最近のトラックバック

« 第444回 mini toto-B組 結論 | トップページ | 445回mini toto-A組データ 甲府ー札幌  »

445回mini toto-A組データ 鳥栖ー熊本 バトルオブ九州第2ラウンドは苦手熊本

まずは前回444回mini toto反省会から。A組もB組も1試合ずつはずしてしまった。

A組は山形。相性を重視したのですが、田代がまた決めましたね。山形を勝ちにいれたことがなく、山形が勝つといつもはずしています。昇格組みは2年目は苦しむと思っていたのですが・・・

B組は新潟。広島の疲労度、相性からいい加減勝つだろうと思っていたのですが、寸前ですりぬけていきました。これは中継をみていてがっくり。

ただ今回は29日にJ2がmini totoの対象になっています。そのあとすぐにJ1も控えているので気を取り直していきましょう。

あくまで個人的な見解ですが、J2単独でmini totoの対象になるときはいつも荒れます。思いもよらぬ波乱があったりするのでこまりものです。

ではまずは鳥栖ー熊本戦

ここ3試合は

4/10 水戸 H 1-0 激しい攻防も辛うじて逃げ切り3連勝。

4/18 柏   A 0-2  前半鳥栖ペースも点取れず、後半柏の戦術変更についていけず。

4/25 福岡 A 1-0 一進一退もやや鳥栖が上回る。福岡は退場者を出し万事休す。

熊本は

4/11 甲府 H 0-1 甲府に押し込まれ前半に失点。藤田投入で善戦も今期初黒星。

4/18 横浜C A 2-1 熊本カウンター徹底。横浜のオウンゴールやPK失敗にも助けられ勝利。

4/24 柏 H(水前寺) 1-3 前半は柏の攻撃に引きすぎ何もできず。後半反撃も及ばず。

ともに課題はありますが、決して悪い状態ではないと思います。

鳥栖サイドからみたこのカードは

09/9/12 A  1-2

熊本は守備を固めて先制。だが、後半は武岡を投入した鳥栖に反撃を許し高橋に決められた。その後も攻め込まれたが、追加点は与えない。すると、同39分に決勝点。プラン通りのサッカーをさせなかった熊本の守り勝ちといえる内容。ゲームを通して振り返れば、押し込んでいたのは鳥栖。しかし熊本の守備が素晴らしかった。

09/5/30 A(水前寺) 2-1

立ち上がりから鳥栖が、前線から激しくプレッシング、先制点を挙げると、その後も鳥栖がゲームを支配。後半4分には追加点。後半19分に木島に1点を返されるものの、最後まで相手を寄せ付けなかった。鳥栖はFWハーフナー・マイクが加入。鳥栖に大きな変化をもたらした。熊本は4本というシュート数は今シーズンはもちろん、昨シーズンを含めても最低の数字。どれをとっても敗れるべくして敗れた試合。7試合ぶりの勝利が欲しい熊本は、先に失点してしまった事で気持ちが前にかかってバランスを崩す。内容的には今季ワーストと言われても仕方ないゲーム。

09/4/19 H 0-1

互いにボールを前に運べない状態が続いた。熊本は前半終盤になって好機をつくり始め、前半ロスタイムにオウンゴールで先制。後半もお互いにチャンスは少なかったが、試合をうまくコントロールして1点を守り切った。鳥栖は試合運びに課題。熊本も「ここ2、3試合の中でも、いちばんバタバタした試合」と熊本・藤田俊哉が振り返った通り、内容的には決して良かったとは言えない。それでも、きっちりと勝点3を得た。

(試合内容はヤフーの記事とJ’S ゴールを参照)

熊本はそれ以前も1-1、0-1,2-1と鳥栖に対しては互角以上の戦いをみせています。09年5月もチームに結果が出ていない状態での敗戦なので、データ、そして今の熊本のチーム状態を考えれば熊本の勝ちをいれてもいいのではと考えます。ただ互いに柏戦をのぞいてここ数試合は同じような内容で勝っているのでドローもありかな?

« 第444回 mini toto-B組 結論 | トップページ | 445回mini toto-A組データ 甲府ー札幌  »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 第444回 mini toto-B組 結論 | トップページ | 445回mini toto-A組データ 甲府ー札幌  »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ