最近のトラックバック

« おおみや鉄道ふれあいフェア2013レポート その2 | トップページ | 埼京線と川越車両センター »

神奈川臨海鉄道創立50周年イベントレポート

5月26日横浜本牧駅にて神奈川臨海鉄道の50周年イベントがおこなわれました。

神奈川臨海鉄道は川崎と横浜にそれぞれ貨物路線をもつ鉄道です。50周年といっているくらいですから1963年に開業しました。

 Dsc09468 Dsc09466 昭和39年3月の塩浜操駅の出発式(会場パネルより)

 Dsc09464 昭和54年10月 水江線で石灰石の輸送が開始
 Dsc09462 昭和63年3月 石灰石輸送の最終列車

根岸駅。あまり詳しくはないのですが神奈川臨海鉄道の公開イベントはおそらく珍しいことや以前ブラタモリで紹介されたC56が展示があることから相当な混雑を覚悟していたのですが、シャトルバスが次々ときて会場も、子供用の撮影会場や導線もしっかりしていてイベント慣れしている印象すら受けました。

 Img_4287


C56の撮影会場も15分タームで回していましたが大きな混乱もなく15分以上待たされることもなく一部の会場でみられるような殺伐としたものはありませんでした。

 Img_4288 Img_4292

C56139号機は昭和13年に製造され全国各地を走った後、昭和29年に横浜にきました。昭和40年まで活躍し、引退後は国鉄中央鉄道学園で保管されていましたが、その学校も廃校になり神奈川臨海鉄道に引き取られました。

以来何回人の目にでたのかはわかりませんが保存団体によって大切に扱われていたこともあってピカピカでした。

 
 Img_4294 Img_4303 Img_4309

C56のうしろには最近ほとんどみることがなくなった無蓋車-コンテナ車-特大貨物-車掌車というトリッキーな組み合わせ。

 Img_4311 Img_4315

 Img_4316 Img_4325 真ん中にはコンテナ車

 Img_4320 Img_4321 Img_4322

手前にはタンク車タキ1000のトップナンバーとナンバー2、さらにとても珍しいらしい銀タキ

牽引しているDLはDD5518

 Img_4327 Img_4331 Img_4332

 Img_4337 Img_4339 Img_4340

DD602

 
 Img_4341 Img_4344 Img_4351


並び

 Img_4350


なかなかこういう景色はみれない。

 Img_4353

そのほかにもトップリフターの実演、警察、消防車や起震車の体験展示などでにぎわっていました。

 Img_4359

そしてC56の展示運転。短い区間ですが何往復かしました。

 Img_4362 Img_4363 Img_4371

煙は演出ですかね?

 
 Img_4372 Img_4375 Img_4376

 Img_4379 Img_4380 Img_4393

 
 Img_4394 Img_4395 Img_4397

何度も往復してくれたので撮れ高十分。

根岸は駅の構内にはJXの緑のタンク車がずらりと並び、さらには横浜市電保存館もあります。
















 







































































« おおみや鉄道ふれあいフェア2013レポート その2 | トップページ | 埼京線と川越車両センター »

鉄道」カテゴリの記事

神奈川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川臨海鉄道創立50周年イベントレポート:

« おおみや鉄道ふれあいフェア2013レポート その2 | トップページ | 埼京線と川越車両センター »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ