最近のトラックバック

« 3月23日に過去発生した主な地震 福島県浜通り | トップページ | 3月25日に過去発生した主な地震 能登半島沖地震から5年 »

3月24日に過去発生した地震 芸予地震から10年

10年前の3月24日は2001年に安芸灘で発生したM6.7の地震。芸予地震です。

この地震は東広島市などで震度6弱を観測し九州、近畿地方などを含む広い範囲で揺れました。広島、愛媛で計2人が死亡、重軽傷者は288人に上り、家屋の被害も全・半壊800棟以上、広島市内で民家が全焼するなど3件の火災が発生。埋め立て地の同市南区の出島地区では、液状化現象も起きました。
 広島、岡山県、愛媛県の広範囲で停電、広島県内では水道管の破裂で断水が相次ぎました。山陽新幹線や在来線、山陽道も一時ストップ。広島県内では落石や土砂崩れの被害も相次ぎました。
安芸灘周辺を震源とする地震で、マグニチュード6以上の規模の主なものは江戸時代以降、5回発生。1649年の地震から86年までは間隔が短かったものの、その後は1857年、1905年、49年と約50年周期で起きています。芸予地震では、2年前から前震と見られる地震が15回発生。 1905年の芸予地震も発生の2年前から震源域付近で地震が頻発。1903年3月21日の地震など同年に9回、1904年に3回、1905年には芸予地震の前に3回起きています。

それ以外の3月24日に発生した主な地震は以下の通りです。

1899年 宮崎県南部山沿い M6.4

1960年 三陸沖 M6.0 数日前に発生したM7.0の余震です。

1984年 択捉島南東沖 M6.8 津波警報発令 根室で9センチの津波

1986年 奄美大島近海 M6.1 奄美市で震度4

1987年  新潟県上中越沖 M5.9 上越市で震度4 東北地方の日本海沿岸から能登半島の沿岸にかけて津波注意報を発令

1999年 奄美大島北西沖 M6.1

2011年東日本大震災の余震で震度3以上は24日だけで6回。

うち5時33分の茨城県沖はM4.7 ひたちなか市などで震度4

17時20分には岩手県沖でM6.2 石巻市などで震度5を観測。

なお8時56分には茨城県南部でM4.8 鉾田市などで震度5(震源地はつくば市作谷付近と推定)の地震がありました。この地震は、フィリピン海プレートと陸のプレートの境界付近で発生した逆断層型の地震で、東北・上越新幹線の運転を一時見合わせました。この地震の震源付近はM5.0程度の地震が年に1回程度の割合で定常的に発生し、東日本大震災の余震とは別と考えられています。

« 3月23日に過去発生した主な地震 福島県浜通り | トップページ | 3月25日に過去発生した主な地震 能登半島沖地震から5年 »

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月24日に過去発生した地震 芸予地震から10年:

« 3月23日に過去発生した主な地震 福島県浜通り | トップページ | 3月25日に過去発生した主な地震 能登半島沖地震から5年 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ