最近のトラックバック

« 1周年ということで振り返ってみよう 秋田・山形編 | トップページ | 2/22-28までの地震活動 北海道日高地方の地震 »

1周年ということで振り返ってみよう 宮城・福島編

宮城県

この当時はまさかこんなに早く東京に戻ってくるとは思ってなく、いつでもいけるという気持ちから宮城県内の散策は後回しにしていました。

その結果白石だけという内容に・・・

他にもまわりたい候補はいっぱいあったのですが。

・白石

Dsc00930 Dsc00910

 

 

 

白石城と温麺です。白石城はその前に訪れた人形の館というところの展示内容にはまってしまい、大幅に時間をロスしたことや、復元されたということから滞在時間は短かった・・

Dsc00921 Dsc00922

 

 

  

そして武家屋敷。イメージしていたのは角館のような武家屋敷群だったのですが、ちょっと違っていた。

今、武士萌えとか歴女とか流行っていますが、ここ白石は片倉小十郎のお膝元。この武家屋敷も片倉に使えていたものの屋敷、館内の資料には家来は厳しい生活を強いられていたとのこと。でもこの佇まいはちょっぴりうらやましい。

・大河原

一目千本桜。去年は桜を見まくった。観光地ということもあってかどこも酒盛りみたいなバカ騒ぎをしていなかったのも好印象。

Dsc01187 Dsc01180 Dsc01192

 

 

 

福島県

ブログの投稿本数としては福島ネタが一番多かったと思います。それぞれ町の表情が違い興味を惹きつけられました。

なかでも会津若松は好きな町のひとつで、何度も訪れました。

Dsc00289 Dsc00828 Dsc00834

 

  

  

鶴ヶ城、右二つは日新館です。

ここにずっといるととても落ち着きます。

そのうち流れる雲や風の音、匂いが五感を刺激します。

・喜多方

ラーメンだけではありません。

Dsc01606 Dsc01583

 

 

 

 

・いわき

いわき市といっても平、小名浜、湯本とそれぞれの地区で街並みは全く違います。

湯本インターから市街地へ出る途中のエセ南国風な光景はなんともいえない。

歩いたのはいわき駅前と小名浜を少し歩いただけだけど、あの当時工事中だったいわき駅、今どうなっているのだろう。

Dsc00312 Dsc00314

 

 

  

五所川原のときも感じたのですが、再開発の最中って期待感もあるのですが、その町の個性が奪われていくような気もして一抹の寂しさもあります。

・福島

Dsc00685

 

 

 

この頃は古い建物に夢中になっていた。しかも現役。

・飯坂温泉

ローカル線に乗るのはひとつの楽しみでもあるのですが、弘南、十和田に続き、ここでも東急にでくわすとちょっとがっかり。

Dsc00713_2 Dsc00709 Dsc00707

 

 

 

福島市内から20分ほどでいける飯坂温泉。いかにも温泉街といった感じだが硫黄臭くなかった。

・郡山

町がひろく、郊外にいけばいくほど発展しているのですが、特徴をつかまえきれず、駅前の寂しい光景しかブログに載せられなかったのが残念。

東北の中では仙台につぐ相当大きな町なんですけどね。

Dsc00771 Dsc00772

 

 

 

 

・三春

滝桜&ダム

Dsc01220 Dsc01231 Dsc01240

 

 

 

これ一本のために何万人という人がこの時期に訪れるわけですから見事というしかありません。

・大内宿

たしかブログのネタにはしていないと思います。

前からずっと行きたいと思っていた場所でしたが、行った時期がまずかった。

人が多すぎて、完全に観光地化されていました。

夕方まで遊んでいたヒバリが印象的でした。

Dsc01538 Dsc01543 Dsc01563

 

 

 

・熱塩

ここもブログには載せなかったのですが、映画のロケ地のようなところです。

Dsc01645 Dsc01648

 

 

  

日中線熱塩駅です。いまは記念館として保存しています。

完全に時間が止まっています。あまりに景色が良すぎて、自分の中でどう表現していいかわからず、ブログに載せるタイミングを逸してしまった場所です。

Dsc01670 Dsc01673 Dsc01675

 

 

 

生まれてからこんな光景に出くわしたことがないくせに、子供のころの原風景とか懐かしさを感じてしまう自分はなんなのでしょうか。

ノスタルジーというよりは憧れ・・・かもしれません。

Dsc01692 Dsc01701

 

 

 

たった3年間の東北生活でしたが、十分満喫できました。

冬の寒さや春の息吹、夏の清々しさ、秋の高い空と最後の輝きを魅せる紅葉に、その木がもつエネルギーを感じるなんてこと、今まで感じたことがなかったですからね。

そして今、多くの人が歩きつくした東京を題材に歩いています。

そのなかで何か新しいものにたどりつけることを信じて歩き続けようと思います。

« 1周年ということで振り返ってみよう 秋田・山形編 | トップページ | 2/22-28までの地震活動 北海道日高地方の地震 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1周年ということで振り返ってみよう 宮城・福島編:

« 1周年ということで振り返ってみよう 秋田・山形編 | トップページ | 2/22-28までの地震活動 北海道日高地方の地震 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ