最近のトラックバック

« 第446回 mini toto-A組 鹿島-G大阪 | トップページ | 第446回 mini toto番外編 ゴールデンウィーク中の成績 »

第446回 mini toto-A組 清水-浦和

川崎-湘南はデータがないため割愛します。

清水-浦和です。

小野伸二が古巣相手にどれだけ活躍するか。が一番の注目にどうしてもなってしまいますが、まずは清水のエコパでの戦いぶりからみていきます。

09/12/29 名古屋 1-1 PK3-5 天皇杯準決勝

09/04/29 浦和 2-2

09/04/19 磐田 0-3

08/11/08 磐田 0-1

あまり得意ではないようです。

では浦和戦の内容です。

09/08/02 A  1-0

序盤から浦和が支配するが決定機をものにできず。後半は攻勢を掛け続ける浦和に対し、清水がさらに守りを固めたため、こう着状態に。後半25分清水が一瞬のすきを突き、枝村のゴールで先制。浦和は3連敗を喫した。浦和相手に試合前からの狙いを守ることに貫徹してみせた。清水は5位に浮上。浦和は引かれた相手に対してどのように崩していくかという課題が残った。浦和は4位に後退。

09/07/29 H 3-0 ナビスコ準々決勝

09/07/15 A 1-2 ナビスコ準々決勝

09/04/29 H静岡 2-2

堅守の浦和からPKで先取点を奪った清水だが、守り切れず前半のうちに同点とされる。後半は互いに決め手を欠く展開。だが、個人技で勝る浦和はワンチャンスを逃さない。後半29分、山田直のゴールで逆転。清水も永井らを投入し、同41分に児玉の初ゴールで同点に追いつく。

08/11/23 A  2-1

序盤からボールを支配したのは浦和。しかし、前半21分に先制されてしまう。追い付きたい浦和は後半に入るとサイドからチャンスを作り始める。後半22分、闘莉王が豪快に決め同点とする。だが、前掛かりになったすきを突かれ失点し、痛恨の敗戦となってしまった。首位・鹿島を追う浦和にとってはあまりに痛い黒星となってしまった。エンゲルス監督は、今季初めてとなる布陣を組んで勝負に打って出た。前半は完全に機能不全。この試合後エンゲルス監督は解任された。

08/04/02 H 1-2

序盤にペースをつかんだ清水が先制点を奪う。しかし浦和に、徐々に主導権を握られると防戦一方の展開に。後半13分に追い付かれると、その後も相手の猛攻にさらされ、エジミウソンの強引な突破から決勝点を献上。またもホームで敗れた。五輪代表の青山が疲労の蓄積などもあってコンディションがかなり落ちているという面も影響しているだろう。クロスに対しても、いつもの強さが発揮できていなかった。浦和は、ハーフタイムで山田に代えて梅崎を投入したが、これが大いに当たった。

清水はまだ開幕から黒星なし。大宮戦、その前のガンバ戦とも厳しい試合になったが勝ち点はしっかりと取っている。浦和は川崎に勝利し首位にたったが磐田に破れ清水に首位を奪われてしまった。まだ時期的に早いが天王山。ゴールデンウィークにこんなカードを組むなんて相変わらずJリーグの日程はすごい。(

(関心している場合ではないがこの試合も予想が難しい・・・)

« 第446回 mini toto-A組 鹿島-G大阪 | トップページ | 第446回 mini toto番外編 ゴールデンウィーク中の成績 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第446回 mini toto-A組 清水-浦和:

« 第446回 mini toto-A組 鹿島-G大阪 | トップページ | 第446回 mini toto番外編 ゴールデンウィーク中の成績 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ