最近のトラックバック

« 天橋立にて~② | トップページ | 加悦SL広場に行く② »

加悦SL広場に行く

野田川で運よくタクシーを拾えた。

「SL広場へ」と告げると、運転手は「あの土手のところを汽車が走っていたんですよ」と懐かしそうというより、つい昨日まで走っていたかのような口調で話し始めた。

実際廃止になったのは昭和60年で、もう20数年たつのだが、それだけ地元に愛されていたのだろう。

目的地の先でニッケルがとれ最盛期を迎えたが、戦争が終わりバスや車といった移動手段に人の流れが移り、ニッケルもトラックで輸送されるようになると、鉄道の役目は終わってしまった。

皮肉なことにそのバスまでも減便されてしまい、車でしかいけなくなってしまった。

ただ加悦鉄道には財産があった。今も展示されている2号機関車だ。この機関車が世界的にも貴重な存在であったため、この機関車を中心にまだ廃止する前から「SLの広場」として展示されていた。

平成8年に現在の場所に移転したが、この広場があることで加悦鉄道の記憶は今も生き続けているのだと思う。

時間は16時。閉館まであと2時間と思っていたら、17時とのこと、しかも10分前には閉めますよといわれた。

受付も人がおらず、隣りのみやげ物売場の人に探してもらった。確かに閉園間近に来訪者がいるとは想定していないのだろう。

よばれると、機関車の陰からお年寄りがゆっくりとこちらに向かってきた。

「50分もあれば全部みれますよ」といわれたが内心あせっていた。

入場切符は硬券になって鋏をいれてもらった。さすがに鉄道関係だけにこだわりがある。

展示車両こそ違うが、2年前訪れた小坂鉄道の資料館を思い出していた。なんとなく似ているがどこもこんな感じなのだろうか。

ただ見ているうちに決定的な違いに気づいた。そう展示車両によっては今にも走り出しそうな気がしたからだ。レールは途切れてなく、中には修繕している車両もある。

今にも命が吹き込まれればいつでも昭和の時代まで走り出しそうな気がする。

あとで知ったのだがちゃんと動態保存のメンテナンスをしていて年に何回か運転しているそうだ。

実際見学していた時間は50分だったが、もっと長い時間いたような気がした。それだけ充分堪能できたのだが、やはりここは時間の流れがゆったりしているのだろうか。

「50分あれば全部みれますよ」の言葉が深く心に残っている。

Dsc03719 

 

 

   

 加悦の駅舎を復元した建物が入り口。

Dsc03721 

 

 

  

これが2号機関車

そして「マッチ箱」といわれた客車。こんなに小さくて4扉車。

Dsc03727 Dsc03724 Dsc03725  

 

 

 

そして三等客室と郵便室を備えた客車。これも日本に現存する最古参のもの。

Dsc03728_2 Dsc03729 Dsc03730

 

 

 

そして裸電球。過去にも客車の内部写真は何回か掲載しているが、この木の質感や光の注ぎ方がなんともいえない。

網棚と手ブレーキ

Dsc03731 Dsc03732

 

 

 

今回はほとんど駄文ばかりだったので、次回は写真を中心に。

 

 

 

« 天橋立にて~② | トップページ | 加悦SL広場に行く② »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天橋立にて~② | トップページ | 加悦SL広場に行く② »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ