最近のトラックバック

« 東京夜景 国道17号線を歩く③歩道橋から見た夜景 巣鴨→板橋 | トップページ | toto443回 C大阪ー湘南 昇格チーム同士の対戦はJ2時代互角 »

toto443回 磐田ー大宮 どちらも未だ乗り切れていないが・・・

磐田は一部スポーツ紙にイ・グノの退団報道が掲載されていました。今シーズンはまだ本調子ではないものの前田とのコンビはやはり脅威。さらに荒田まで控えているのだから、どこで爆発してもおかしくはなかったのですが、イ・グノの出場は微妙みたいですね。

磐田のここ3試合です。

4/14 横浜M HOME 2-1 ナビスコ

メンバーをあまり変えずに調子のでないマリノスを破る。

4/10 湘南 AWAY 0-0

前半の磐田はポゼッションを握られなにもできず。後半猛攻も湘南守備陣に守りきられる。

4/4 G大阪 HOME 4-3

壮絶な打ち合いを制し今季初勝利。前田が活躍。

対する大宮は藤本が抜けてから全く元気がない。開幕以降は白星がなく選手のコメントにも元気がないように感じ、ちょっと心配です。

ここ3試合は

4/14 F東京 HOME 0-1 ナビスコ

PK失敗に加え、東京が数的不利な状況になり守りを固められ、攻撃も単調に。

4/10 G大阪 HOME 1-3

前半主導権、先制したが追加点がとれず、後半立て直したガンバに立て続けに失点。

4/3 新潟 AWAY 0-0

18本のシュートもネット揺らせず。互いに決定力を欠きドロー。

そんな2チームの磐田側からみた対戦内容は

09.8/16 AWAY (熊谷) 1-1

磐田は左サイドを攻略し前半25分先制。だが後半12分、守備陣の集中が途切れた隙にオウンゴールを献上。反撃するも、江角の好セーブに遭いゴールならず。一方の大宮もカウンターで攻めるが、フィニッシュの精度が甘く痛み分けに終わった。大宮はイ・グノとエース前田遼一の2人の攻撃力を徹底的に封じた。

09.5/20 AWAY 0-1 ナビスコ

大宮が逃げ切った。前半22分、PKをマトが決め先制。その後は追加点は挙げられなかった。磐田は後半に猛反撃も無得点に終わった。ただ決定機自体は磐田のほうが多かった。

09.5/9 HOME 3-1

前半3分磐田先制。その後も磐田が主導権。同40分追加点。後半は大宮に反撃を許し、後半39分には藤本に得点を許したものの、試合終了間際にはイグノがとどめを刺した。イの2ゴール1アシストの活躍により、磐田はホーム3連勝。イはこれで6試合6得点。

06年からトータルしてみると磐田が勝ち越しているのですが、結構大宮の守りに苦しんでいるようなところもある。個人的には調子の悪いチーム同士の対戦は引き分けを鉄則としているのですが、どうでしょう。

« 東京夜景 国道17号線を歩く③歩道橋から見た夜景 巣鴨→板橋 | トップページ | toto443回 C大阪ー湘南 昇格チーム同士の対戦はJ2時代互角 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: toto443回 磐田ー大宮 どちらも未だ乗り切れていないが・・・:

« 東京夜景 国道17号線を歩く③歩道橋から見た夜景 巣鴨→板橋 | トップページ | toto443回 C大阪ー湘南 昇格チーム同士の対戦はJ2時代互角 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ