最近のトラックバック

« 第448回 mini toto-A組 仙台-名古屋 富山-岡山 | トップページ | 第448回 mini toto-B組  熊本ー愛媛 熊本は立ち直れるか。 »

第448回 mini toto-B組  神戸-磐田

湘南に引分けなんとか最下位を脱出した神戸と好調磐田の対決です。

ホームでの相性だけみれば神戸に朗報です。04年からずっと負けていないカードです。

それでは対戦内容です。

09/12/05 H 1-1 最終戦

先手を取ったのはホームの神戸。前半34分、大久保がミドルを叩きこむ。これで主導権を握った神戸だったが、後半17分、磐田のイグノに押し込まれ、同点に追いつかれてしまう。神戸はあと1点が遠く、結局1-1のまま最終戦を終えた。14位神戸と12位磐田の一戦「ゲームに関しては、お互いに残留が決まり、ケガ人がいたりという状況で、ちょっと予想がよく分からなかった」と神戸の三浦俊也監督が言うように、ともに残留争いから解放されたなかでの試合だった。

09/05/02 A 0-1

試合を通して磐田が一方的に押し込む展開。39分、前田が先制。後半の神戸は中盤の守備意識が低く、磐田のペースは変わらず。追加点は取れなかったが2戦ぶりの勝利となった。中2日で試合に臨んだ選手たちには厳しい条件ではあったが、それにしても神戸の選手たちは、立ち上がりから何かがおかしかった。神戸の攻撃には最後まで迫力が出てこなかった。ヤマハスタジアムでの磐田の今季初勝利は、確かに完勝であったことは間違いない。ただ、シュート数が磐田23本、神戸3本という中で、1-0というスコアには多少の違和感が残った。磐田の詰めの甘さは大きな問題だ。

08/08/09 A 1-0

次第にペースをつかんだのは磐田。中盤でボールを持てるようになると、サイドから決定機を作るが決められない。後半もチャンスを作り続けたのは磐田。だがシュートがポストに嫌われるなど、このチャンスを決め切れずにいると、後半36分に先制を許してしまう。磐田はその後も攻め続けるが精度を欠き、少ないチャンスをものにした神戸が勝利を収めた。磐田にとっては非常にストレスのたまるゲーム。失点以上に問題だったのは、ホームで1点が奪えなかったこと。

08/03/30 H 3-2

前半の神戸は磐田の厳しいプレスの前にリズムに乗れない。前半31分にはオウンゴールで先制を許してしまう。しかし、後半に入り猛攻を仕掛けると、開始早々に追い付き、後半21分には試合をひっくり返す。一度は同点に追い付かれるが、直後に再び勝ち越しに成功する。中盤の選手の飛び出しが光った神戸が、打ち合いを制した。前半は連係のぎこちなさが目立った。それでも、ハーフタイムを挟んで、がらりと状況を打開できるのが、いまの神戸の強いところ。まだ3試合を終えた段階だが2位に浮上した。

07年こそ完勝しているが、あとは競った試合を神戸が勝ち取ってきました。さて今回はどうなるでしょうか。

« 第448回 mini toto-A組 仙台-名古屋 富山-岡山 | トップページ | 第448回 mini toto-B組  熊本ー愛媛 熊本は立ち直れるか。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第448回 mini toto-B組  神戸-磐田:

« 第448回 mini toto-A組 仙台-名古屋 富山-岡山 | トップページ | 第448回 mini toto-B組  熊本ー愛媛 熊本は立ち直れるか。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ