最近のトラックバック

« 富山城と市内電車① | トップページ | 西武レッドラッキートレインとレッドアロークラシックのご対面 »

城端線に乗ろう

高岡駅です。ここから南へ城端線に乗ります。

城端線は北陸新幹線開業時に接続する北陸本線が第3セクター化してしまうため氷見線とともに廃止されてしまうのではと噂されましたが、無事JRの路線として残ることになりました。

高岡色といわれるワインレッド地に白帯の気動車が入線していました。カラッカラッというアイドリングの音が旅情を掻き立てます。

 Img_5549

しばらく高岡市内の住宅地を走ります。高校生もいっぱい乗ってきて車内は賑やかです。

砺波平野を南下すると左側にこのあたりの特徴である散居村が見えてきます。

緑の海の中の小島のようです。

春にはチューリップが咲き誇ります。とてものどかな日本の原風景って感じです。

 Img_5552 Img_5553

家の周りを木が囲んでいます。冬は特に風が強く防風の役目を果たしています。

列車の心地よい揺れと風に眠気が容赦なく襲います。

 Img_5555 Img_5556 福野駅に到着しました。

ここで列車交換のためしばらく停車します。眠気覚ましも兼ねて降りてみました。

 
 Img_5559 やってきたのはひみぼうずくんのラッピング車両+たらこ色

 Img_5560 Img_5575


福光駅です。終点まであと少し。

 Img_5561 Img_5562 列車か思ってカメラを向けましたがこれは絵ですね。

 Img_5564 今は駐車場になっていましたが貨物取扱でもあったのでしょうか。

終着駅城端駅につきました。

 Img_5567 Img_5565 Img_5566 Img_5568

 Img_5569 

あの山の向こうには世界遺産の合掌造りで有名な五箇山や白川郷があります。また山の上から水田の水をはった季節の夕焼けは写真でしか見たことがありませんが、一度は見ておきたい光景です。

 Img_5571 印象に残る終着駅のひとつです。

 Img_5572 Img_5573 Img_5574 駅舎と構内。

 Img_5583 北陸新幹線とのクロス。ここを新幹線が走る日も近い。

 Img_5585 Img_5586 Img_5587 Img_5588

高岡駅構内には氷見線、城端線の車両が留置されています。

 Img_5455 Img_5458 忍者ハットリくんラッピング。

 Img_5457 Img_5468 たらこ色

 Img_5463 Img_5464 ひみぼうず

 
 Img_5460 Img_5466 高岡色

城端線の旅はこれで終了。




















































































 


« 富山城と市内電車① | トップページ | 西武レッドラッキートレインとレッドアロークラシックのご対面 »

富山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城端線に乗ろう:

« 富山城と市内電車① | トップページ | 西武レッドラッキートレインとレッドアロークラシックのご対面 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ