最近のトラックバック

« 12/7-12/13までの地震活動 | トップページ | 12/14-20までの地震活動 午前2時台の主な地震① »

六郷水門から蒲田操車場まで歩いてみよう③~蒲田操車場を守るねこたち

「砂の器」の舞台のひとつ。蒲田操車場につきました。今は蒲田電車区と名は変わりました。雑色側から歩いたので若干迷いながらも、カクテル光線の灯りですぐたどりつきました。

Dsc01984 Dsc01986 Dsc01988

 

 

 

まっさきに出迎えてくれたのは3匹のねこたちでした。いや歓迎ではないかもしれない。この電車区にデジカメをもった不審者が近づいてきたので警戒のために出動したのかもしれない。

結局1分近くお互い一歩も動かず、フラッシュにも動じず対峙していました。なんとも勇ましいねこたちでした。

Dsc01992 主役はこっちです。

まだ新しい車両だと思っていたのですが、この車両ももうすぐ引退なんですよね。そう思うとなんか朽ちてみえてしまう。寿命が短かっただけに愛着もなにもないが、1編成くらいは残してほしいような。

Dsc01994 で、京浜東北線はこの車両が主役なのですが、個性はないし、小田急も同じような車両あるし・・・

 

さあ、蒲田駅に戻りましょう。環八通りを目指します。

Dsc02005

 

 

蒲田陸橋を渡ると本蒲田歩道橋がみえてきます。せっかくですからここから見える夜景も撮っておきましょう。

Dsc02006  Dsc02007

 

 

左が蒲田駅と逆方向、右が蒲田駅方向

Dsc02009 Dsc02010

 

 

 

環八通り矢口渡駅方面と京急蒲田方面

Dsc02011 Dsc02012

 

 

次回は馬込を歩きます。

« 12/7-12/13までの地震活動 | トップページ | 12/14-20までの地震活動 午前2時台の主な地震① »

東京夜景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 12/7-12/13までの地震活動 | トップページ | 12/14-20までの地震活動 午前2時台の主な地震① »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ