最近のトラックバック

« 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・2日目①~福岡・鉄道コレクション3 | トップページ | 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・2日目③門司の煉瓦群と門司港駅 »

2012年西日本縦断・鉄と城の旅・2日目②小倉城

旅の2日目は小倉城から。

小倉城は小倉駅から徒歩20分ほど。紫川という市内に流れる川を渡ると見えてきます。

 Img_1061 Dsc07917 

紫川には常盤橋という人道橋があり長崎街道の起点になっています。1995年に架け替えられました。

小倉といえば井筒屋。ってイメージがあるので撮っておきました。地場の百貨店は厳しい状況が続いていますが頑張ってほしいものです。

 Dsc07905_800x600

ゴミでも運ぶ車かと思ったら、この近辺をイルミネーションを装飾して人をのせて走り回っているようです。きらぽっぽといいます。昼間見るとどこかの遊園地のゴミ運搬車にしか見えませんでしたが(失礼)。

 Dsc07907_800x600_2

 Img_1043 水堀

 Img_1044 お城の隣には八坂神社があります。

お待たせしました。小倉城です。

 Img_1045 Img_1047 Img_1052 Img_1053

1602年細川忠興によって築城されたといわれています。ちなみに細川忠興の夫人は細川ガラシャです。歴史に詳しくなくても一度は聞いたことある名前ではないでしょうか。

細川が熊本に移った後は小笠原家が入城します。しかし1837年に火災により全焼。天守閣は再建されませんでした。さらに1866年の長州藩との戦争で自ら城に火を放ちすべて焼き尽くしてしまいました。

現在の城は1955年に再建されたものであり、特に文化財に該当するようなものはなく百名城にも選ばれていませんが、天守閣は4階と5階のあいだにひさしがなく、5階が4階より大きくなっている「唐作り」になっているのが特徴です。

また石垣は切り石を使わず、自然の石で積み上げた野面積みが大部分を占めます。

城の中はジオラマや体験ゾーンがほとんどで撮影可の場所が多いのが特徴です。

 

 Dsc07910_800x600 県の指定文化財・山車。

 Dsc07911 Dsc07912_800x600 子供たちは楽しめるかもしれない。

 Img_1055 

小倉城のシンボル迎え虎、ほかに送り虎もある。当然マスコットは虎をモチーフにした「とらっちゃ」。1階でグッズを販売していました。

小倉城から4方向の眺望です。

 Img_1056 南東側


 Img_1057 東側 紫川、小倉駅方面


 Img_1058 北西側 製鉄所が見える。


 Img_1059 西側

小倉城をでてすぐのリバーウォーク北九州の向かい側には小倉県庁跡があります。

明治9年に福岡県と合併するまで県庁として使われ。その後裁判所、警察署として使われたあと民間に払い下げられ現在に至ります。

 
 Dsc07916_800x600


このあとは門司、そして門司港へ向かいます。


 




 







 




 



« 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・2日目①~福岡・鉄道コレクション3 | トップページ | 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・2日目③門司の煉瓦群と門司港駅 »

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・2日目②小倉城:

« 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・2日目①~福岡・鉄道コレクション3 | トップページ | 2012年西日本縦断・鉄と城の旅・2日目③門司の煉瓦群と門司港駅 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ