最近のトラックバック

« 第446回 mini toto-B組  横浜M-磐田 | トップページ | 第446回 mini toto-B組 広島ーF東京 »

第446回 mini toto-B組  名古屋-山形

名古屋-山形

まずは名古屋サイドから見たこのカードの内容です。

09/11/28 H豊田(ホーム最終戦) 2-0

山形は、個の力で勝る名古屋の前に苦しい展開を強いられる。前半11分小川に決められた。後半に入っても流れは変わらない。後半31分に2点目を失う。攻撃的に切るカードも若手選手しかおらず、0-2のまま試合終了の笛を聞いた。山形は勝てばJ1残留を自力で決められる一戦だったが、ベストの陣容を揃えた名古屋の前に手も足も出ない内容に。そして両チームの選手が試合後に「実力差があった」と認める内容で90分が経過。

09/03/14 A 0-0 (山形J1初のホーム開幕・雪)

ACLから中3日でリーグ戦に臨んだ名古屋は、全体的に動きが少ない。ボールの入れどころを見つけられないままに前半を終えた。後半も山形の集中した守備を打ち崩すには至らない。スコアレスのままタイムアップとなった。

名古屋はアウェイこそ様々な条件からスコアレスドローでしたがホームでの対戦で力の差を見せ付けました。今年の名古屋は順位こそ2位ですが厳しい戦いが続いています。

山形も4月は安定した守りと田代のゴールで結果を出してきました。個人的に山形戦を外してしまうことが多いのでそろそろなんとかしないといけないところです。

« 第446回 mini toto-B組  横浜M-磐田 | トップページ | 第446回 mini toto-B組 広島ーF東京 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第446回 mini toto-B組  名古屋-山形:

« 第446回 mini toto-B組  横浜M-磐田 | トップページ | 第446回 mini toto-B組 広島ーF東京 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ