最近のトラックバック

« 445回mini toto-A組データ 甲府ー札幌  | トップページ | 445回mini toto-A組データ 愛媛-福岡 »

445回mini toto-A組データ 水戸-東京V

水戸-東京V

まずは水戸のここ3試合。

4/10 鳥栖 A  0-1  一進一退の攻防も決定機の精度に課題。これで4戦無得点が続く。

4/17 福岡 H 1-0 福岡のワンサイドゲームも相手の拙攻に助けられたこともあるが守り勝ち。

4/25 札幌 A 2-1  序盤から札幌ペースもセットプレーの好機を活かし連勝。

守りながら勝つ。これが今年の水戸のスタイルになるのでしょうか。去年は高崎、荒田と強力な2トップがいたのですが、今年はここ2試合のような感じでいくとなると予想が難しい・・・

東京Vは

4/10 愛媛 A 0-1  愛媛相手に90分でシュート2本。

4/18 岐阜 A(長良川球) 1-0 互いにはじめてのピッチに苦しむが東京Vが先に順応。岐阜は最後まで形ができず終了間際に飯尾がミドルシュート。6戦目にして今期初勝利。

4/25 甲府 H 1-2 後半選手交代などで東京Vが反撃も逃げ切られる。

まだ東京Vはチーム作りの最中のようで、厳しい試合が続くと思われますが水戸も東京Vも守りは崩れていないのでロースコアな勝負になるのかなと思います。

水戸サイドからみたこのカードの内容です。

09/10/18 A 0-2

松田新体制で臨んだ東京Vが前半から水戸を圧倒。前半3分先制点。その後も東京Vはボールを支配し、同37分加点。後半に入っても東京Vの勢いは衰えなかったが水戸も粘ってゴールを許さない。結局、そのまま2-0で終了。水戸はチーム全体でボールの取り所がはっきりせず、DFラインは下がらざるを得なくなり、攻め込まれる展開を招いてしまった。また、攻撃においても形を作ることができず、公式戦8連敗、リーグ戦4試合無得点。

09/6/14 A(国立) 0-0

互いにゴールを狙い合う展開も点は入らず。後半に入っても両チームはペースを落とすことなく走る。だが、土肥と本間の両GKが好守を見せ、得点を許さない。結局、試合はスコアレスドロー。それでも、最後まで互いに勝利への執着心を前面に出して攻め続けた90分間だった。水戸は第14、15、18節でそれぞれ5失点を喫したが、この試合は試合開始からアグレッシブにボールを奪いに行く姿勢がみられ5試合ぶりの失点0。東京Vにとっては、攻撃に課題の残るゲームとなった。

09/3/25 H(笠松) 2-0

序盤から圧倒的な水戸ペース。後半5分、吉原が自ら奪ったPKを決め、水戸が先制。その後も水戸が一方的に攻め込む展開。同28分には荒田がダメ押し。最後まで東京Vを寄せ付けず、攻め切った水戸が完勝を収めた。水戸は完勝をおさめ、3連勝を飾った。「選手たちはサッカーすることを忘れてしまった」と高木琢也監督が嘆いたように、まったくチームとして機能せず。攻守において完全に水戸に圧倒された。

ちなみに07年は第1クールこそ東京Vが1-5で負けたものの、その後3試合はすべて勝利。このカードはチーム状態がそのまま試合結果に反映している傾向があります。

« 445回mini toto-A組データ 甲府ー札幌  | トップページ | 445回mini toto-A組データ 愛媛-福岡 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 445回mini toto-A組データ 水戸-東京V:

« 445回mini toto-A組データ 甲府ー札幌  | トップページ | 445回mini toto-A組データ 愛媛-福岡 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ