最近のトラックバック

« 第448回 mini toto-A組 清水-新潟 | トップページ | 第448回 mini toto-B組  神戸-磐田 »

第448回 mini toto-A組 仙台-名古屋 富山-岡山

まず仙台-名古屋。

仙台の試合みてきましたが、FC東京とともに決定力不足で特に仙台は得点の匂いのするシーンは一度しかありませんでした。梁勇基も後半はほとんど上がってこれずFC東京の拙攻に救われた感のある試合でした。

ただ次の試合はホームです。強豪名古屋が相手とあっては気合がはいるところでしょうが、02-03年のJ1での対戦成績は0勝4敗。

また06年11月に天皇杯(瑞穂)での対戦は0-1で名古屋。

このときの仙台は直近の3試合で連続無得点の状態でした。

続いて富山-岡山。

J2は栃木、柏、福岡以外は中4日、中2日といった連戦の5試合目になりますが、3戦目あたりから力のないチーム同士はドロー、もしくは大量点差がつくケースが見られています。ちなみに今年昇格した3チームはこの連戦を悪くても1敗で乗り切りました。柏、千葉甲府が乗り切れるか注目です。

富山は現在最下位。決定力に苦しんでいますが、一時期の最悪の状態からは抜け出しています。岡山も気合の入った試合をした次の試合で取りこぼす試合がここのところ続いています。

今回は富山のホームなので頑張ってくれるとは思うのですが。

09/12/05 H 2-0 ホーム最終戦

序盤は富山のペース。だがゴールを奪うことができない。後半も流れは変わらず、富山が攻め続けた。後半20分に朝日が決めて、ようやく先制。さらに、同34分にはカウンターから2点目を挙げた。富山はホーム4カ月ぶりの白星で締めくくった。

09/10/11 H 0-0 PK4-1 天皇杯

09/06/28 H 1-2 

徐々に岡山がペースをつかむ。前半16分岡山が9試合ぶりとなるゴールを決めて先制。その後も岡山が主導権を握るも、前半終了間際、富山がワンチャンスを逃さず同点に。後半は両者ともなかなか決定機をつくれない中、同37分再び岡山がリード。富山は終了間際に猛攻をかけるも得点できず、岡山が11試合ぶりの勝利を飾った。富山は4試合ぶりの黒星を喫し、ホーム6試合ぶりの勝利はならなかった。岡山は無得点が8試合続くなか前節から先発メンバー5人を入れ替えた。30度を超える暑さの中でも運動量は相手を上回る時間が長く、狙いは的中した。

09/04/19 A 2-1

互いにチャンスを迎えながらものにできない場面が続く。そんな中、前半41分に岡山が先制に成功。しかし、そのわずか1分後、富山同点。後半攻撃の形が鮮明に表れたのは富山。後半29分上園が逆転ゴール。追加点を取られた岡山の選手からは、覇気というものが感じられなかった。

« 第448回 mini toto-A組 清水-新潟 | トップページ | 第448回 mini toto-B組  神戸-磐田 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第448回 mini toto-A組 仙台-名古屋 富山-岡山:

« 第448回 mini toto-A組 清水-新潟 | トップページ | 第448回 mini toto-B組  神戸-磐田 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ