最近のトラックバック

« 桜スペシャル② 大河原一目千本桜開花→満開 | トップページ | 桜スペシャル③ みちのくの小京都角館を歩く »

会津若松 日新館を訪れる

  ちょっと前の話です。会津若松にある日新館に行ってきました。日新館とはいわゆる昔の学校のようなもので礼法や書学、武術を学ぶところです。

この日は会津若松からスタート。まずは腹ごしらえということで国道49号沿いのラーメン屋へ。

Dsc00796ここは高台にあって、見晴らしが良い場所で180度ガラス越しに会津若松市内や奥只見の山々を見渡せながらラーメンをすすれます。

夜景もきれいそうですが、手前はたんぼなので暗闇に会津の夜景が浮かび上がる感じになるんですかね。光の数は少ないと思うけど。(今の会津若松市はいろいろ過敏になっているので前言撤回

49号沿いに走ると看板が見えてきます。ちょっと坂をあがると日新館に着きます。

Dsc00800 Dsc00802

  

狛犬に迎えられ門をくぐり、入館料を払います。

 

Dsc00805

 

よろしく。最後まで目をあわせてくれませんでした。

  

Dsc00808 Dsc00809

まずは東塾から入ります。中は人形をつかって当時の再現をしています。他にも休み時間の風景や様々な学習の光景が部屋ごとに再現されています。

 

そして次の部屋へ扉を開けてみると。

Dsc00813

書物をしている方が。最初他と同じく人形だと思い込んでいたので

死ぬほどびびりました。なんちゅうアトラクションじゃ。ほんと、すいません。

 

Dsc00804  門から正面の建物、大成殿にはいります。

 ここは一変して中国の影響を受けたものが多く展示されています。

 孔子を祀っている建物です。また様々な楽器も展示していました。

Dsc00818 Dsc00820

  馨(けい)という楽器です。

  

     

  

  資料館、西塾とまわって外へでます。

Dsc00823

外には池がありました。と思ったらここは水練場、いわゆるプールです。

  

 

Dsc00827 Dsc00828

 

でも建物の中からみるとちょっとした庭園。心地よい風が吹き抜けます。

 

ずっとここに居たい・・・・

 

Dsc00834 外には天文台跡があります。ここから日新館全体が見渡せます。よくガイドにのっている構図です。

 天気がよければ磐梯山がきれいに見えます。

風にのって木がざわめきます。空を見上げると雲の流れが早く、あっという間に磐梯山を隠してしまいました。風も時間を経つことにその音が変わってきます。

自然を体で感じる感覚。久しぶりに感じた体感でした。

見て学ぶだけでなく、弓道や引き馬など体験コーナーも多くあります。

今度の休みに一度訪れてみてはいかがでしょうか。お勧めですよ。

ホームページリンクしておきます。

さてさて実はいつもは会津若松へ行くときは磐越道を使います。右に磐梯山、左に猪苗代湖と車窓がとても綺麗なところなのですがずっと気になっていたものがありました。

Dsc00842 それがこちらの観音様です。もともとはこっちが気になって下道を走ったのですが、テーマパークぽいし、なんか人工的な臭いを感じてしまったので断念。

ある意味すっきりしました。

« 桜スペシャル② 大河原一目千本桜開花→満開 | トップページ | 桜スペシャル③ みちのくの小京都角館を歩く »

福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松 日新館を訪れる:

« 桜スペシャル② 大河原一目千本桜開花→満開 | トップページ | 桜スペシャル③ みちのくの小京都角館を歩く »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ