最近のトラックバック

« toto443回 鹿島ー広島 ともにアジア帰りで波乱の予感 | トップページ | mini toto443回 結論 »

toto443回 浦和-川崎

B組最後は好調の2チーム。データを出すだけで疲れてしまう。

とても従来のtotoの13試合も予想するなんてできるわけがない。しかも当たらないから絶対にやりたくない(笑)

浦和いいですね。といいたいところだがまだよくわからない。というのも初戦の鹿島はのぞいて調子のいいところとやっていないので。

とはいっても取りこぼしていないということはやっぱり強いのか。

浦和のここ3試合です。

4/14 神戸 AWAY 3-1 ナビスコ

前半攻めあぐねるも、珍しくフィンケ采配が的中。逆転勝ちでナビスコ首位。

4/10 新潟 AWAY 2-0

前半低調も、後半流動的な攻撃でリズム。阿部が2ゴールで3連勝。

4/3 湘南 HOME 2-1

圧倒的支配のハーフコートゲーム。

川崎は中村憲剛が帰ってきた。あれだけけが人続出しても3位にいるのだから、如何に川崎が凄いかがわかる。でもこれで全員戻ってきてものすごく強くなるかといえばそうでもないことが多いのがサッカーの面白いところ。

川崎の直近3試合です。

4/14 城南 HOME 3-0  ACL

4/10  広島 AWAY 3-0

カウンター徹底。寿人を完全に封じ3発快勝。

4/4 F東京 HOME 2-1

豪州帰りで疲労も影響のなかった鄭大世が汚名返上2得点

では浦和サイドからみた直接対決

09.9/19 AWAY 2-0

浦和はボールを支配しながらも最後の局面を崩せず、相手の鋭いカウンターに脅かされる。後半22分ポンテの直接FKがそのままゴールイン。同35分にはダメ押しの。浦和が敵地で完封し、2連勝を飾った。

09.5/10 HOME 2-3

序盤から一進一退の攻防は浦和が先制。ここから相手ペースの時間帯が長く続く。後半点の取り合い浦和が一度リードするが相手にPKを与えて失点すると、カウンターを浴びて再びゴールを許し、今季初のホームでの敗戦。浦和は際どい判定によるPKで2失点目を喫すると、多くの選手がレフェリーに対してナーバスになってしまった。季節外れの炎天下でのペース配分含め、様々なことが重なり、浦和は徐々にリズムを失った。「今日はやりやすかった」と鄭大世にいわれたこの試合は5日前にAFCチャンピオンズリーグでの厳しいアウェイ戦を経験していた川崎Fにとって、この日の浦和は崩せない壁ではなかった。この勝利で、チームは公式戦連敗からも抜け出した。

08.7/21 HOME 1-3

前半7分浦和先制。しかし失速し、同27分に同点とされてしまう。後半カウンターから鄭大世にゴールを許す。さらに、息をつく間もなくヴィトールジュニオールに3点目を決められ、万事休す。結果、内容ともに完敗を喫した。浦和にとっては阿部、堀之内、細貝と体を張った守備が持ち味の3人の欠場が響いたことも確かだが、首位争いを演じているチームには相応しくない戦いぶり。ラインがズルズルと下がり中盤にぽっかりと大きな穴が生まれ、そこを川崎Fに突かれ、ピンチの連続だった。

等々力では浦和は強さを発揮するがホームでは苦戦しています。

07年は1-2.06年は2-2.05年は3-2で勝ったものの薄氷を踏む思いの勝利でした。

« toto443回 鹿島ー広島 ともにアジア帰りで波乱の予感 | トップページ | mini toto443回 結論 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: toto443回 浦和-川崎:

« toto443回 鹿島ー広島 ともにアジア帰りで波乱の予感 | トップページ | mini toto443回 結論 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ