最近のトラックバック

« 第447回 mini toto-A組  結論 | トップページ | 第448回 mini toto-A組 浦和-横浜M »

第447回 mini toto-B組 結論

続いてB組です。

京都 清水    

相性と現在の両チームの状況から判断。おそらく大半の人が同じ予想だと思います。唯一京都はそこそこ互角に戦っていて最終的に決定力の差で落としているので、万が一のことも考えましたが、今は両チームのメンタルの差は大きいと判断しました。

F東京 仙台 

くどいようですが観戦するカード(しかもホーム側なのに・・・F東京の負けを選択してしまった)なのでどうしても落としたくないところですが、トリプルは予算上今回は許されないため、苦慮しました。出した結論が共に攻撃面で課題があり勝利がないことからドローをベースに考え、あとはもう勘です。東京のほうが課題が深刻かなと。

山形 大宮 

今年初めて山形の勝ちを選択しました。守りは安定していることとここ数試合の試合内容から判断しました。大宮は過去GW中はドローが多い傾向があるのですが、J2時代も含め勝ち越していること。全く関係ないことかもしれませんが鈴木監督が指揮をとっていた昨年の新潟が山形で勝っていることから、なんとなく大宮連勝するかもという勘が働きました。

G大阪 川崎 

万博で川崎に負けていないこと。とはいえここのところ大量点を重ねている川崎が相手。ガンバも内容はよくなってはいるもののまだ川崎が相手だと不安もありということで、本命ガンバ勝ち、保険で川崎勝ち。

甲府  

ともに好調同士ですが、甲府が柏の鉄壁の守りから大量点をとるのはさすがに難しいだろうと判断。また前節横浜FCに大逆転勝ちしましたが、やはり前半の3失点は甲府にとって重要な課題だと思います。まずは守備的にはいっていくことも想定してのドロー。ただそういう展開になると柏は苦しみながらも点をとって勝ってきているので柏の勝ちもいれました。

« 第447回 mini toto-A組  結論 | トップページ | 第448回 mini toto-A組 浦和-横浜M »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第447回 mini toto-B組 結論:

« 第447回 mini toto-A組  結論 | トップページ | 第448回 mini toto-A組 浦和-横浜M »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ