最近のトラックバック

« 変わりゆくまち、変わらないまち富山県高岡市~高岡城400年 | トップページ | 富山城と市内電車① »

変わりゆくまち、変わらないまち富山県高岡市~山町筋重要伝統的建造物群保存地区を歩く


高岡市の万葉線が走る表通りから一歩裏に入ると土蔵造りの家並みがみえてきます。

山町筋という前田利長が高岡に移ってから開けた城下町で、徐々に商業の町に変わっていきました。明治時代の大火がきっかけで土蔵造りの建物がつくられ今に至ります。

 

 Img_5356 旧室崎家住宅 高岡市土蔵造りのまち資料館として公開しています。

 Img_5354 小馬出町の街並み   Img_5357 森田商店

 Img_5359               Img_5355_3 向かい側は銅葺きの看板建築
 

 手前は井本商店。写っていませんが3階に櫓のようなものがありました。和歌山県湯浅町でも似た建物をみかけました。下調べもせず時間もかけず歩いたため、ポイントをおさえていない街歩きになってしまいました。反省・・・リベンジしたい。

 Img_5358 中央は呉服屋の牧野屋 2階の窓周りがおしゃれです。

 Img_5360 仏壇店も多くありました。 

 Img_5361 防災施設の隣の木造の建物は室崎琴月生誕の家。

室崎琴月は高岡出身の音楽家。

 Img_5362 Img_5363 黒漆喰で観音開きの土戸が特徴の鈴木家

 Img_5365 Img_5366 木舟町の街並み

 Img_5367 Img_5369 筏井家住宅 黒漆喰の土蔵やレンガの防火壁が特徴

 Img_5368 薬肆 くすりしと読みます。棚田保寿堂は創業200年の老舗です。

 Img_5370 塩崎商店は1900年建築、1935年改築した建物

惜しむらくはここでまっすぐいかず曲がってしまったこと。赤レンガつくりの富山銀行を見逃してしまいました。

 Img_5371 Img_5372 この看板に惹かれてしまったんです。とこなつ本舗

                      大野屋

 Img_5373 昭和な建物。    Img_5374 向かいは看板建築

 Img_5377 路面電車が似合う町。 Img_5432 駅前はどんどん変わる。

山町筋は変わることはないだろうが、駅前の開発にあわせてディスイズ昭和の街並みは失われてしまうと思います。よそ者のエゴですが戦後の一番日本が元気だったときに建てられた建物は今急速に建て替えがどこも進もうとしています。

もちろん歴史的な価値は全くありませんし、明治、大正の建物より古臭さを感じてしまい、どこか退廃的な印象さえ与えてしまうこの風景がたまらなく好きだったりします。

高岡駅を降りたときたまらなく懐かしさを感じた一方、まさに今なくなろうとしている景色を目の当たりにして寂しさも感じました。

間に合ってよかった。2013年夏の高岡でした。

 Img_5449

















 









































 Img_5355




« 変わりゆくまち、変わらないまち富山県高岡市~高岡城400年 | トップページ | 富山城と市内電車① »

富山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変わりゆくまち、変わらないまち富山県高岡市~高岡城400年 | トップページ | 富山城と市内電車① »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ