最近のトラックバック

« 4月29日に過去発生した主な地震 | トップページ | 5月1日に過去発生した主な地震 男鹿地震から73年 »

4月30日に過去発生した主な地震 宮城県北部地震から50年

4月30日に過去発生した主な地震です。M6以上の地震が全国的に万遍なく発生して多い傾向にあります。

1736年 宮城県沖 M6.0 仙台で被害あり。

1937年 日本海北部 M6.5 深さ461キロの深発地震です。

1943年 北海道東方沖 M6.6 深さ194キロの深発地震です。

1962年 宮城県北部 M6.5 

岩手・宮城・山形・福島で震度4を観測しましたが震央に近い宮城県北部では震度6相当あったものと考えられます。死者3名、重傷者41名、軽傷者235名、住家全壊が369棟、半壊1542棟のほか、東北本線瀬峯駅近くの鉄橋付近で,貨物列車が脱線転覆する事故が発生するなど橋梁・道路・鉄道などにもかなりの被害があったほか、余震活動も活発でした。

1983年 十勝沖 M6.4 この地震で津波注意報が発表されました。

1987年 奄美大島近海 M5.2 奄美市名瀬で震度5を観測しました。

1994年 大隅半島東方沖 M6.0 

日南市などで震度4を観測しました。この地震で九州沿岸と薩南諸島、山口県沿岸に津波注意報を発表しました。また兵庫県豊岡市と鳥取県境港市の震度情報が遅れ、発生から一時間近くも経過してやっと震度を発表するミスがありました。

2006年 伊豆半島東方沖 M4.5 熱海市で震度5弱

伊豆半島東方沖では、4月17日から地震活動が活発化し、4月21日未明にはM5.4と推定される地震があり、熱海市や伊東市で震度4を観測しました。体に感じない地震も含めた地震の回数は、17日から30日午後4時までで2864回を記録しました。

2007年 奄美大島近海 M4.9 奄美市で震度4を観測したほか、奄美諸島、トカラ列島で震度3~1を観測。

2011年 東日本大震災における震度3以上の余震はこの日は6回でした。

そのうち2時4分の千葉県東方沖のM4.8の地震では緊急地震速報が発表されましたが、実際は銚子市などで震度3でした。

14時6分にいは茨城県沖でM5.3の地震があり、茨城県高萩市や日立市、福島県いわき市や楢葉町、川俣町、川内村で最大震度4を観測しました。

14時47分には福島県沖でM5.4の地震があり楢葉町で震度4を観測しています。

« 4月29日に過去発生した主な地震 | トップページ | 5月1日に過去発生した主な地震 男鹿地震から73年 »

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月30日に過去発生した主な地震 宮城県北部地震から50年:

« 4月29日に過去発生した主な地震 | トップページ | 5月1日に過去発生した主な地震 男鹿地震から73年 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ