最近のトラックバック

« 日比谷公会堂をあらゆる角度から撮ってみる | トップページ | 国会前庭様式庭園を歩いてみよう »

10/19-25の地震活動 長崎県の地震特集

今週の有感地震は32回でした。M5以上は21日の八丈島東方沖のM5.1、25日に茨城県沖でM5、震度3以上は23日に根室市で震度3を観測しています。

今週は長崎県で過去に発生した地震に注目してみました。長崎は雲仙を除くと極めて地震の少ない印象があります。

過去長崎での大きな地震は1792年島原大変といわれているM6.4の地震。普賢岳の火山活動の中で発生した地震だが、この地震で眉山が崩れ五千人近くの人が犠牲になったといわれています。またこのときの土砂が有明海に流出し高波となって対岸の天草を襲い大きな被害を出しました。

また1922年12月8日は長崎県千々石湾を震源とする地震が2度あり26人、2度目の地震で3人の死者が出ました。

以降はM5以上の地震は有明海で

1966年11月22日M5.5 佐世保などで震度3

1972年9月6日  M5.2 雲仙などで震度3

五島列島近海で1928年6月3日にM5.8くらいです。

ただ小さなものになると最近では2008年は4度有感地震があり、今月の16日には諫早で震度3を記録しています。長崎は地震活動のピークがあるようで2007年は6回、6月7月に集中しています。98年には11月12月で諫早などで7回、88年は雲仙で5月に4回、84年も雲仙で8月から10月にかけて37回の地震がありました。これはおそらく噴火活動が絡んでいると思われます。

それより以前は年3回くらいのペースで雲仙を中心に地震が発生しています。

最後に過去10月27日に発生した地震です。

月日 時間 マグニチュード 発生場所
1927 1027 1053 5.2 新潟県中越地方
1929 1027 1130 5.7 根室半島南東沖
1934 1027 0211 6.1 奄美大島北東沖
1934 1027 0551 5.5 奄美大島北東沖
1942 1027 1429 5.2 豊後水道
1942 1027 1718 5.3 石川県西方沖
1945 1027 2220 5.1 日向灘
1948 1027 0452 5.3 大隅半島東方沖
1952 1027 0046 6.2 三陸沖
1952 1027 0053 6.5 三陸沖
1952 1027 0301 6.2 三陸沖
1952 1027 0419 6.3 三陸沖
1952 1027 0514 5.3 三陸沖
1952 1027 0527 5.9 三陸沖
1952 1027 0700 5.8 三陸沖
1952 1027 0849 5.5 三陸沖
1952 1027 1217 6.4 三陸沖
1952 1027 1533 5.2 三陸沖
1953 1027 1240 6 釧路沖
1959 1027 1552 7.2 千島列島
1968 1027 0056 5.2 根室半島南東沖
1972 1027 0205 5.6 沖縄本島近海
1973 1027 1344 5.1 鳥取県西部
1984 1027 2011 5.4 福島県沖
1989 1027 0206 6.2 三陸沖
1989 1027 0741 5.3 鳥取県西部
1989 1027 1045 6.1 三陸沖
1989 1027 1106 5.6 三陸沖
1991 1027 1406 5.2 茨城県沖
1997 1027 0406 5.1 秋田県内陸南部
2000 1027 1321 6.3 父島近海
2004 1027 1026 4.3 新潟県中越地方
2004 1027 1040 6.1 新潟県中越地方
2004 1027 1042 5.1 新潟県中越地方
2004 1027 1045 4.2 新潟県中越地方
2004 1027 1205 4.4 新潟県中越地方
2004 1027 1523 4 新潟県中越地方
2004 1027 2109 4.3 新潟県中越地方

2004年のものは中越地震の余震によるものです。また1927年にはやはり中越地方を震源とする関原地震といわれる地震がありました。長岡市の西8キロのあたりの局地的な地震でしたが前震、余震あわせ60数回、建物の全、半壊あわせ250棟もの被害がありました。

1959年には千島列島でM7.2、1952年と89年には三陸沖でM5.5以上の地震が頻発しました。因果関係はわかりませんが52年は3月に十勝沖でM8.2の十勝沖地震があった年で三陸沖では前日の26日からM5以上の地震だけで18回、11月1日には再びM6.5の地震が観測されていますが大きな被害にはなっていません。

89年は27日の地震を筆頭に12月27日までM7.1という大きなものを含めM5以上の地震が33回、29日と11月2日の地震では津波も発生。無感地震も発生1週間で400回以上を超えました。

また10月28日は878年の相模・武蔵地震、1707年の宝永地震、1891年の濃尾地震があった日。

31日は1662年外所地震(宮崎県)、2000年には三重県南部でM5.7の地震で東海、関西地方で7人が怪我をしています。

11月1日は1915年に宮城県沖でM7.5の地震がありました。

« 日比谷公会堂をあらゆる角度から撮ってみる | トップページ | 国会前庭様式庭園を歩いてみよう »

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/19-25の地震活動 長崎県の地震特集:

« 日比谷公会堂をあらゆる角度から撮ってみる | トップページ | 国会前庭様式庭園を歩いてみよう »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ