最近のトラックバック

« 和歌山県湯浅町②~伝統的建造物群保存地区をゆく | トップページ | ありがとう交通科学博物館① »

和歌山県湯浅町③~江戸時代から続いた銭湯・甚風呂

湯浅町のメインである北町通りから一本奥にはいったところに甚風呂という資料館があります。

 Img_9078 Img_9081 Img_9082

ここは江戸時代幕末から昭和60年まで営業していた銭湯で、経営者の住宅とともにそのまま保存、復元され資料館として残っています。

解説員のかたがとても親切で結構長い時間話を聞かせてもらいました。

甚風呂とは経営者の名前で正式には戎湯という名前がありますが地元の方が親しみを込めて甚風呂と呼んでいました。

 Img_9084   Img_9085

こちらは女湯で浴槽の縁は御影石で瀬戸内から取り寄せたそうです。ちなみに左側が立湯、右側が子供用です。下に穴があいていますが男湯とつながっていて子供たちがよく出入りしたそうです。大人が同じことをすると大変なことになります。

 Img_9086 今はなくなってしまいましたが地元の信用金庫の広告と営業のおしらせ

  Img_9088 明りとりの天窓

 Img_9089 Img_9090

ケロリンではありません。ちゃんと戎湯と刻印されています。

 Img_9091 Img_9092

こちらは男湯。映画のポスターがありますがもともと脱衣所に貼ってあったものです。当時湯浅には映画館が2つありました。

 Img_9093 Img_9094 モダンなタイル貼り

 Img_9095 Img_9119  Img_9118 番台からの景色

世の男性の憧れの番台です。 当時はちゃんと仕切りがありました。

 Img_9096 マッサージチェアが古い。

裏の焚口も見せてもらえます。こんなものもありました。

 Img_9098

 Img_9102

銭湯とは関係ありませんがここは湯浅の民族資料館の役割も果たしているのでいろいろなものが展示してあります。これは医者の往診につかった籠。

 Img_9103  Img_9116

中庭の井戸。ちゃんと水が出ます。ちょっと隣だと海水が出るところもあるみたいですがここは真水です。

 Img_9104 Img_9105 トイレ。本当は手水(ちょうず)も再現したかったそうです

 Img_9106 蓄音機。針がなくて困っているそうです。音もよれよれでした。

 Img_9107

霧笛。 船のクラクションのようなものです。使わせてもらいましたが結構大きな音がします。モーターサイレンみたいで不気味な音です。

  Img_9108 昔のレジ        Img_9109 薬の看板

 Img_9111 ホーロー看板    

新しい発見もあって参考になりました。

 

« 和歌山県湯浅町②~伝統的建造物群保存地区をゆく | トップページ | ありがとう交通科学博物館① »

和歌山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山県湯浅町③~江戸時代から続いた銭湯・甚風呂:

« 和歌山県湯浅町②~伝統的建造物群保存地区をゆく | トップページ | ありがとう交通科学博物館① »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ