-200 ブルーサンダー

Img_3978Dsc09436

EH-500   金太郎

Dsc00096_800x600 EF-210  桃太郎

JR北海道

Img_1185Img_1181

まずは急行はまなすののびのびカーペットカーのロゴと座席車ドリームカー

Img_1205Img_1209

スーパーとかちやスーパー宗谷で使用される261系 Tiltとは傾斜の意味

Img_1684Img_1233

283系は振り子のロゴ

Img_1239 

Uシートはスーパーカムイ、すずらん、エアポートなどにある指定席車両

Img_1248Img_1250

ノースレインボーエクスプレス

Img_1791Img_1728


789系スーパー白鳥 津軽海峡をイメージした図とHokkaido Express  Advanced Trainを表すHEATのロゴ

JR東日本

Img_1139Img_1136


485系 白鳥

Img_1692Img_1688


寝台特急カシオペア ロゴ

Dsc01256 陸羽東線 キハ110 奥の細道ロゴ

Dsc09172_800x600Img_3715


485系 あいづライナー あかべえ編成(今は塗装変更)

Img_9480Img_9484

Img_9483Img_9479

日光線205系

Img_4082Img_4090

107系晩年もロゴは同じ


Img_9493Img_9497


烏山線キハ40 七福神ロゴ 沿線の駅名が縁起のいい名前が多いことから。

Dsc00109_800x600Dsc00105_800x600

横浜線なのにスタイリッシュなロゴ

ちなみにE233の横浜線は沿線の駅のロゴも入れる気合いのいれよう。

ここで今集めているロゴ(ただいま収集中)の一部をまとめて公開。

Dsc02034_800x600 山手    Dsc01176 石川町  Dsc01411_800x600 関内  


Dsc00783 桜木町  Dsc00199 横浜    Dsc01014_800x600 東神奈川

Dsc01012_800x600 菊名   Dsc00940 鴨居    Dsc01013 中山

Dsc00107_4 古淵   Dsc00117 淵野辺  Dsc01413 八王子みなみ野

これはいつかコンプリートしてやりたいと思っています。

Dsc01999_800x600_3Dsc01997_800x600

そして南武線にもE233系投入。大いに期待していたのですが。

Dsc01998 裏切られました・・・






















































































鉄道のロゴに着目してみました 。~関西・その他私鉄編

京阪

Img_0632Dsc09221_800x600

まずは京阪のコーポレートマークです。

近鉄

 Img_4697Img_4708

50000系しまかぜは風をイメージしたロゴ

 

 Img_0931Img_0932

22000系ACE

阪急

 
 Img_3675Dsc08769

●大阪市営地下鉄

 Dsc08852Dsc08853

今里筋線や長堀鶴見緑地線のリニアモーターカーを示すLIMロゴ

●北大阪急行

 Img_3224 POLESTARロゴ

南海

 Img_2209Dsc08918_800x600

50000系ラピート

 Img_0677Img_0680

 赤ラピート 20周年ロゴ

 Img_3315Img_3263

ピーチラピート

 
 
 Img_3237Dsc08904

山陽

 Img_3947Dsc08673

●神戸市営地下鉄

 Dsc09843_800x600Dsc08800

名鉄

 Img_4449Dsc01543_800x600

●水島臨海(3セク)

 Dsc08437Dsc08435

●岡山電気軌道(たまでん)

 Img_1613Img_1618

●北近畿タンゴ鉄道

 Dsc03683Dsc03685

KTR8000形 タンゴディスカバリー(当時)

●ことでん

 
 Img_7839Dsc08622_800x600

西鉄

 
 Dsc07846Dsc07847

●しなの鉄道(3セク)

 
 Img_2637Img_2642

●上田電鉄

 Img_2583Img_2587

●長野電鉄

 Dsc01288_800x600Dsc01282

●富士急行

 Img_2824Img_3038

6000系

 
 Img_2963Img_3021

1000型富士登山電車

●津軽鉄道

 Dsc00443Dsc00442

●札幌市営地下鉄

 Img_1631Dsc01134_800x600

●青い森鉄道(3セク)

 Img_1730Img_1731


大手私鉄で阪神がないのはご愛嬌ということで。

















































































 























鉄道のロゴに着目してみました。~関東私鉄編

国鉄型の車両がどんどん減って、それに伴ってヘッドマークやテールマークもどんどんなくなり,あってもLEDにかわってしまっています。

子供のころ特急のヘッドマークのシールとか集めたっけなんて思いながら、最近は車両のロゴマークやコーポレートマークは前より多くなったこともありちょっと着目してみました。

まずは

小田急

 Img_2555Dsc09966

30000系EXE  

 Img_2416Dsc09995

60000系RSE

 

 Img_9664Dsc09994


50000系VSE 

京王

Img_6926 Dsc07271 

有料特急がないのでコーポレートマークです。

西武

 Img_0532Dsc07676

10000系ニューレッドアロー

 
 
 Dsc07679_800x600Dsc07677

レッドアロークラシックはシンプル

東武

 Img_3190Dsc07184

100系スペーシア ロゴ撮っていませんでした。3種類のカラーのロゴがあります。

コンパートメントと東武鉄道のロゴです。

 Img_3199Dsc07570_800x600

200系りょうもうのロゴ。

京成

 Img_4778Img_6909


AE系スカイライナー

 Dsc07244Dsc07245

新旧のコーポレートマーク

新京成

 Img_4175Img_4116

新京成もコーポレートマークを一新しました。

北総

 Img_4765Img_4757

千葉ニュータウン鉄道NT9100形シーフライヤー

 Img_4767Dsc07224


北総のコーポレートマーク

京急

 Dsc09657Dsc09658_800x600


2100形ブルースカイトレイン

 Img_3467Dsc07234

コーポレートマーク

東急

 

 Img_1027Dsc07260

横浜高速鉄道

 Dsc07628Dsc07254

Y500系みなとみらい線

東京メトロ

 
 Img_4669Dsc00298

都営

 Img_7006Dsc07265

相鉄

 Dsc01206_800x600Dsc01193

つくばエクスプレス

 Dsc00319Dsc07103_800x600

TXは2種類ありました。

秩父鉄道

 Dsc00261_800x600Dsc00263_800x600

伊豆箱根鉄道

 Img_7202Img_3837

小湊鉄道

 
 Img_8995Dsc06184_800x600

千葉モノレール

 Dsc00071_800x600Dsc00072

アーバンフライヤー

関東の鉄道すべてではありませんが、このへんで。

次回は関西私鉄編。











 



 






































 
























 

 










愛知県田原市を歩く~田原市民俗資料館

豊橋鉄道で終点三河田原駅までやってきました。

 Img_9893


愛知県田原市は縄文時代からの歴史と田原藩家老であった渡辺崋山ゆかりの地でもあります。

駅前は区画整理でもやったのか比較的新しい建物が目立ちます。

 Img_9947

 

 Img_9948Img_9950Img_9951
ちょっと裏に入ると古い建物が残っていました。この近くに県道がありそこが田原街道になっていることからもしかしたらこのへんが旧道なのかもしれません。

雨の中田原城跡に到着しました。

 Img_9902Img_9905Img_9907Img_9900

田原城は1480年頃、戸田宗光によって築城されました。現在は石垣、堀、土塁などが残っており、桜門と二の丸櫓が復元されています。

 Img_9897Img_9898Img_9899Img_9901

 Img_9903 城内には田原市博物館があり、渡辺崋山に関する資料が展示されてい    ます。

 Img_9904 本丸跡は神社になっています。

 Img_9910 向かい側に気になる建物がありました。民俗資料館です。

 Img_9912Img_9934 もともと学校だったのでしょうか。

 Img_9917 さきに民俗・生活工芸資料がある2階にあがります。

 
 Img_9913Img_9914 昭和の時代の生活用品。懐かしいものはありますか?

 
 Img_9922Img_9923  江戸から大正にかけての生活用品。

 Img_9928Img_9929_2Img_9930 テレビ、ラジオ、蓄音器など。

 Img_9931 ランプ

 Img_9916Img_9915Img_9920Img_9921 消防関係

 Img_9926Img_9927


 Img_9933 1階は農具・漁具が展示されています。

 Img_9941Img_9942Img_9943 再び2階へ。

江戸時代以降の看板や、商業・工業・養蚕業関係の器具・道具を展示しています。

 Img_9936Img_9937Img_9938


 























































































 






豊橋鉄道渥美線にのって 10種類のカラフル車両

1日フリー乗車券を使って豊橋鉄道渥美線を乗りつくします。

豊橋鉄道渥美線は新豊橋駅から渥美半島に沿って田原市の三河田原駅まで走る地方私鉄で東急の7200系を使用しています。

また豊橋鉄道の特徴として渥美半島に咲く花をイメージした10種類のカラーリングの車両が走っています。なるべく多くのカラーリングを撮れればと思います。

まずは新豊橋駅。今回乗る車両は1809号。向山緑地や滝頭公園の桜をイメージしています。

 Img_9888Img_9890

向かい側には1808号、椿。田原市のつばき公園では200種500本の椿が楽しめます。

 Img_9889Img_9891 Img_0013Img_9985 シートは緑

最初に降りた駅は愛知大学前駅。

  Img_0002  Img_0003 Img_0004 駅前。

そして愛知大学の構内には陸軍第十五師団司令部の建物が残っています。明治45年に建てられ、現在は愛知大学記念館として残っています。登録有形文化財です。

豊橋には戦争の足跡がいたるところに残っています。

 Img_9994Img_9993Img_9992Img_9995

手前の研究所の相当な古さを感じさせます。

 Img_9990Img_9991

駅に戻ります。入ってきたのは新豊橋行の1806号しでこぶし。

しでこぶしとは東海地方に分布し湿地に自生するモクレン科の植物。藤七原湿地植物群は、田原市の天然記念物に指定されています。

 Img_0006Img_0007

しでこぶしを見送り、三河田原行に乗ります。やってきたのは1804号、ひまわり。

ひまわりは夏に道路沿いやサンテパルクたはらなどで楽しめます。

 Img_9988

2つ先の高師駅へ。

 Img_9966 ここには渥美線の車両基地があります。

 Img_9972Img_9971Img_9975Img_9976

奥に見えるのは1801号ばら。農業産出額では、田原市は市町村別で全国トップレベル

 
 Img_9973Img_9969 1802号はまぼう。

自生北限である田原市堀切町の自生地は愛知県天然記念物に指定されています。

 Img_9974 1805号菖蒲。賀茂しょうぶ園や初立池公園で楽しめます。

 Img_9979Img_9980 1810号菊。

渥美半島には電照菊のハウスの灯りが美しく闇に映えます。

一気に終点三河田原駅にきてしまいました。ここは伊良湖への観光の玄関口でもあります。

 
 Img_9892Img_9893 旧駅舎は中部の駅百選の第1回目にも選ばれました。

 Img_9953 豊鉄バス

 Img_9954Img_9955Img_99561807号菜の花

菜の花は田原市の花です。この駅で撮れてよかった。

 Img_9957Img_9958 シートは菜の花色でした。

ここまでくると全色コンプリートしたくなります。ただ時間がありませんしすべての色が走っているとは限りません。

というわけですれ違った車内から撮ったものも。

 Img_9964 1803号つつじ。豊橋市の花です。車庫で眠っていた2色は怪しいけど、これで10色すべてコンプリートです。

次回は田原市を歩きます。














 

 

 






 
















 










































豊橋鉄道東田本線にのって

再び豊橋駅前に戻って路面電車に乗ります。

 Img_0023 豊橋生まれのチョコ、ブラックサンダー塗装の3200形

 Img_0088 ブラックサンダー走る!

 

 まず最初に降りたのは市役所駅前。ここには前から言ってみたかった豊橋市公会堂があります。

 Img_0100Img_0098


豊橋市公会堂は1931年に竣工された国の登録有形文化財です。左右の塔のドームには鷲が囲んでいます。

 Img_0102Img_0103

 Img_0106 公会堂の象徴である鷲

 

 Img_0107Img_0110Img_0111

 残念ながら時間の都合で中ははいれませんでした。

近くには豊橋ハリストス正教会もあります。

 Img_0112_2Img_0116_3


1913年築。国の重要文化財です。

豊橋市公会堂の裏には豊橋公園があります。ここは吉田城址があるほか戦時中は兵舎があり軍都豊橋の中心になっていきます。

 Img_0122Img_0123 戦争の名残も。

 

 
 Img_0124Img_0127Img_0128 吉田城石垣

 

 Img_0131Img_0133 復興櫓

市役所前から再び路面電車に乗ります。

 Img_0120 モ780 昔は名鉄岐阜市内線などで活躍していました。

ここでモ780コレクション。

 Img_0035Img_0068Img_0153Img_0167

 Img_0169

ちなみに名鉄岐阜市内線で一緒に走っていたモ770は福井鉄道で活躍しています。

 Img_4758Img_4767

前畑停留場から東田坂上停留場の間には急な坂道があります。石畳になっていてスケッチや写真でもよく登場する名所です。

 
 Img_0142Img_0143Img_0147

この車両は2008年に登場したT1000形通称ほっトラム。東三河地区を表す「穂の国」と、「ほっ」と和むイメージ、とトラム を掛け合わせた造語です。

競輪場前停留場には豊橋競輪場があります。またここには市内線の営業所と留置線があり、車両が留置されています。

 Img_0172Img_0170 左は3202。こちらも元名鉄からの譲渡車。

次の井原停留場からは運動公園前行きと赤岩口行に分かれます。

そして終点赤岩口停留場に到着。その先には車両基地があります。

 Img_0152 モ3500形  なんか見たことあるなと思ったら元都電でした。

 Dsc02350 カラーリングも似ている

 Img_0160 パト電   ちなみにこちらは嵐電のパト電 Dsc09652

 Img_0154Img_0157 モ3200形 この車両はビール電車やおでんしゃとして

                             活躍

 Img_0161 Img_0162 モ3102 今はほとんど使われていないみたいです。

次回は同じ豊橋鉄道の渥美線に乗ります。
















 








 




































































豊橋鉄道に乗って~駅前気になる建物巡り


豊橋市にやってまいりました。

豊橋は以前から気になっていた街のひとつで豊橋公会堂は一度見ておきたい場所でした。路面電車もいろいろ乗ってきましたが豊橋にも路面電車が走っています。

豊橋鉄道東田本線です。路面電車に乗る前に駅前を歩いてみます。

 Img_9884Img_9857  JR豊橋駅

駅前はペデストリアンデッキになっていて駅前を見渡せます。

 
 Img_9856Img_9853Img_9854Img_9855

まだ昭和の面影が強く残る豊橋は軍都と呼ばれ、大きな空襲もありました。空襲後に建てられた建物が多く、他の町に比べて古い建物が目立ちます。

 
 Img_9861 豊橋のシンボル?スペースシャトル。

 Img_9862Img_9863 カステーラの響きがいいですね。

 Img_9859Img_9860 郵便局も昭和のビルって感じです。

 

 Img_9864Img_9865Img_9866Img_9872

 Img_9873Img_9874Img_9876Img_9877


駅前大通りを一歩裏に入ると30~40年前にタイムスリップしたかのようです。これだけ新しいビルがなく統一感があって興奮します。あと20年このままだったら昭和遺産認定です。

 Img_9879 アーケードの中にも昭和の面影。

再び駅前に戻ってきました。

 Img_9885Img_9887Img_0019Img_0020_2

 Img_0021Img_0028 ちょっと前の中小都市の駅前ってこんな感じでしたよね。

ネオンサインなんかあったら完璧ですね。

もう一度駅前大通りを歩いてみます。

 Img_0064Img_0065Img_0066  地場のデパートほの国百貨店

 Img_0069_2 何回も書いていますが地方の百貨店頑張れ!

 Img_9870Img_0063Img_0070_2 昭和43年開業、名豊ビル。

Img_0033Img_0034Img_0040  銀行も低層の建物が多い

そしてインパクト大だったのが大豊商店街。ちょっと興奮しました。

 Img_0042Img_0043Img_0044Img_0046

 Img_0050Img_0052Img_0055Img_0062


どこまでも続く似たような建物。橋があるからおそらく川の上に建てたと思われますが、まあ見事です。

 Img_0054

 
 
さらにその裏はもっとディープ。閉鎖された病院が。

 Img_0056Img_0058Img_0059Img_0060

ところどころ古い商店や銭湯が見られる。しかしここまで新しい建物が全くないのも新鮮。

this is 昭和です。

 Img_0057Img_0074Img_0077Img_0079

 Img_0080 色合いがシンプル。

 Img_0084Img_0083Img_0082 郵便局も昭和テイスト

 

 Img_0086Img_0090 高い建物も少ない。

 Img_0088Img_0035 個人的に日本一路面電車が似合う町だと思っています。

歩き疲れたので甘いものでも。

 

 Img_0091_2  Img_0093 許可をいただいたので店内を撮影しました。

 
 Img_0092 そこには路面電車の日常を切り取ったスケッチ。

結局路面電車全く乗ってない。次回こそ。

























 

 















































 































































 

 















 









南海ラピート 赤ラピートとピーチ・ラピート

南海ラピートは1994年に難波と関西空港を結ぶために登場した空港特急です。鉄仮面ともいわれる特徴あるデザインでしたが、個人的にはあまりパッとしないイメージでした。

 Img_2209_2Img_2208Img_2205

 Dsc08916 近未来的というよりはずいぶんごっついものを作ったなと。

 Img_2206 黄色い線がうつりブルートレインみたい。

そんなラピートが一気に注目を浴びるようになったのは2014年4月から期間限定で登場した「ネオ・ジオンバージョン」いわゆる赤ラピートです。

 
 Img_0671_2Img_0674Img_0677


もちろんガンダム人気や20周年コラボレーションといった話題性もあったでしょうが、やっぱり赤い車両はスタイリッシュで興奮してくる。京急しかりE6系こまちしかりであります。

まずは外観から。

 
 Img_0675Img_0678Img_0668

赤になったことで丸窓が映えます。

 
 Img_0681 前面は塗装したとのことですがそれ以外はラッピングです。

よくみると妻部分は青い塗装が見えます。

スーパーシートちょっとのぞいてみましょう。

 Img_0692Img_0696

 Img_0683 ちょっとわかりにくいが仕切り上部にはブルーリボン賞のマークが。

 Img_0684 天井が楕円形      Img_0685 ドアにはネオジオンのマーク

 

 Img_0687 5号車のスーパーシートは特別な仕様になっていました。

 Img_0688 左がアンジェロ・ザウパー専用席。右はフル・フロンタル専用席

 

 
 Img_0690 後のシートがミネバ・ラオ・ザビ専用席。

こちらの座席は新しくみさき公園につくられる南海の鉄道体験施設に展示されるとのうわさがあります。

 Img_0679Img_0680Img_0669


大好評のうちに6月で終了したのでした。

そして9月今度は航空会社ピーチアビエーションとのコラボ企画「ピーチXラピート ハッピーライナー」が登場しました。今京急や西武でやっているようなものです。

ただ運行時間を公表してしまっているのでその気になれば見ることはできます。

今回は2014年10月に千代田工場で開催された南海電車まつりで出会いました。

 
 Img_3315_2Img_3313Img_3287

白・桃・薄紫の外観です。

 Img_3292Img_3273Img_3295

 Img_3299Img_3304Img_3300 ここでは丸窓が飛行機っぽくも見える。

 

 車内です。

 Img_3277Img_3278 レギュラーシート

 
 Img_3280 スーパーシート    Img_3282  デッキのカウンターに♡マーク

 
 Img_3283 もちろんブルーリボン賞 Img_3286 楕円形の天井

 

 Img_3285 運転席も公開していました。撮影は禁止です。

 

 Img_3265 ラピート運行20周年 やはり南海といえばグリーン。見てみたい。

南海電車まつりについてはまたどこかであらためて書ければと思います。

最後に3色のラピートロゴ。

 Dsc08918_800x600Img_0693_2Img_3263Img_3267










 





















 








































 











 

 






















寝台特急あけぼのに乗って

青森駅です。

 Img_1754

2014年3月に定期運行から離脱して話題になった寝台特急「あけぼの」。その後ゴールデンウィークと夏休み期間に復活。いよいよ最後かと夏に乗ってきましたが今年の冬も走るみたいですね。

出発まで少しだけ時間があるので6年ぶりの青森駅前をぶらり。

 Img_1746Img_1743 

大きな変化はありませんが、駅前の看板がすっきりとしたこと。ワ・ラッセができたこと。青森駅がJRだけのものではなくなったことくらいでしょうか。

 Dsc00014Dsc00005 2008年当時の青森駅

 Img_1771Img_1760 ラビナもアウガも変わらず。

 
 Img_1758 おさないは青森にくると必ずここで食べていました。

 
 Dsc00003Img_1764 ニコニコ通りもずっとニコニコ。左は6年前。

 Img_1774 ようこそ青森へ。

 Img_1780 もう来てますね。

 
 Img_1781_2 Img_1782

東京にいるとEF81のあけぼのHMをみることはありませんがやはりこちらのほうがしっくりきます。
上野ほどではありませんがカメラを向けている人は相変わらず多い。

 Img_1786Img_1787Img_1788 憧れの上野さ、いぐど!

 Img_1789 いざ旅立ちのとき

 Img_1792 ありがとう青森。ありがとうあけぼの。

 Img_1794 これも今しかみれない光景か。

 Img_1796Img_1797Img_1798Img_1799

撮影会はこれくらいにして乗車しましょう。

 Img_1805Img_1806 個室。ほんとうはこっちに乗りたかった。

 
 Img_1802 結果的にはいろいろな人と話ができたこっちでよかった。

旅してるって実感できます。新幹線で隣の見ず知らずの人と話すことはないですけど、寝台列車ならではの出会いがあります。

というわけで車内や車窓は秋田までしかありません。

 Img_1813 

夜行バスのときはなんとしてでも寝ようと思うのですが、寝台列車は寝たらもったいない!という気持ちが邪魔をします。

あと出発時の「ハイケンスのセレナーデ」、到着時間予定を告げる車内放送・・・すべてがパーフェクトです。

 Img_1814 Img_1815  弘前です。

 Img_1816 奥羽本線を南下します。撮影ポイントには鉄道ファンが沢山いました。

 Img_1820 夕闇がせまります。

 
 Img_1822Img_1823 大館です。この街にも思い入れがあります。

 
 Img_1829Img_1830 鷹巣です。

 

 Img_1842 あ。上野駅です。

前述のとおり秋田から乗ってきた方々と話し込んでしまい、村上あたりで寝てしまい、気付いたら大宮でした。

 
 Img_1835Img_1834Img_1833Img_1836

 Img_1837Img_1838Img_1841

名残惜しむように撮影会です。





































 






































































«道央鉄道たび 三笠鉄道村幌内ゾーン④その他の車両編

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ