最近のトラックバック

« 445回mini toto-A組データ 愛媛-福岡 | トップページ | 445回mini toto-B組データ 横浜FC-大分 »

445回mini toto-B組データ  徳島-岡山

栃木と千葉の対決は過去データがないため割愛致します。

B組 徳島-岡山です。

徳島は大分戦で韓国勢に得点を許し攻撃も津田の欠場が響き無得点。連勝も4で止まりました。続く得意としていた四国ダービーも主導権を握りながら愛媛を崩しきれず、スコアレスドロー。富山戦では2点ビハインドからミドルシュート2発で追いつき、最後は帰ってきたエース津田のゴールで逆転しました。

課題は出ましたがエースの復帰と共にいいときの徳島が戻ってきたといった感じでしょうか。

対する岡山は

大分戦先制され守備的になったが攻めが単調で敗戦。これで引分けを挟み4連敗。ところが続く千葉戦。先制されながら、追いつき、一瞬の隙を突きカウンターから勝ち越した。J1勢と互角に戦いながら最下位草津相手にホームでまさかの敗戦。千葉戦の勝利で気持ちに緩みでもでたのでしょうか。

では徳島サイドからみた試合内容です。

09/9/26 H 4-1

徳島は前半11分先制。対する岡山も互角の戦いを演じると、後半は一層攻勢を強めた。しかし、後半9分に徳島2点目。その後、同21分に六車、同24分には青山がミドルシュートで加点し、試合を決めた。岡山は最後までゴールを目指して走ったが、あまりにもイージーなパスミスが多く、自らペースを逃がしてしまった。徳島は指揮官がスカウティングによって導き出しチームへ与えた今節の狙いがズバリ当たったこと。その狙いとはミドルシュートである。

09/7/8 H 1-0

前半徳島が押し気味に進める。岡山も速攻で応戦を開始したが、互いに無得点。後半15分徳島が先制。終盤は徳島の足が止まり、岡山が波状攻撃を仕掛けたが、堅守は崩れず徳島がそのまま逃げ切った。徳島はホーム4連勝。岡山は「ここ数試合の中で一番チャンスが少なく、内容的にあまり良いとは言えないゲームだった(手塚聡監督)」

09/5/5 A  0-1

今季の初勝利を挙げて調子を上げている岡山が主導権を握り、前半43分に先制。その後は、徳島にチャンスをつくられる場面もあったが、ディフェンス陣が最後の最後で粘りを見せてピンチをしのぎ、ホームで連勝を飾った。徳島はボールポゼッションで上回っているにも関わらず、岡山の集中した守備に阻まれてしまった。

徳島は最初のカードこそ破れたが基本的には徳島勝利で予想して問題ないかと思います。あとは昨年第3クールの結果を、監督は変わりましたが影山監督がどう対策をたてるか。美濃部監督は徹底的に相手を研究する監督らしく、今回はどういう結果になるのか楽しみです。

« 445回mini toto-A組データ 愛媛-福岡 | トップページ | 445回mini toto-B組データ 横浜FC-大分 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 445回mini toto-B組データ  徳島-岡山:

« 445回mini toto-A組データ 愛媛-福岡 | トップページ | 445回mini toto-B組データ 横浜FC-大分 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ