最近のトラックバック

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

西日本縦断・鉄と城の旅・4日目⑨~山口・広島鉄道コレクション①

久しぶりに鉄道ものです。今回は下関から広島までで出会った車両を載せていきます。

JR西日本広島管内はまだまだ古い車両が多く、國鉄広島管理局と揶揄されているほど国鉄型車両のオンパレードです。ただようやくここにきてJR西日本の年間計画の中に新保安システム導入にあわせ国鉄車両の置き換えを順次始めると発表したことから、いよいよ広島も平成時代に突入したといっていいでしょう。

まずは山口県下関駅から。

 Dsc08007 Dsc08008 山陰本線キハ47 首都圏色

 
 Dsc08009_800x600 Dsc08010 同じく広島色

 Dsc08011 Dsc08012_800x600 

幡生駅にて。117系。JR東海管内からは撤退しましたがこちらではまだまだ健在。117系の濃黄色は結構見かけました。

このあと小野田駅にて小野田線のクモハ123と離合。停車時間が短く写真を撮ることはできませんでした。辰野支線からも姿を消してしまったので1本遅らせてでも撮るべきだった・・

 
 Dsc08013 Dsc08014  宇部駅。宇部線105系。

 Dsc08016 Dsc08017_800x600 115系3000番台カフェオレ色N編成

 Dsc08019_800x600 Dsc08020_800x600 同じくR編成

 Dsc08021_800x600 Dsc08022_800x600 Dsc08023_800x600

新山口駅にて。山口線キハ47首都圏色とキハ40広島色

 Dsc08025_800x600 岩国へ向かう115系車内。

 Dsc08026_800x600 Dsc08027_800x600 岩国駅にて。115系300番台濃黄色C編成。

翌朝。岩国駅徳山へむかう岩徳線キハ40広島色と首都圏色。

 Dsc08031 Dsc08032 Dsc08033 Dsc08034


今日はこの車両に乗り込みます。115系3000番台濃黄色N編成。

 Dsc08091_800x600 
 

 Dsc08096_800x600 Dsc08097 

広島駅にて。ようやく瀬戸内色と出会えました。今はもう塗り替えられているみたいですね。

 

 Dsc08098 Dsc08099 可部線105系

 Dsc08100 Dsc08101 呉線103系瀬戸内色

 
 Dsc08102 Dsc08103_800x600 Dsc08105_800x600 Dsc08104_800x600

芸備線キハ47-100と1102

 

 Dsc08165 Dsc08166_800x600 再び可部線。元103系、105系K14編成濃黄色。

2012年に色が変わりました。

西条駅にて。瀬野八を越えて貨物がやってきました。

EF67は瀬野八越えの補機として作られた機関車です。

 Dsc08169_800x600 Dsc08170_800x600 Dsc08171_800x600 Dsc08172_800x600

 Dsc08174_2 Dsc08177_800x600 Dsc08178_800x600

三原駅までやってきました。岡山支社の車両K編成です。岡山が近くになるにつれて更新車ばかりになってきます。そして方向幕がLED。最先端の匂いがします。

 Dsc08176_800x600 Dsc08175_800x600 今度は広島支社のO編成。平清盛HM付き。

 Dsc08196  再び岡山車。これは中間改造車。

 Dsc08203_800x600 Dsc08202_800x600 D編成。

尾道にていい撮影ポイントがあったのでちょっと撮ってみました。EF210-116号機です。

 Img_1395 Img_1396

 Img_1427 Img_1473 福山駅にて。福塩線105系福塩色と濃黄色。

 
 Dsc08424_800x600 Dsc08425_800x600 ラストは105系で。

今回は国鉄編をお送りしました。次回は民鉄・3セク編です。


































 











































 

 







 

 











 
 




























西日本縦断・鉄と城の旅・4日目⑧~福山自動車時計博物館4


4回にわたって福山自動車時計博物館を紹介してきましたがようやく最終回です。

まず最初はこの車から。

 Img_1501 Img_1505 Img_1506 マセラッティカムシンです。


 Img_1554 Dsc08402_800x600 Dsc08405_800x600 Dsc08407_800x600

ダイハツ三輪トラックSSR型 比較的ドラマや映画によく登場するので親近感を持っている人も多いのでは。

 Img_1558 Img_1559 Img_1572 Img_1573

マツダK360 23万円

 Img_1569 Img_1575 Img_1577_2 Img_1578

三菱レオ 郵便小荷物の配達車など補助作業車として活躍しました。レオ君。

 
 Img_1579 Img_1580 Img_1581 Img_1583
マツダ三輪乗用タクシー 当時は一律で50円でした。

 Dsc08413_800x600 Dsc08414_800x600 Img_1584 Img_1585

珍しいのでいっぱい撮ってしまいました。

 Img_1587 Img_1588 Img_1589 

ダイハツミゼットDSA  サイドミラーが付きました!

 Img_1590 Img_1591_2 Img_1592

ダイハツミゼットMP4 オート三輪といったらこの車を思い出す。

 Img_1593 ダイハツ号HS6型

 
 Img_1594 マツダ三輪トラックGA型 最高時速は65キロ

最後に興奮しすぎてこれまで撮ってきた写真がブレブレなのに全く気付いていませんでした・・・

アンケートを書いてワッペンをもらって外に出たらもう外は真っ暗。さらに雨が降っていました。ここ何年かあちこちに行くようになりましたが、雨に降られたのは初めて。明日には晴れてくれればいいなあと思いつつ岡山県へはいります。

その前に次回はちょっとブレイクです。
























































 
 

 


















西日本縦断・鉄と城の旅・4日目⑦~福山自動車時計博物館3

ここまででようやく館内の半分。後半です。

 Img_1500 Dsc08372_800x600 Dsc08373_800x600

トヨペットクラウンRS アメリカンスタイルなボディ

 Img_1499 電気自動車DBC-1型 ダイハツ 大阪万博で活躍

 Img_1509  ジープスター 民間用 自分の知っているジープと全然違う。

 Img_1510 メルセデスベンツ170S-D 第二次大戦後最初に生産した車。

 
 Img_1512 Img_1515 Img_1519 三菱ミニカ360

 
 Img_1514 Img_1518 Img_1520 マツダ360クーペ カエルみたい

 
 

 Img_1524 Img_1526 Img_1528 Img_1531

スバル360 2度目の登場。

 
 Img_1535 Img_1533 Img_1532 マツダキャロル360DX バイクと接触

 Img_1540 Img_1539 トヨタの大衆車パブリカDX パブリック・カーの造語

 

 Img_1541 Img_1542 ホンダT360 なぜかこれのプラモデルはある。

こうやって見ていると昔の車は愛嬌がありますね。

 Dsc08389_800x600 Dsc08390_800x600 エンジン公開。そして荷台にはテレビ。

 Img_1546 Dsc08395_800x600 Dsc08398_800x600 

ダットサンダブルピックアップ6000-U

 Dsc08393_800x600 ちょっと脱線。昭和30年代のレジ?やらなんやら。

 
 

 Dsc08416_800x600 木馬   Img_1544 ホーロー看板!

 Img_1545 なんかもういろいろ。とにかくカオス。

 Dsc08403_800x600 Dsc08411_800x600 置ききれなくなったか。オート三輪の荷台にも。

 Img_1490 Dsc08341_800x600 Dsc08342_800x600 ダットサンスポーツ

 Img_1502 Img_1503 再び脱線。

 
 
 Img_1551 Img_1552Img_1556  日野ルノー4CV  62万5千円

 Img_1521 Img_1522 Img_1538 たぶんマークⅡ

 
 Dsc08384_800x600 Dsc08385_800x600 Img_1536 車内。

今回はここまで。結局3回で収まりきらなかった… 写真ばかりですがおそらく皆さんも実際行ってみると写真を撮りまくるか、車に乗りまくるか。どちらかだと思いますよ。

次回はオート三輪編になります。

















 





























 














 


































 



















西日本縦断・鉄と城の旅・4日目⑥~福山自動車時計博物館2

引き続き福山自動車時計博物館です。車のほかに時計や昭和レトロな看板、小物、家電、はては小型飛行機まですべてオーナーが個人で集めてきたものが所狭しと展示されています。

閉館までの時間が迫る中、ほぼ貸切状態。嫌な顔一つせず丁寧に応対していただいた受付の方に感謝します。

そして時計は興味がないので割愛するとして、車のほうも詳しくないので写真を添付するだけで内容の薄い中身になってしまいますがご勘弁ください。

そしてここが他と違う一番の魅力がなんといってもほとんどの車種に乗れること。次来るときはしっかりと時間を確保したいと思います。

それでは写真を中心にコレクションをどうぞ。

 Dsc08330_800x600 Dsc08332_800x600 ダットサン フェートン オープンカーです。

 Dsc08333_800x600 Dsc08336_800x600 ダットサン ロードスター 昭和11年式

 Dsc08337_800x600 Dsc08339_800x600 ダットサン セダン 当時の値段で1900円

 Dsc08343_800x600           フォード GPW  ワイパーは手動!

 Dsc08346_800x600           陸王サイドカーVFD-LTS  一般販売はわずか

 Dsc08348_800x600 Dsc08368_800x600 Dsc08369_800x600

なんと小型飛行機まで展示。操縦席まで入れますが高いうえに狭く、翼はベコベコな材質なのでちょっと怖い。  チェロキー140D 1960年代のもの。

蝋人形もいっぱいいました。チェロキーの手前にいらっしゃるのがマッカーサー元帥、横が吉田茂元首相。

 Dsc08349_800x600 Dsc08353_800x600_2 リンカーンにクリントン

さ、車に戻りましょう。

 Dsc08350_800x600 MG-TD 1951年製のイギリスの名車だそうです。

 Img_1485 ブガッティー 後ろ姿でごめんなさい

 Dsc08354_800x600 Dsc08356_800x600 Dsc08358_800x600

トライアンフ TR4 イギリスで1961年から大量生産された名車。ドアの開け閉めが壊れやしないかと心配になり、そっと閉めると閉まらないし・・・・

 Dsc08359_800x600 ベンツSSKレプリカ ルパンに出てくるあの車かな?

 Img_1495 Dsc08364_800x600  プジョー203A 1954年式 フランス

ちょっと脱線。時計のコレクションの数はとても写真ではおさまりきれず。

 Dsc08362_800x600 Dsc08329_800x600

部品や銘鈑までなんでもあり。

 Dsc08366_800x600

 
とりあえず今回はここまで。次回は国内名車編です。






 









































西日本縦断・鉄と城の旅・4日目⑤~福山自動車時計博物館1

以前ネットかなにかでここを知って以来いつか行ってみたいと思っていたのが福山自動車時計博物館。鉄と城の旅と言っておきながら鉄道をほとんど紹介していないどころか車に行くのかい!って感じだが、広島県を通過するまで鉄道はしばらくお待ちください。

それほど大きな道沿いにあるわけではないので本当に道があっているのか不安に駆られながら歩くこと10分以上。なにやらバスの廃車体が。

 Dsc08259_800x600 Dsc08260_800x600 

バスや車は全く詳しくないのでこれが何の車種でどこのバス会社なのかさっぱりわかりませんでしたが、ほかの写真をよくみてみる中鉄バスと読むことができた。
これらのバスも走れる状態まで復元するのでしょうか。

他にも古い車や消防車がちょっとだけ見えます。

 Dsc08265_800x600

全体像はこんな感じです。

 
 Dsc08272_800x600


隣は修理工場。きれいな建物だったのでここが博物館だと思ってぐるっとまわってみたのですがお墓にでてしまいました。

 Dsc08273_800x600 Dsc08274_800x600

まだまだコレクションが増えそうな感じですね。

さらに歩いてやっと見えてきました。

 Dsc08275_800x600


館内は誰もいなく完全貸切状態。外が暗くなってくるので先に屋外から周ることを勧められ屋外の展示から。

 
 Dsc08276_800x600 Dsc08277_800x600 Dsc08278_800x600


 Dsc08280_800x600 Dsc08284_800x600 Dsc08285_800x600


 Dsc08286_800x600


残念ながら全く車種がわからないのと閉館時間が迫っているのと暗くなってきているのと雨が降りそうといった焦りからか完全にただ写真を撮っているだけになってしまいました。

今思えば福山に1泊してでももっとじっくり堪能すればよかったなと後悔しております。

ボンネットバスもそろい踏み。

 Dsc08282_800x600 Dsc08287_800x600 Dsc08288_800x600

雪上車や機関車まで。

 Dsc08297_800x600 Dsc08281_800x600

ジープにブルドーザー(?)。

 
 Dsc08298_800x600_2 Dsc08299_800x600

そして古い消防車が多く展示されています。幼稚園の頃でしょうかとにかくバイクの音と消防車が大嫌いでとくに暗くなってから消防車がサイレンを鳴らして走っているのが怖くて怖くて仕方がありませんでした。

この展示車両の中には見覚えのある消防車も。トラウマでもあり懐かしくもあり・・・

 Dsc08300_800x600 Dsc08311_800x600 Dsc08318_800x600

このへんはなんとなく懐かしいと思わせる顔つきです。

ああ、思い出しました。消防車も怖かったのですが、自分が生まれ育った沼津市は今はわかりませんが、昔は火事があると消防団員を招集するサイレンが防災無線を通じて鳴り響きました。これが不気味な音で空襲警報のようなサイレンが鳴り響きます。

親が買い物に出かけて夕暮れ時や夜に一人で留守番をしているときに火事なんかがあったりすると消防車のサイレンとこの招集サイレンが鳴り響くのです。それはもう怖くて怖くて・・・

 Dsc08301_800x600 Dsc08303_800x600 Dsc08306_800x600

 Dsc08307_800x600 Dsc08312_800x600 Dsc08317_800x600

けっこうきつきつに展示してあるので全体はとれませんが後ろ側も味があります。

 
 Dsc08324_800x600 Dsc08325_800x600

 Dsc08320_800x600 Dsc08321_800x600 Dsc08322_800x600


こんなのもいました。スバル360でしょうかね。

 Dsc08302_800x600

こちらも後ろ姿がかわいい。右は初めて見たかも。

 Dsc08326_800x600 Dsc08327_800x600


まだ館内にはいってません。それほど見るところいっぱいなところです。

続きは次回。




































 

 

























 

 















 

 

 

 



2012年西日本縦断・鉄と城の旅・4日目④~福山城

午後3時、福山市にやってまいりました。

 Dsc08250


駅の反対側に福山城があります。日本の百名城にも選定され美しい石垣や重要文化財である伏見櫓、筋鉄御門、そして昭和41年に復元された天守閣がそびえ立ちます。

 Img_1423 Img_1424 算木積みの美しい石垣。

左側に福塩線のホームをみながら緩やかな坂をあがると国の重要文化財でもある伏見櫓が見えてくる。この櫓は1601年に建てられ戦時中の空襲も免れ現在に至るそうです。

 Img_1428 Img_1429


そして同じく重要文化財である筋鉄御門をくぐります。

 
 Img_1430 Img_1431

くぐって左側にみえてくるのが鐘櫓。鐘をつるし城下や近隣諸村に時の鐘をつげ、緊急時には武士を招集する太鼓も備えていました。こちらは市の重要文化財です。

 Img_1435  Img_1437

正面には天守閣が。手前の木は春になると桜が咲き誇ります。

 Img_1439 Img_1440

ぐるっとまわってみましょう。

 
 Img_1443 Img_1445 Img_1448

入館料を払い、百名城のスタンプをおして中に入ってみましょう。

フロアは7層になっており地階が関係資料、1階が江戸から近現代の福山。2階が阿部藩時代、3階が水野藩時代、4階が中世、中4階が原始・古代(この時は準備中で非公開)、最上階が展望台になっています。

 
 
 

館内は一部撮影可能なものもあります。

 
 Img_1451 Img_1452


展望台からの福山市です。見てのとおり駅前徒歩2~3分といった感じです。

 
 Img_1453

北西側 Img_1457  北側 Img_1458 北東側 Img_1460


東側 Img_1461 

そして新幹線をいつまでも眺められる西側

 Img_1456 ややっ!気になる建物が!あとで行ってみることにしましょう。

展望台からは外に出られます。狭いので高所恐怖症の人は怖いかも。

 Img_1459

最上階のフロアです。全国の城の写真やコインの自販機。一般的な城の最上階の光景とでもいいましょうか。

 Img_1466 Img_1467

下に降ります。月見櫓です。

 Img_1471 Img_1470

京都の伏見城内にあったものを移築したといわれています。明治の初めに取り壊されたのですが昭和41年に天守閣とともに復元しました。

湯殿

 Img_1472

こちらも伏見城内から移築した建物で戦災により焼失しましたが復元しました。

さてこの気になったモスクのような建物ですが。

 
 Img_1474

 
 Img_1476 Img_1477 Img_1479

地元の結婚式場でした。どおりで地元のガイドにも載っていないわけだ。

でもこんなところで式を挙げられる福山市民がちょっとうらやましい。

さて私は。というと次の目的地(時間がないんです!)にむけて大急ぎで歩いています。

 Dsc08258_800x600 

ちょっとした風情のある橋をわたると・・・・

 
 Img_1482 Img_1483

人の気配に気づいたガチョウが集まってきました。

何も上げないよっ。

急いでいる理由。それは前から行ってみたかった自動車博物館の閉館時間が迫っていること。それとまだ空は明るいのですが天気が急激に悪くなること。ガチョウにかまってなどいられないわけです。









































































« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ