最近のトラックバック

« 第448回 mini toto-B組  熊本ー愛媛 熊本は立ち直れるか。 | トップページ | 第448回 mini toto-B組 甲府-徳島 »

第448回 mini toto-B組 千葉-福岡、大分-鳥栖

なんだかんだで勝ち点を取り続け2位にいる千葉。ずっと勝ちがなく前節の熊本戦で大爆発し開幕の頃を彷彿とさせた福岡の対決です。

06年でJ1で対戦しています。

06/08/26 A 3-1

福岡は守備を意識したサッカーを展開。しかし、それでも3失点を喫したのは、ディテールの部分を抑え切れなかったから。一方、千葉が見せたパフォーマンスは決して本来のものではなかった。持ち味である長い距離を走ってスペースへ飛び込むシーンはほとんど見られずに攻撃が停滞。守っても福岡にプレッシャーをかけられず、自由にボールを回された。しかし、そんな中でも終わって見れば3-1と結果を出した。

06/03/18 H 2-2

前半は福岡対策が奏功し、ボールを保持した千葉だが、決定機をモノにできない。40分、千葉の山岸が治療のためピッチの外に出ていた時に福岡は3試合連続で先制点を奪った。千葉はここですかさず反撃。前半のロスタイム同点弾をゲット。後半は福岡に中盤を支配されるが千葉は敗戦を免れた。

トータルでは千葉のホームの成績が4勝3敗1分とほぼ互角。千葉は今年ホームで負けなしだが連戦の疲れはあるはず。

大分-鳥栖です。

大分は北九州と引分けてから3戦勝ちがありません。ただ前節試合がなかったのは非常に大きいかと思います。バトルオブ九州第1ラウンドをとれなかっただけに鳥栖戦では結果を出したいところだと思います。

鳥栖もこの連戦中は苦しんでいます。これで3戦連続のドロー。引分けの多いJ2でもあまり4戦連続ドローというのは記憶にありません。そろそろ白黒つくか。

近年では天皇杯で対戦しています。

08/11/05 H 0-2 天皇杯

運動量と集中力で上回った鳥栖が快勝した。主力を休ませた大分は攻守ともに精彩を欠いた。トリニータの公式戦15試合連続負けなしの不敗神話もここで終わった。大分はヤマザキナビスコカップの疲れもあり、主力を温存。ここ2試合で9失点の大敗を喫している鳥栖はベストメンバーで臨んだ。

この対戦は全く参考になりません。ナビスコを優勝で飾った大分は天皇杯に対してモチベーションがあがらないまま負けてしまいました。

ホームでの通算成績は大分の8勝全勝です。ただ当時の鳥栖は弱かったのでこれも参考になるかどうか・・・

« 第448回 mini toto-B組  熊本ー愛媛 熊本は立ち直れるか。 | トップページ | 第448回 mini toto-B組 甲府-徳島 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第448回 mini toto-B組 千葉-福岡、大分-鳥栖:

« 第448回 mini toto-B組  熊本ー愛媛 熊本は立ち直れるか。 | トップページ | 第448回 mini toto-B組 甲府-徳島 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ