最近のトラックバック

« 岩国錦帯橋空港の開港日に行ってきました | トップページ | 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・1日目①~福岡城 »

2012伊勢・松坂の旅~伊勢神宮

江戸時代よりお伊勢参りがあるように日本人に生まれたからには一度伊勢神宮にはいってみたいと思っていた。

さらに2013年は式年遷宮の年。20年に一度建物すべてを建て替えてわかりやすくいえば引越をする。ということは今のうちに見ておきたいということで、今回の旅のもともとの目的は廃止が噂される近鉄内部・八王子線や三岐鉄道北勢線に乗っておくことだったが同じ県だしということで伊勢まで足を延ばすことにした。

ただ前の何回かの記事で書いた通り前泊した松阪市の魅力にはまってしまい伊勢市についたのは午後2時。広い敷地内を夕方までに回るのはちょっと厳しい。伊勢神宮は駅に比較的近い外宮からまわって内宮にいくのが基本らしいが肝心の内宮が見られなくなっては意味がない。しかも東京に戻らなければいけないということで内宮から行くことにした。

 Dsc06996_800x600 

JR伊勢市駅。駅前は工事中、正面には進学塾で観光地の玄関口とは思えない感じだった。

バスで20分ほどで伊勢神宮内宮へ。ここまでくると個人的にはあまり好きではないが、土産物屋や食べ物屋が並ぶいかにも観光地然とした感じになってくる。

ただややこしい感じはするかもしれないがいかにも昭和といった感じの観光地の感じは嫌いではないのだ。伊勢は典型的な感じがした。

 
 
 Dsc06999_800x600

やはり伊勢神宮、前日にネットで伊勢神宮を爆破するといった内容のニュースが流れていたものの、物々しい警官がいるわけでもなく、観光客は関係なくごったがえしている。

 Img_9588

正面玄関である宇治橋の鳥居をくぐり、宇治橋を渡る。五十鈴川にはすでに橋を架け替える準備はできていた。

 Dsc07001_800x600 Dsc07010_800x600 

五十鈴川は神様のいる場所を流れる神聖な川だけあって穏やかな佇まいをしていた。

正宮へは一方通行になっていて右手に庭園を見ながら玉砂利の道を進む。

 
 Img_9596 Dsc07002


手水舎で手を洗い、その先に五十鈴川に降りる道がありそこにも御手洗場があることに気付いたが二度も洗うのもどうかと思いそのまま進む。

 Dsc07004_800x600 Dsc07013_800x600 Img_9599


進んだ先に神楽殿が、お守りなどはここで買う。ここで危うく大きな失敗をするところだった。ここで正宮からお参りを済ませて帰る人と合流するため、流れに任せて左に進んだらそれが帰路であることに途中で気付いた。一方通行のため戻るわけにいかず一度外に出てから再び入ったが、気付かないままで帰っていたら一生後悔するところだった。

 Dsc07014_800x600

参道の真ん中に長い年月を感じさせる巨木がそびえたつ。

 Img_9600 Img_9601


階段をあがるといよいよ正宮、神様のいる場所だ。当然撮影は禁止で熱田神宮などと同様に白い幕が張られている。その先に正殿がある。

その隣には来年の新御敷地があり社殿の一部が見える。

 Img_9602
奥には別宮の荒祭宮があるのだが、時間がなく省略。

 
 Dsc07005_800x600_2 御厩。馬はいなかったが鶏がいた。 Dsc07008_800x600

名残惜しいので宇治橋と五十鈴川を定番スポットからもう一度撮ってみた。

 Dsc07017_800x600

伊勢神宮を出るともうひとつの観光スポット、おかげ横丁とおはらい町がある。ここも人が非常に多い。正直人がごった返しているところは苦手である。頭が痛くなってきた。

さらに江戸時代を再現した土産屋や食事処が並んでいるのだが、なかには移築した歴史的建造物もあるらしいが、ほとんどがここ10年20年のあいだに当時をイメージして再現したテーマパークのような観光地である。

となると興味はない。

ただ一度は行ってみようと人ごみをかき分ける。

 
 Dsc07018_800x600 Img_9611 Dsc07023

もうやだ。出よう。

 Img_9613 赤福。伊勢に来たら買わなければいけない。

それくらい刷り込まれていたが残念ながら売り切れ。そのあと駅や外宮でも探したがどこも売り切れだった。おそるべし赤福。

外宮へ。バスで急いだがあと10分で17時。閉まる時間が迫っている。大急ぎで観てきた。いやお参りしてきた。

 Dsc07033_800x600 Dsc07034_800x600

時間も時間だけに人も少ない。とても落ち着く。いや落ち着いている場合ではない。

 Dsc07037_800x600
正宮。

 Dsc07035_800x600
遷宮予定地。

 Dsc07039_800x600

休憩所であるせんぐう館に面した勾玉池。

 Dsc07041_800x600
近鉄宇治山田駅。

 Img_9634 Img_9635 Img_9636 Img_9637

近代建築の駅舎を代表する建物で登録有形文化財にも登録されている。2階には貴賓室もある。

再び徒歩で伊勢市駅に戻る。夜、あれだけ賑わっていたおかげ横丁などとは違い人がほとんどいない。

 Dsc07044_800x600 

前はスーパーだったのだろうか。シャッターは落書きされ消費者金融が入っていた。

 
 Dsc07047_800x600

昼間の様子はわからないが19時の段階でシャッターがすべて閉まっていた。

 Dsc07055_800x600 Dsc07057_800x600 Dsc07052_800x600

一番印象的だったのが三交百貨店。10年前にデパートとしての役目をおえそのあとも活用はされていたのだが、解体されることが決まった。闇夜に白い巨体が浮かぶ。

伊勢神宮の玄関口は宇治山田なのかもしれないが、伊勢神宮のにぎわいの後だっただけに衝撃的だった。










































 

 













« 岩国錦帯橋空港の開港日に行ってきました | トップページ | 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・1日目①~福岡城 »

三重」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012伊勢・松坂の旅~伊勢神宮:

« 岩国錦帯橋空港の開港日に行ってきました | トップページ | 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・1日目①~福岡城 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ