最近のトラックバック

« 9/14-20地震活動メモ | トップページ | 9/28-10/4の地震活動メモ 留萌支庁の地震 »

9/21-27の地震活動メモ 津軽海峡の地震

期間中の有感地震は26回。震度3以上は21日の東京湾、22日の津軽海峡、24日の宮城県沖、25日の宮城県北部を震源とする4回、M5以上は津軽海峡の地震と27日の青森県東方沖で起きたM5.2の2回。

この中で今回は津軽海峡で発生した地震に注目してみました。

個人的なイメージでは青森県東方沖や十勝沖など周辺は地震の多発地帯なので津軽海峡も多いと思ったのですが気象庁のデータによると1940年以降M5クラスは

40年12月27日 M5.3 深さ104キロ 北緯41、5 東経141,15

54年5月12日  M5.4 深さ7キロ   北緯41,30 東経140,38

75年11月24日 M5.4 深さ160キロ 北緯41,14 東経140,24

今回はM5.1 深さ152キロ   北緯41,32 東経140,33ということで75年のものが一番近いかなということで過去をみてみると、

75年は6月に北海道東方沖でM7の地震があり、やや活発化したなかで11月11日に十勝沖で3度M5クラスがあったあと津軽海峡での地震がありました。

ちょっと強引ですが今年の9月11日に十勝沖でM7の地震があったことでなんか似ているなと。

ちなみに75年はこのあとどうなったかというと12月まで断続的に北海道周辺でM5クラスの地震が頻発しましたが幸い被害がでるような地震はありませんでした。

1940年のときは8月に北海道西方沖でM7.5がありましたが、54年は特筆すべき事象はありませんでした。

過去の9月30日の地震

M5以上

月日 時間 マグニチュード 発生場所 深さ 最大深度
1926 0930 2342 5.3 宮城県沖 45 2
1935 0930 0906 5.6 千葉県北東部 44 3
1936 0930 1244 5 千葉県北西部 81 3
1945 0930 1954 5.4 三陸沖 0 1
1946 0930 0114 5.1 茨城県沖 38 3
1955 0930 0458 6 岩手県内陸北部 100 3
1956 0930 0620 6 宮城県南部 11 4
1956 0930 0820 6.3 千葉県北西部 81 4
1961 0930 0150 5.6 釧路沖 44 3
1967 0930 1657 5.6 奄美大島近海 60 2
1969 0930 0258 5.5 北海道東方沖 40 1
1973 0930 1517 5.9 千葉県東方沖 50 4
1979 0930 1738 5.4 青森県東方沖 50 3
2003 0930 0622 5.8 十勝沖 25 2
2003 0930 0709 5.5 十勝沖 25 1
2003 0930 0824 5 釧路沖 32 2

このうち1961年はM7.2の釧路沖で発生した余震、69年は北海道東方沖で発生したM7.8の地震による余震であると思われます。また56年の宮城県南部の地震は福島盆地西縁断層帯で発生し使者1名を出し、白石地震といわれています。

震度4以上は上記以外では92年に西表島で震度4、2003年に宮城県中部を震源とし鳴瀬町で震度4を記録しています。

« 9/14-20地震活動メモ | トップページ | 9/28-10/4の地震活動メモ 留萌支庁の地震 »

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9/21-27の地震活動メモ 津軽海峡の地震:

« 9/14-20地震活動メモ | トップページ | 9/28-10/4の地震活動メモ 留萌支庁の地震 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ