最近のトラックバック

« 8月1日に過去発生した主な地震 | トップページ | 8月3日に過去発生した主な地震 »

8月2日に過去発生した主な地震 積丹半島沖地震から72年

8月2日に過去発生した主な地震は以下の通りです。

1940年 北海道西方沖 M7.5 羽幌町などで震度4

積丹半島沖地震といわれ死者10名、住宅全壊26棟の被害。利尻島で3m、天塩・羽幌で2mの津波が発生、京都でも1mの津波が観測されました。

1971年 十勝沖 M7.0 浦河町で震度5 津波警報が発表され広尾で20センチの津波を観測しました。

1988年 伊豆半島東方沖 群発地震

20時16分にM5.2の地震があり熱海市などで震度3を観測しましたが、伊東ではこの地震で屋根がわらが落ちるなど被害が続出しました。

2000年 新島・神津島近海、三宅島近海の群発地震

震度4はこの日は5回、震度3が5回でした。

2007年 サハリン西方沖でM5.9の地震があり、サハリン南部で0.1~0.2m程度の津波が観測されました。日本国内は極めて微弱な津波しか予測されなかったことから、11時45分に「津波の心配なし」の旨の地震情報を発表。しかし13時過ぎから北海道の留萌と稚内などで潮位変動が大きくなり始めたことから、13時37分に北海道日本海沿岸北部に津波注意報を発表。稚内と留萌の0.2m潮位変化がありました。

« 8月1日に過去発生した主な地震 | トップページ | 8月3日に過去発生した主な地震 »

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月2日に過去発生した主な地震 積丹半島沖地震から72年:

« 8月1日に過去発生した主な地震 | トップページ | 8月3日に過去発生した主な地震 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ