最近のトラックバック

« mini toto444回 データー 川崎-神戸  | トップページ | mini toto444回データ 横浜M-鹿島 鹿島は本来のサッカーを取り戻せるか。 »

mini toto444回 データー 浦和-磐田 首位浦和06年から磐田には負けていないが・・・

mini toto444回 A組

引き続き対戦内容です。

浦和-磐田

浦和は4連勝中。ここ4試合の成績は

4/18 川崎 3-0  HOME 

ホームで勝てなかった川崎に田中達也ら3ゴールで快勝。守っても山岸がPKを止め堅守で川崎を抑える。

4/14 神戸 AWAY 3-1 ナビスコ

4/10 新潟 AWAY 2-0

前半低調も、後半流動的な攻撃でリズム。阿部が2ゴールで3連勝。

4/3 湘南 HOME 2-1

圧倒的支配のハーフコートゲーム。

対する磐田は

公式戦5戦無敗もまだ攻撃に課題ありといった感じが続いています。

4/17 大宮 1-1 HOME

後半追いついたあと一方的な展開もフィニッシュまでたどり着けず。「攻撃の組み立てに課題」と柳下監督。

4/14 横浜M HOME 2-1 ナビスコ

メンバーをあまり変えずに調子のでないマリノスを破る。(主力が出たので一応ナビスコも参考に)

4/10 湘南 AWAY 0-0

前半の磐田はポゼッションを握られなにもできず。後半猛攻も湘南守備陣に守りきられる。

気になる直接対決ですが今年はナビスコで一度あたっています。浦和サイドからみた成績です。

10.3/31 1-1 HOME ナビスコ

浦和6人入替も機能せず。後半ポンテ投入で流れが変わり土壇場で追いつく。

0911/21 3-2 HOME

浦和が先制。その後もボールを支配。しかし後半、磐田が後半10分、同14分と、前田に立て続けにゴールを決められ逆転を許す。フィンケ監督は山田暢久、エスクデロ セルヒオを立て続けに送り出し、田中達也とエジミウソンの2トップに変更し大逆転。ちなみにこの時期は闘莉王が退団する可能性が高くなるなどチームが微妙なとき。

09.6/3 1-0 HOME(駒場) ナビスコ

09.3/21 1-1 AWAY (エコパ)

立ち上がりから浦和が支配も決定機を生むには至らず、徐々に押し戻されると、前半32分に先制点を奪われる。後半も一進一退の攻防が続いたが、後半23分に浦和が同点に追いつく。その後はスコアは動かず。痛み分けの色合いが濃いドローとなった。

08.8/23 3-1 HOME

磐田ペースで進む試合は、前半終了間際に磐田が先制。わずか2分後、浦和が同点とする。同点弾で調子を取り戻した浦和は、後半12分に平川のゴールで逆転。一方の磐田は選手交代も実らず、次第に攻撃の糸口をも失った。首位を追う浦和は2連勝。

このカード06年10月に磐田がヤマハスタジアムで勝って以来、浦和に勝っていない。対戦成績、今の両チームの状態からしてデーター上では鉄板だ。

だが09年に限定すればすべて接戦。磐田の2大ストライカーが浦和の堅守を打ち崩すことができるでしょうか。 

« mini toto444回 データー 川崎-神戸  | トップページ | mini toto444回データ 横浜M-鹿島 鹿島は本来のサッカーを取り戻せるか。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« mini toto444回 データー 川崎-神戸  | トップページ | mini toto444回データ 横浜M-鹿島 鹿島は本来のサッカーを取り戻せるか。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ