最近のトラックバック

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

西日本縦断・鉄と城の旅・6日目~姫路モノレールスペシャル①

姫路市にやってきました。ようやく関西圏に入ってきました。長かった。

姫路といえば姫路城にはいかなければなりませんが、その前にもうひとつ気になるところがありまして、昭和41年の開業からわずか8年で姿を消し2009年の一般公開まで眠り続けていた姫路モノレールをまず見に行こうと山陽電車で手柄駅へ向かいます。

モノレールが展示されている手柄山交流ステーションまではモノレールの遺構に沿って歩いて行けるのですがまずは背景を学んでからということで駅から歩いて10分ほどで到着です。

 Dsc08677_800x600 

この交流ステーションは手柄山中央公園の中にあり、園内には水族館やちょっとした遊園地、植物園などがあるのですが、モノレール展示室はなんと無料です。

階段をあがって2階のホームに展示されています。

 Img_1835 Img_1834

まずは車内に入ってみましょう。

Dsc08680_800x600 Img_1837

まずは年季のはいった運転台。速度計が最高120㌔まであります。

姫路駅から姫路博会場であった手柄山までのわずか3駅1.8㌔でしたがもともとはもっと先の郊外まで走らせる構想があったようです。

Img_1838 Img_1839 Img_1840

シートはもちろん新しく張り替えています。ここでちょっと昔の写真を見てみましょう。

 Dsc08679_800x600 開業当初でしょうか多くの人で賑わっていたようです。

 
 Dsc08687_800x600 Dsc08703_800x600 Dsc08704_800x600

パネルから。3両編成だったのがわかります。さらに奥には蒸気機関車が。
また車内では当時撮影した前面展望などの映像が流され、当時とシンクロさせていました。

 Img_1841 Img_1842 Img_1844

ホームも当時の様子を極力忠実に再現し、広告や時刻表も昭和にタイムスリップした演出になっています。

 Img_1846 Img_1848 Img_1856 Img_1857

この看板の味のサロン御座候はネットで調べたら今も全国展開している菓子メーカーだったんですね。ひめじメガネセンターはもうないようです。

 Dsc08681_800x600 Dsc08682_800x600 Dsc08683_800x600 

もう1両は部品だけ保存されていました。

 Dsc08684_800x600 Dsc08685_800x600 コンプレッサーとATS(自動列車停止装置)

 Dsc08705_800x600 屋外には台車が展示してありました。3.7トンあります。

モノレール以外にもバスなど市内交通のあゆみも紹介しています。

 Img_1853 Img_1854

 Img_1855 姫路大博覧会のジオラマ。明るい未来を感じます。

 Img_1847 Img_1836 Img_1849

名残惜しいのでもう少し車両を撮影。

 Img_1851 Img_1852 Img_1858

とても1回では紹介しきれませんでした。次回はモノレール遺構編です。
























 















 




































復刻塗装「あおぞら」&「あおぞらⅡ」ラインナップ撮影ツアーレポート②

前回に引き続き近鉄あおぞらⅡラインナップ撮影会の報告です。

内覧会はなかったのですが名古屋から青山町の車両基地まではあおぞらⅡを使って往復しました。帰りは時間に余裕があったので(というより夜行バスで東京からきたので行きは爆睡してしまいました・・・)車内の様子を簡単に。

 Img_4641 名古屋側先頭が18400系。青山町駅にて。

 Img_4661 大阪側4両は15200系。

 Img_4655 なんか昭和を感じてしまった1枚。

 Img_4676 Img_4652 

 Img_4643 18400系の車内。

 Img_4646 Img_4648 連結部。

 Img_4673 15200系の車内。

 Img_4675 こういうタイプのドアも減ってきました。

 Img_4677 車いすを置くスペース。

 Img_4680 デッキの仕切り壁にもデザイン。

 Img_4683 Img_4681 車内にて。新しくなった中川短絡線。

 Img_4691 名古屋に着きました。ここでも撮影している人が多数。

あおぞらⅡを追いかけるようにしまかぜがやってきました。こちらの人気も相変わらずです。

 Img_4697 Img_4702

 Img_4704 Img_4705 Img_4706 展望車輛。

 Img_4708 しまかぜのロゴ。

 Img_4709 2,5号車はデザインが違う。

 Img_4710 3号車はグループ席

 Img_4712 Img_4713 Img_4714 4号車はカフェ車両。

久し振りにかっこいい!乗ってみたい車両が登場しましたね。JRの九州・西日本・東日本各社もクルージングトレインを発表するなど楽しみです。




































































復刻塗装「あおぞら」&「あおぞらⅡ」ラインナップ撮影ツアーレポート①

2013年7月7日近鉄の「あおぞら」号が復刻塗装され、そのお披露目もかねての「あおぞらⅡ」もラインナップ揃い踏みということで1か月前にツアーに申し込み、夜行バスで名古屋へ。

大阪から15200系6両、名古屋からは18400系+15200系6両それぞれ出発し、撮影会場である青山町車庫を目指します。

Img_4507 

自分が乗ったのは15200系、ただ心なしか18400系のほうが座席がよかったような気がする。

1時間半ほどで三重県の青山町車庫へ。

その間新しくなった中川短絡線や青山町駅の手前の撮影ポイントはカメラを待ち構えた多くの鉄道ファンがずらり。

駅を降りてから先発の大阪組と合流し4組に分かれて歩いて車庫まで移動します。

この日は35度を超す灼熱状態。近鉄の社員のかたもしきりに水分補給をこまめにとるように呼びかけていました。

Img_4514 18400系も切り離され並びます。

Img_4516 Img_4517 15200系サイドのアングルから。

 Img_4519 奥に主役がいます。

 
 Img_4520 奇跡の5ショット。

 Img_4521 Img_4525

 本日の主役でございます。

 
 Img_4528 Img_4533 カラーが変わるだけで印象も大きく変わります。

 Img_4688 もとの特急色 Dsc06897_800x600 12200系かぎろひ

 Img_4536 Img_4540 Img_4541 Img_4543

近くでみると国鉄の特急標準色ですね。

ただ上の3本の赤いラインがスピード感を強調しているようにも見えます。

Img_4544 当たり前だけどぴっかぴか。

 

Img_4546

Img_4551 こちらが我々が乗ってきた車両。

Img_4555 あおぞらⅡロゴ

Img_4558 Img_4560 Img_4562 Img_4563


Img_4565 

そういえば中学の修学旅行は京都・奈良で近鉄で移動したような気がする。普通の特急列車だったはず。

Img_4574 Img_4584 青空のもとあおぞら並ぶ。

Img_4575 Img_4578

このあと並び替えがありました。

 Img_4591 Img_4595 Img_4621


Img_4600 Img_4599Img_4606Img_4608

18400系をじっくり見れます。

Img_4623 Img_4624 Img_4635

撮影中を様々な車両が通り抜けます。結構迫力がありました。

 
 Img_4619 Img_4588 Img_4537 Img_4534

 
 Img_4610






















































































« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ