最近のトラックバック

« mini toto444回 データー 京都-山形 | トップページ | mini toto444回 データー 浦和-磐田 首位浦和06年から磐田には負けていないが・・・ »

mini toto444回 データー 川崎-神戸 

続いて川崎-神戸です。

まずは川崎のここ4試合を振り返ってみると。

4/18 浦和 AWAY 0-3

得意の埼玉スタジアムで3失点。PK失敗が響き、後半攻撃的布陣も決定機活かせず。

4/14 城南 HOME 3-0  ACL

4/10  広島 AWAY 3-0

カウンター徹底。寿人を完全に封じ3発快勝。

4/4 F東京 HOME 2-1

豪州帰りで疲労も影響のなかった鄭大世が汚名返上2得点

フロンターレの連敗はほとんどありません(リーグ戦)が昨年唯一の連敗が9月の浦和戦と次節のガンバ戦でした。相手は神戸。立て直せるでしょうか。

そして神戸です。仙台のホーム不敗記録を止めたのは神戸でした。個人的に大久保が爆発すると期待したのですが、彼の鼻の骨が爆発しただけでした。

神戸のここ4試合です。

4/17 仙台 AWAY 1-0

神戸が仙台対策。フェルナンジーニョ、梁勇基、中原をしっかりケアし集中した守りで開幕戦以来の勝利。

4/14 浦和 HOME ナビスコ 1-3

4/11 山形 HOME 0-2 ポポ欠場。山形に受け身。攻撃も崩せず17位転落

4/3 名古屋 AWAY 0-2 ケネディ徹底マークもセットプレーから2失点。

神戸は7試合ぶりの勝利でした。次が大事です。

では川崎サイドからみた対戦内容です。

09.7/18 HOME 2-2

先手を取ったのはホームの川崎F。前半34分にはCKからゴールを献上したが、前半の終了間際に再び中村が得点をもたらす。後半は一転して、神戸にペースを握られる。同24分同点に追いつかれると、そのあともリズムに乗り切れず。勝ち点3を得ることができなかった。川崎は高温多湿で水曜日の鹿島戦からは中2日での試合であり、運動量が全般的に低下し逃げ切れなかった。降格が迫る神戸は和田昌裕監督の読みもあって、前半を押さえ気味に試合を進め、日程や気象条件をうまく味方に付けた。

09.3/14 AWAY 1-2  神戸ホーム開幕戦

マルセウら主力3選手がケガで欠場した神戸。前半は劣勢が続き、ハーフタイム直前、川崎Fの鄭大世に先制点を許す。それでも、河本を投入して臨んだ後半同点に追い付くと、後半20分には途中出場の松橋のゴールで逆転に成功。その後の川崎Fの反撃も、身体を張った守備で耐え切り、カイオジュニオール新体制での初勝利を飾った。

08.11/29 HOME 4-0 川崎ホーム最終戦

前半3分、鄭大世が先制ゴール。しかし、その後はサイドからの突破に対応が遅れ、守備に奔走する時間帯が続いた。後半も神戸の猛攻が続くが、川島が再三にわたって好セーブを見せ、失点を阻止。すると、後半17分、再び鄭大世が追加点を挙げ、その後攻撃陣が爆発。2試合連続の快勝で、優勝への望みをつないだ。ただ神戸は前半の大半の時間帯で、試合を支配していた。川崎は課題の中盤を修正し、北本退場処分を受けると一方的な展開に。

川崎は08年3月の試合も1-4で落としている。神戸に苦戦しているイメージはあるが、前回対戦は日程で不利だったこと。またホーム最終戦や開幕戦が絡んでいるので、次のこの対戦が必ずしもこのデーターに近い形にはならないような気もするが。川崎の連敗はしないとは思うが保険をかけておいてもいいかもしれません。

« mini toto444回 データー 京都-山形 | トップページ | mini toto444回 データー 浦和-磐田 首位浦和06年から磐田には負けていないが・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: mini toto444回 データー 川崎-神戸 :

« mini toto444回 データー 京都-山形 | トップページ | mini toto444回 データー 浦和-磐田 首位浦和06年から磐田には負けていないが・・・ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ