最近のトラックバック

« toto443回 磐田ー大宮 どちらも未だ乗り切れていないが・・・ | トップページ | toto443回 鹿島ー広島 ともにアジア帰りで波乱の予感 »

toto443回 C大阪ー湘南 昇格チーム同士の対戦はJ2時代互角

湘南は今週ナビスコはなし。セレッソはほぼベストメンバーで挑みしかも敗戦。この差が影響するかどうか。ナビスコカップとはいえ試合内容が良くなかっただけに気になるところです。

セレッソのここ3試合は

4/14 新潟 AWAY 0-1 ナビスコ

終始優位に試合を進めたが攻撃がちぐはぐ、守備でも堅実さを欠き新潟に初勝利を許す。

4/10 横浜M AWAY 0-0

前半終了間際にマルチネス退場。勝ち点を確実に取りにいったセレッソは守りを固めスコアレスドロー。

4/3 京都 HOME 3-1

終始リズムをつかんだセレッソが香川が2ゴール。J1初勝利。

湘南は

4/10 磐田 HOME 0-0

前半主導権。後半磐田の猛攻も耐える。

4/4 浦和 AWAY  1-2

何もできずJ1との壁を感じさせられた試合。

3/31 清水 AWAY 0-2 ナビスコ

GK以外メンバー全員変更してのぞみ、後半40分まで奮闘。

ここまでの湘南は強いところには歯が立たないが、調子のあがらないチームには勝ち点をとっている。ましてや今回は何度も闘ってきたセレッソ。セレッソも決して調子は悪くないが、反町監督はどう対策をたてるか。楽しみな試合です。

セレッソ側からみた試合内容です。

09.9/20 HOME 2-1

C大阪は開始直後から一方的に攻め立てるも相手の守備陣をこじ開けられない。後半11分に田村が退場となると、数的不利に陥った相手の混乱を見逃さず畳み掛け8月5日以来のホーム戦勝利で首位を守る。

09.7/12 HOME 3-4

首位攻防戦。点を取り合う展開は後半41分、永田が決着をつけるゴールを決め、湘南が首位を堅持した。シュート数ではC大阪が圧倒するも敗戦。乾や小松の不在が響いた。湘南は3連勝。

09.5/2 AWAY 0-1

開始早々からC大阪が試合のペースを握るがチャンスをものにできない。逆に速攻から失点。後半に入っても攻め続けたが湘南の粘り強い守備を崩すには至らず、完封負け。

08年も切磋琢磨しており、セレッソの2勝1敗。長居では2勝しています。

« toto443回 磐田ー大宮 どちらも未だ乗り切れていないが・・・ | トップページ | toto443回 鹿島ー広島 ともにアジア帰りで波乱の予感 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: toto443回 C大阪ー湘南 昇格チーム同士の対戦はJ2時代互角:

« toto443回 磐田ー大宮 どちらも未だ乗り切れていないが・・・ | トップページ | toto443回 鹿島ー広島 ともにアジア帰りで波乱の予感 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ