最近のトラックバック

« 東京夜景 歩道橋から見た景色 馬込② | トップページ | 東京夕景 京浜島から見える富士山 »

12/28-1/3までの地震活動 富山を震源とする地震

期間中の有感地震は27回でした。

2008年最後の有感地震は富山湾、2009年最初の有感地震は沖縄本島近海でした。

M5以上の地震は1月2日東海道南方沖のM5.2、

震度3以上は12月28日宗谷支庁北部で震源は豊富町(石油鉱山付近)、稚内市で震度3.

12月30日新潟県中越地方で震源は柏崎市(上原)、柏崎市などで震度3でした。

また1月3日は福島県沖でM4.8.田村市などで震度4を記録しました。

今回は2008年最後に発生した富山湾に注目してみました。

とはいえ富山は内陸を含めても規模の大きな地震は非常に少ないところのひとつです。

○富山湾でM5以上の地震

1945年11月3日 M5

1961年8月10日 M5.3 富山市で震度3

1989年9月19日 M5

1990年5月17日 M5.4

周りの能登半島や石川県西方沖、新潟県中越に比較すると範囲の小ささはありますが、それでも少ないです。

内陸でM5以上だと

富山県西部では1970年8月29日のM5.2

富山県東部は1961年8月19日のM5、1970年2月27日のM5.1くらいです。

ただ1558年には富山県南部を震源とするM7の飛越地震といわれる地震で死者は200人とも300人ともいわれ立山連峰の一部の山が崩壊し消滅したといわれています。

また1154年9月25日にも富山県で大きな地震があったといわれています。この付近の断層まで調べる時間はありませんでしたが、必ずしもここ数百年大きな地震がないだけで安全というわけではないわけです。

最後に1月6日に過去発生した主な地震です。

1930年 M6.2 択捉島付近

1965年 M5.1 伊豆大島近海 大島で震度4 前年12月からM5クラスの地震が続いていました。

1971年 M5.5 茨城県沖 水戸市で震度4

1985年 M5.8 和歌山県北部 大阪市中央区で震度4

2001年 M4.8 岐阜県美濃東部 多治見市で震度4

2004年 M5.4 三重県南東沖 松阪市で震度4 

この地震では三重県大宮町役場でガラスの破損や紀勢線が2時間にわたってストップしました。ちなみに近い将来起きるだろうといわれている東南海地震の想定震源域で発生しました。

この年三重県南東沖では9月にM7.1、M7.4と大きな地震が発生し新宮市や津市で震度5を記録しました。

« 東京夜景 歩道橋から見た景色 馬込② | トップページ | 東京夕景 京浜島から見える富士山 »

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/28-1/3までの地震活動 富山を震源とする地震:

« 東京夜景 歩道橋から見た景色 馬込② | トップページ | 東京夕景 京浜島から見える富士山 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ