最近のトラックバック

« 東京夜景 国道14号線歩道橋から見える夜景② 錦糸町→小松川 | トップページ | 新宿西口夕景 »

東京夜景 国道14号線歩道橋から見える夜景③ 小松川→篠崎

  国道14号線を浅草橋から歩いて1時間半強、突然空が切り開け、雲が低いためか、夜空も明るくみえてくる。荒川に到着。

荒川にかかる新小松川橋を渡る。南側には首都高小松川線が、北側には中央環状線が荒川に沿って緩やかなカーブをきっている。どちらも暖かなオレンジの光と車のライトがきれいな光の線を描く。その向こうには総武本線の電車の灯りが貫く。

Dsc04455 Dsc04464 Dsc04468

 

 

 

 

まるで漁火のようなこの光景にみとれていると、1隻のモーターボートが水鏡の真ん中を切り裂いていった。それと同時に川面の夜景が乱れだした。

Dsc04466_2 

 

 

 

荒川と中川のあいだを走る中央環状線の高架下まできて見上げてみる。まわりに遮るものがなく、国道14号線の街路灯がまるでこの高架橋をライトアップしているかのようだ。

Dsc04474 Dsc04476 Dsc04478

 

 

 

 

中川から南側をみた夜景。カーブの外側なので2つの高速道路の外套が水面にうつる。

Dsc04483

 

 

 

 

橋を渡りきり坂をくだる。ここは自転車で走る人も多いと思うが初めて走る人は要注意だ。下りきったすぐ先に止まれの看板。続く道は横断歩道を渡った先でポールも立っており、スピードを出したまま曲がるのは非常に危険。下の歩道橋からみた写真でもわかるかと思うが、調子にのって坂を加速しているとえらい目にあう。

Dsc04485

 

 

 

このすぐ先に小松川警察署があり歩道橋もついている。真ん中の写真の先が小松川橋。

Dsc04490 Dsc04486 Dsc04488

 

 

  

そして警察署。

Dsc04489

 

 

 

さて車に乗っていると気づかないかもしれないがこの先に川が流れていて、橋を渡る。

境川橋だ。下を流れる小松川境川親水公園という看板はあるが14号線からは藪のようになっていて橋からのぞきこまないとわからなかったが、これが意外と清涼感があるスポットだった。

Dsc04491 Dsc04492

 

 

 

ちょっと14号線からそれて下に下りてみた。

Dsc04494 Dsc04499

 

  

 

 

さすがに夜なので長居はしないが、ちょっとしたオアシスを見つけた感じだ。

ここから先は郊外のバイパスと似たような光景が続く。一瞬ここは東京かと思うくらい、典型的なロードサイトの光景、しかも休日の夜。灯りの消えているところはまだしも、空き物件も多い寂しい光景。しだいに足が重くなり、歩くだけが目的になってくる。

東小松川。ここで14号線は千葉街道に向かう道とそのまま京葉道路につながる道にわかれる。もう小岩まで歩くのもつらいと、少しでも近い篠崎の駅がある京葉道路のほうを選んだ。篠崎から先は自動車専用道路、嫌でもこのウォーキングを終わらすことができる。

Dsc04500_2

 

 

 

まだこの先も歩道橋がある。

中央1丁目歩道橋。

Dsc04501 Dsc04503 Dsc04504

 

 

 

西一之江歩道橋。まわりは住宅街。

Dsc04505 Dsc04506 Dsc04507

 

 

 

 

環七とのクロス、京葉陸橋を通過。

Dsc04509

 

 

 

新中川にかかる一之江橋を渡る。

Dsc04510_2 Dsc04512

 

 

 

 

ここをすぎると首都高小松川線が上に合流。篠崎駅周辺のビルも見えてきてようやくにぎやかに。とはいえ南側には畑や空き地も目立つ。

Dsc04513

 

 

 

時折このような数字の看板が。これはなんだ。勝手な思い込みだが、この字体をみると米軍関連の施設を想像してしまう。

Dsc04514

 

 

 

篠崎駅前の交差点。やっと着いた さあ次はどこを歩こうか?

Dsc04515 Dsc04516

« 東京夜景 国道14号線歩道橋から見える夜景② 錦糸町→小松川 | トップページ | 新宿西口夕景 »

東京夜景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京夜景 国道14号線歩道橋から見える夜景② 錦糸町→小松川 | トップページ | 新宿西口夕景 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ