最近のトラックバック

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

加悦SL広場に行く

野田川で運よくタクシーを拾えた。

「SL広場へ」と告げると、運転手は「あの土手のところを汽車が走っていたんですよ」と懐かしそうというより、つい昨日まで走っていたかのような口調で話し始めた。

実際廃止になったのは昭和60年で、もう20数年たつのだが、それだけ地元に愛されていたのだろう。

目的地の先でニッケルがとれ最盛期を迎えたが、戦争が終わりバスや車といった移動手段に人の流れが移り、ニッケルもトラックで輸送されるようになると、鉄道の役目は終わってしまった。

皮肉なことにそのバスまでも減便されてしまい、車でしかいけなくなってしまった。

ただ加悦鉄道には財産があった。今も展示されている2号機関車だ。この機関車が世界的にも貴重な存在であったため、この機関車を中心にまだ廃止する前から「SLの広場」として展示されていた。

平成8年に現在の場所に移転したが、この広場があることで加悦鉄道の記憶は今も生き続けているのだと思う。

時間は16時。閉館まであと2時間と思っていたら、17時とのこと、しかも10分前には閉めますよといわれた。

受付も人がおらず、隣りのみやげ物売場の人に探してもらった。確かに閉園間近に来訪者がいるとは想定していないのだろう。

よばれると、機関車の陰からお年寄りがゆっくりとこちらに向かってきた。

「50分もあれば全部みれますよ」といわれたが内心あせっていた。

入場切符は硬券になって鋏をいれてもらった。さすがに鉄道関係だけにこだわりがある。

展示車両こそ違うが、2年前訪れた小坂鉄道の資料館を思い出していた。なんとなく似ているがどこもこんな感じなのだろうか。

ただ見ているうちに決定的な違いに気づいた。そう展示車両によっては今にも走り出しそうな気がしたからだ。レールは途切れてなく、中には修繕している車両もある。

今にも命が吹き込まれればいつでも昭和の時代まで走り出しそうな気がする。

あとで知ったのだがちゃんと動態保存のメンテナンスをしていて年に何回か運転しているそうだ。

実際見学していた時間は50分だったが、もっと長い時間いたような気がした。それだけ充分堪能できたのだが、やはりここは時間の流れがゆったりしているのだろうか。

「50分あれば全部みれますよ」の言葉が深く心に残っている。

Dsc03719 

 

 

   

 加悦の駅舎を復元した建物が入り口。

Dsc03721 

 

 

  

これが2号機関車

そして「マッチ箱」といわれた客車。こんなに小さくて4扉車。

Dsc03727 Dsc03724 Dsc03725  

 

 

 

そして三等客室と郵便室を備えた客車。これも日本に現存する最古参のもの。

Dsc03728_2 Dsc03729 Dsc03730

 

 

 

そして裸電球。過去にも客車の内部写真は何回か掲載しているが、この木の質感や光の注ぎ方がなんともいえない。

網棚と手ブレーキ

Dsc03731 Dsc03732

 

 

 

今回はほとんど駄文ばかりだったので、次回は写真を中心に。

 

 

 

天橋立にて~②

天橋立駅前はいかにも観光地といった風情。踏切を越え坂をあがると、リフトのりばがある。

Dsc03697 Dsc03698

 

 

 

モノレールもあるがあと15分は待たなければいけないこと。乗るのがお年寄りと小さな子供ばかり。ということでリフトに乗ることにした。

スキー場のリフトよりははるかに安全。

ここから170メートル近く上がっていくが、振り返ってみるとそこそこ高い。

Dsc03714

 

 

 

 

右がモノレール、モノレールというよりはゴンドラに近いか。

山頂に着き、まずはお馴染みのショット。

Dsc03699  

 

 

なんとか晴れてくれたが、意外と風が涼しい。というよりは半袖一枚なのでちょっと寒い。

ここでボーットしていたかったが、なにぶん一人なので、「写真お願いしていいですか?」

と2度3度声を掛けられる。「断わります」というわけにもいかないので、仕方なしに笑顔で応じる。

そのうち何をしにここにきたのかわからなくなってくる。

休日ということもあり、駅前の静かさとはうって変わって、次々と人が訪れる。車かバスできているのだろう。なかには中国か台湾からの観光客もいる。

本当なら天橋立の夕景なんか見てみたかったが(実際には17時で閉園するため、不可能なのだが)、ここ意外は遊園地みたいな感じになっており、独り者には関係のない施設だ。ちょっとこっぱずかしいが股覗きだけして下山することにした。

Dsc03709  

 

 

・宮津市街。そしてあの岬のむこうに明日の目的地伊根がある。

Dsc03710 Dsc03713

 

  

 

  

予定外に早く駅に戻ってきてしまった。

時刻は3時半。観光案内所にいき、加悦SL広場の行き方を教えてもらった。

もともとバスがあまりに少ないため、行く予定はなかったが18時までやっている(実際は17時だったが)ことや、折角ここまできたのだからというのもあり、鉄道はすきだが蒸気機関車はあまり興味はなかったのだが、いってみることにした。

天橋立駅前の知恵の輪。

ここには智恩寺という寺があり、日本三文殊のひとつ。それを模した灯篭が駅前にもある。

智恩寺にある知恵の輪の灯篭を三回くぐると頭がよくなるといわれている。智恩寺にはあとで訪れるのだが、事前の勉強不足で知恵の輪の存在をあまり気にしていなかった。

したがって未だに頭が良くなってはいない・・・

Dsc03717  

 

 

ゾーン切符を買ってあるので、鉄道は乗り放題だ。問題は本数が少ないこと。

レンタカーや天橋立からタクシーでいくことも考えたが、とりあえず野田川まで行ってみることにした。

天橋立にて~プロローグ

ちょっとした壁にぶち当たってしまった。

久しぶりの人生のターニングポイント。

それを迎えるにあたって、ありきたりではあるがどこか遠くにいきたいと思った。

大自然の迫力にガーンとうちのめされて、自分の悩みなどたいしたものではないと、再確認したかったのかもしれない。

海外や北海道は金銭的にも時間的にも厳しく、東北も何度も行った。とすると西日本。

どうせなら日本三景か。宮島よりは天橋立のほうがいいか。前から行ってみたかった伊根も近くにあるし。

ということで思い立った翌日、新幹線で京都に向かった。

不景気のせいか、はたまたETCの割引の影響かのぞみはすいていた。ホテルも直前の予約にもかかわらずあっさりとれた。

品川から社員旅行と思われる集団が乗ってきたが、特に騒ぐわけでもなく名古屋で降りていった。

昼過ぎ京都に着く。新大阪からも天橋立に行く手段はあるのだが、普通の特急でいくよりは、ちょっと変わったもので行こうと選んだのが「タンゴディスカバリー」だった。

というよりネーミングに魅かれてしまった。

10分以上乗り換えに時間があったはずが、弁当を選ぶのに時間がかかり、さらに「トワイライトエクスプレス」が停車している。

どんなものかちょっと覗いているうちに、どんどん時間は過ぎていった。

Dsc03681 Dsc03682  

 

 

若干急ぎ気味で後ろの車両に飛び乗ったものの、その車両は東舞鶴行きだった。

途中で切り離すため、前のほうにいけば久美浜行きの車両なのだが、いまさら動くのも億劫なので綾部で移動することにした。

Dsc03684 Dsc03685 Dsc03686  

 

  

気動車の軽快な音とともに、京都の町をすり抜ける。それにしても最近のディーゼルカーは静かになったものだ。

竹林を抜け、住宅街もまばらになってくると、保津川にそって渓谷を走る。

車窓から写真でも撮ろうかと思っていたら、車内検札が始まった。

しかたがないので保津峡の駅だけ写真に収める。

Dsc03687  

 

 

眠気をなんとかこらえて、綾部で前のほうに移動。自由席はがらがら。最初からこっちにいっておけばよかった。

観光特急だけあって前の見通しもいい。

誰もいないので、一番前の席に座ってしまった。

Dsc03692 Dsc03693  

 

 

 

右側に福知山城が見える。ここから北近畿タンゴ鉄道に乗り入れる。

Dsc03691

 

 

  

宮津で進行方向が逆になり、5分もしないうちに天橋立に到着。時刻は14時半。

4時間半でここまできてしまった。

Dsc03690 Dsc03696  

 

 

蒸し暑いと思っていたのだが、意外と涼しい。さあこれからどうしようか。

駅前はいかにも観光地といった感じだが、あまり人は多くない。

これから何か発見できるだろうか。というより中途半端な旅にならないだろうか。

晴れてはいるが、黒い雲も早く流れている空をみながら少しばかり不安が押し寄せてきた。

東京夜景 国道20号線 桜田門→新宿②

帰宅するサラリーマンやOL,大学生などでごったがえす四ツ谷駅。近くには四ツ谷見附も。さすがにこの時間は暗くてわかりにくい。

Dsc03626 Dsc03628 

 

 

 

  

この下を中央線、総武線が走り、ホームの上に国道20号線が走る形になる。

Dsc03630 Dsc03633 

 

 

 

 

 

橋の至るところに歴史を感じさせる。

Dsc03634 Dsc03635 

 

 

 

橋の上から。中央線だけでなく、丸の内線もチラ見できます。ほんの一瞬ですが。

Dsc03637 Dsc03642  

 

 

 

闇夜に浮かぶメトロ四ッ谷駅。ここだけ異空間。

Dsc03640 

 

 

 

 

外堀通りの交差点を過ぎると、円通寺坂の入り口。この道を進むと多くの寺に囲まれる。

Dsc03645 Dsc03646 

 

 

 

 

外苑東通りとクロスする四ツ谷3丁目の交差点まで進むと、消防博物館がある。以前京橋の警察博物館を掲載したが、ここもぜひ行ってみたいところだ。

Dsc03649 Dsc03651  

 

 

 

 

四ツ谷4丁目交差点。ここから先は20号線は新宿御苑の下を走る。歩行者は歩けないので新宿通りをいくか、御苑横のわき道を通る。

ちなみにここはある程度の年齢の人なら、ピンとくる場所だ。

Dsc03653 Dsc03655 Dsc03657 

 

 

 

丸井の脇からトンネルを抜けるとそこは新宿。

Dsc03663 Dsc03664 Dsc03665  

 

 

 

 

 

坂道をあがっていくと新宿南口。台風中継でおなじみの場所だ。

なぜいつも南口なのだろうか?

Dsc03668 Dsc03669 Dsc03670 

 

 

 

 

最後にサザンクロスからの眺め。ちなみにこの先には広島県のアンテナショップ、さらには宮崎県のアンテナショップもある。そのうちアンテナショップ制覇もやってみたいものだ。

Dsc03672 Dsc03673 Dsc03674 

 

 

 

タイムズスクエアと都庁側。

Dsc03675 Dsc03678 

 

 

 

今回は距離が短いですがここで20号線は終了。

次回は東京を離れ、西日本のどこかを歩きます。

 

 

東京夜景 国道20号 桜田門→新宿①

今回は国道20号を新宿まで目指します。

まずは夕闇迫る皇居桜田門から。

Dsc03590 Dsc03591  

 

 

 

相変わらず皇居はランニングしている人が多い。まるでマラソン大会でもやっているかのように、次から次へと切れ目なく走る人とすれ違う。

まるで歩いているのが申し訳ないような気持ちになってしまう。

健康のため、趣味のためとはいってもこんなに多くの老若男女や外国の人が走っているのをみるともっと自分も何かをしなければ、と思ってしまう。

とはいえ今回は新宿までたった4キロ。このシリーズでも最短の距離。

以前歩いた国会前の交差点をそのまま直進。

Dsc03593 

 

 

 

 

まだまだ多くの皇居ランナーとすれ違いながら、以前訪れた憲政記念館の脇を抜け国道246号との分かれ目、三宅坂。

Dsc03598 Dsc03599 

 

 

 

ここで皇居ランナーに別れを告げ、反対側の歩道へ。すぐに見えるのが国立劇場と最高裁判所。

Dsc03601  

 

 

東京FMの建物が見えてくると、そこは半蔵門。ここで20号線は左に曲がり新宿を目指す。

Dsc03604 Dsc03605  

 

 

 

 

 

この20号線新宿通り、途中までは銅像が至るところにあります。

Dsc03606 Dsc03609 Dsc03620  

 

 

 

 

なかには草に埋もれて脱出不可能となった銅像も。

Dsc03623 Dsc03624 

 

 

 

麹町を直進。このあたりを歩いていて思ったのが建設中の建物が多いこと。少しずつ街の風景が変わっていきます。

Dsc03607  

 

 

日本テレビ通り。なだらかに下っていきます。ここまで日本橋から5キロ。

Dsc03610 Dsc03612  

 

 

 

新党日本の事務所がありました。このあたりは街路樹の下にライトが埋めてあり、ライトアップもできるのですが、灯りは点らず。

Dsc03613 

 

 

 

  

いよいよ夜の帳も落ち、四ツ谷の明かりが見えてきました。そして上智大学も。

Dsc03615 Dsc03621 

 

 

 

夜に浮かび上がるマネキンの首。多くの目が国道20号、そして四ツ谷の町を見つめる。

Dsc03618  

 

  

次回は四ツ谷からスタートです。

東京夜景 歩道橋から見た夜景 国道1号線③ 三田

本橋をスタートした国道1号線のナイトウォーキングは赤羽橋を越え三田に到着。

慶應大学を過ぎたところで国道1号線は右折します。もうこの辺まで来ると振り返った東京タワーはだいぶ小さく見えます。

Dsc03561 Dsc03563 

 

 

 

 

慶應大学を過ぎると左側に大きくカーブします。この先は古い商店やお寺が増えてきます。

Dsc03564  

 

 

 

白金高輪の駅前の歩道橋。国道1号と都道415号をクロスしています。

Dsc03565 Dsc03574 

 

 

 

順に慶應大学方面、高輪方面、古河橋方面。

Dsc03567 Dsc03573 Dsc03570 

 

 

駅に直結した歩道橋のため、エレベーターも設置されています。

Dsc03571

 

 

 

 

さらに南下し明治学院大の前の歩道橋。

Dsc03575 Dsc03583

 

 

 

 

順に白金高輪駅方面、五反田方面、そして明治学院大 。

Dsc03578 Dsc03580 Dsc03582  

 

 

浅草線高輪台駅付近で左側にカーブします。その手前の歩道橋が高輪3丁目歩道橋。

Dsc03588 Dsc03584 Dsc03586  

 

 

 

ここから一気に坂を下っていった先が五反田です。

Dsc03589

 

 

 

 

日本橋から10キロ強。ここで一旦終了です。

次回また日本橋を基点に東にいくか、北に行くか決めていませんが歩きたいと思います。

 

 

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ