最近のトラックバック

« 11/30-12/6までの地震活動 ちょっと東日本太平洋側が気になる | トップページ | 12/7-12/13までの地震活動 »

六郷水門から蒲田操車場まで歩いてみよう②~歩道橋からみる夜景:蒲田編

国道15号線六郷橋から六郷土手側にループ状になった交差点を下っていくと淡い緑色のアーチが見えます。最初は公園の入り口のオブジェだと思っていたが、六郷橋とかいてある説明板によると大正14年に架けられ、昭和60年に交通量対策で架け替えられるまでの旧六郷橋のアーチ部分がここに移設されたとのこと。

Dsc01954 Dsc01959 Dsc01957

 

 

 

建築に詳しくなくても昔の建造物は見惚れてしまいます。デザインも細かいところまで凝ってつい足を止めてしまいました。何より地図に載っていなく、恥ずかしながらこの存在さえ知らなかったので、こういった発見がうれしいんですよねぇ。

再び多摩川に戻り北へ。京急の橋をくぐるがこれがまたスリリング。自分は170センチの身長だがそれでもかがめないと頭をぶつける。さらにそのすぐうえを轟音とともに電車が走り抜ける。手を伸ばせば車輪に轢かれてしまうのではないかと錯覚(実際は網が張っているので大丈夫なのだが)するほど。

Dsc01963

 

 

 

当初さらに足を延ばし矢切の渡しまで行こうかと思ったのですが日も暮れてきたので引き返しました。写真は現在の六郷橋です。

Dsc01968 Dsc01961

 

 

 

日も沈んできたので久しぶりに歩道橋から見える夜景を撮ってみます。個人的に車のヘッドライトやテールライトをみるとなんか落ち着くんです。さらに道がまっすぐな限り遮るものがないので場所によっては夜景が切り開けてみえます。

では15号線を蒲田方面へ歩いてみます。

六郷橋をでて最初の歩道橋は六郷橋歩道橋。左側は多摩川方面、右は蒲田方面です。

Dsc01970 Dsc01971 Dsc01972_2

 

 

 

 

次が東六郷三丁目歩道橋。なぜか文字のうえになにか貼られています。基本的に空が明るいほうが西側です。

Dsc01973 Dsc01974 Dsc01975

 

 

 

ただこの先しばらく歩道橋はないので雑色駅方面へ。非常に中途半端なので東海道線の弧線橋(宮前弧線人道橋)を目指します。

途中雑色駅前商店街を通りますが焼き鳥のいい匂いに負けそうになりながら、弧線橋から眺めてみます。

Dsc01977 Dsc01979 Dsc01981

  

 

 

もうなんの写真だかわからなくなってしまっていますね。あんまり長くいると自殺するのではと思われるのも嫌なので早々に退散しました。次回は「砂の器」の舞台にもなった蒲田操車場を目指します。

« 11/30-12/6までの地震活動 ちょっと東日本太平洋側が気になる | トップページ | 12/7-12/13までの地震活動 »

東京夜景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 11/30-12/6までの地震活動 ちょっと東日本太平洋側が気になる | トップページ | 12/7-12/13までの地震活動 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ