最近のトラックバック

« 西日本縦断・鉄と城の旅・5日目⑤~岡山・香川鉄道コレクション② | トップページ | 復刻塗装「あおぞら」&「あおぞらⅡ」ラインナップ撮影ツアーレポート① »

お城めぐり~清州城


前回静岡市の駿府城に行き徳川家康公とご対面。大阪城も行っているし、ならば織田信長公にも会いにいかなければということで名古屋市のお隣、清須市に行ってまいりました。

1405年、尾張国の守護職であった斯波義重が、守護所であった下津城(稲沢市)の別郭として建てられたのが清須城の始まりといわれています。

下津城が焼失し、守護所が清須に移転し清須が尾張国の中心地となります。さらに1555年に織田信長が入城、ここから天下統一への第一歩を踏み出しました。

1610年徳川家康は、清須城廃城と名古屋城築城を命じ、町の建物、町の機能全てが名古屋へ移り、清須城とともにその城下町は歴史から姿を消し去りました。

現在の天守は1989年に完成した模擬天守で、当時を創造して作られています。

名鉄新清須駅から五条川沿いを歩くと新幹線の線路越しにすぐ見えてきます。

 Img_4411


清州城に行く前に清須公園に寄ってみます。

 Img_4414 織田信長像です。

 
 Img_4415 信長をみつめる濃姫です。

 
 Img_4416 こういう位置関係

 
 Img_4418 

城を分断する形で東海道新幹線、東海道本線が走り抜けます。このかたちは三原城もそうだった。

 
 Img_4422_2 Img_4426 Img_4427

五条川にかかる赤い橋が印象的な清州城。

 Img_4434 N700Aが通過!そのうち珍しくなくなるのだろうけど。

 Img_4437 Img_4439 ここは庭園込みで美しい城なんでしょう。

 Img_4440 Img_4441 特に歴史的価値はないので中には入りませんでした。

今考えれば清州城から名古屋城を眺めるくらいしても良かったかな。

 Img_4443 やっぱ庭園かな。

































 

« 西日本縦断・鉄と城の旅・5日目⑤~岡山・香川鉄道コレクション② | トップページ | 復刻塗装「あおぞら」&「あおぞらⅡ」ラインナップ撮影ツアーレポート① »

愛知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お城めぐり~清州城:

« 西日本縦断・鉄と城の旅・5日目⑤~岡山・香川鉄道コレクション② | トップページ | 復刻塗装「あおぞら」&「あおぞらⅡ」ラインナップ撮影ツアーレポート① »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ