最近のトラックバック

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

道央鉄道たび 三笠鉄道村・クロフォード公園


三笠鉄道村は幌内ゾーンと三笠ゾーン(クロフォード公園)の2か所に分かれています。

まずは旧三笠駅のあとに作られたクロフォード公園。クロフォードとは北海道にアメリカの鉄道技術を伝えたアメリカ人「ジョセフ・ユリー・クロフォード」の名前からつけられました。

 

 Img_1301 このかわいい駅舎は幌内太駅を復元したもの。

 Dsc01087 こちらがクロフォード先生 Dsc01089_800x600_2 駅長さん

 Dsc01090_800x600 Dsc01092_800x600 Dsc01093_800x600 鉄道備品の数々

 Img_1306 Img_1309 Img_1312 Img_1315

跨線橋、角度によっては当時にタイムスリップできる。

 
 Img_1313 Img_1314

展示車両のひとつ、DD51 548

Img_1307_3 Img_1308Img_1311


Img_1318Img_1320Img_1316Img_1319

Img_1322Img_1327Img_1328 ホッパー車 ホキ2341

Img_1329Img_1331Img_1330 同じくホキ746 バラストを積みます。

Img_1332Img_1333Img_1336 車掌車ヨ8006

Img_1334Img_1335 これも雪国ならでは。

Img_1341_2 クロフォード公園の目玉。キハ80

Img_1342Img_1344Img_1345 顔つきがいい。

キハ80は国鉄時代、北海道を代表する気動車特急でした。

空の青さと芝の緑のなかに威厳あるこの車両がとても映えます。

そしてなにより他の鉄道博物館・資料館と違って魅力的なのがこの保存車両が先頭車両だけでなく編成で保存されていること。今にも走り出しそうです。

 

 Img_1347_2 栄光のJNRマーク   Img_1348 機械室

 Img_1349 台車はTR68A          Img_1350 普通車キハ80 150

 
 Img_1352Img_1354 Img_1356

特急おおとりなどは網走-函館間を10時間かけて走っていました。そのため食堂車がついていました。 キシ80 27

Img_1357Img_1358 グリーン車 キロ80 52

Img_1361Img_1365Img_1366 反対側先頭車 キハ82 87

Img_1368 裏側に回ると痛みが目立つ。

Img_1370Img_1371Img_1373Img_1375

Img_1376 6両は長い  Img_1378

それでは幌内ステージへバスで移動します。

















































































































































道央鉄道たび~三笠市をちょこっと歩いてみました。

Img_1554_4


岩見沢の駅に到着しました。岩見沢駅駅舎は2000年に火災焼失したこともあり、今はとてもきれいな駅舎になっています。

 Img_1551_2Img_1552

駅前はだいぶさっぱりとしています。

岩見沢駅の横のバスターミナルはどこか懐かしさを感じる佇まい。

 Img_1280Img_1281

ここから札幌や道央の各地へバスが出発します。

 Img_1282Img_1286

今回は北海道中央バスで三笠村を目指します。

 Img_1283 

 Img_1290 Img_1547 旧市街地を抜け。

 Img_1388 三笠市役所。

 Img_1384 市民会館の前で下車。市民会館は工事中。

 Img_1293 Img_1386

たまたまこの日は祭りの日だったらしく、屋台がいっぱい出ていました。次のバスまで1時間半。おかげで時間をつぶすことができました。

 Img_1392 ここは北海盆唄の発祥の地。

 
 Img_1387 Img_1391 メインストリート

 
 
 Img_1390 この数字の意味はわかりません。

 Img_1389_2 車で数分のところに結構大きなイオンSCもあります。

三笠市の印象は鉄道のなくなった街にしてはこざっぱりしている、特に中央公園から放射上に道が延びている光景はちょっと意外でした。炭鉱とともに栄枯盛衰も迎えてきたイメージがあったのでそのまま昭和の炭鉱町が残っているものと思っていたのですが。

 Img_1295Img_1296Img_1297 それでもカメラをむけたくなった建物はいくつかあります。

Img_1298 三笠はアンモナイト化石の町らしい。

そういえば民宿アンモナイトってあった。

Img_1299 北海道のなつの空と爽やかな風。

Img_1300 台風が過ぎたばかりで川は濁っていました。

この川の向こうに三笠鉄道村クロフォード公園があるのですが、追って紹介します。

Img_1380Img_1381

三笠の歓楽街。道が広いからか、空が広いからか場末感があまりしない。

Img_1393Img_1400

ここから再びバスに乗ります。三笠市営バスは小型のマイクロバス。

三笠鉄道村幌内ゾーンへ。

Img_1396Img_1397

Img_1398Img_1399

改良住宅。炭鉱町にきたなあと実感します。時間があれば立坑櫓とか炭鉱の産業遺産を見たかったが、今回は鉄道がメイン。次くるときのテーマはもう決まっています。

次回は三笠鉄道村に寄っていきます。


















































 

































 

 







ノースレインボーエクスプレスに乗って

札幌9時5分発フラノラベンダーエクスプレス3号はキハ183系ノースレインボーエクスプレスを使用した車両でした。

 Img_1250Img_1248

 Img_1249 Img_1257

実はこのとき乗務員室のドアが閉まらなくなり、針金でとめるなど応急措置をしましたが20分以上の遅れがでました。JR北海道なので別に驚きません。後続の711系も当然出発できません。

 Img_1246 Img_1247 Img_1265 5両編成は5色の編成

 Img_1241 Img_1242 Img_1243 車内はハイデッカーで窓も大きいため         

                                見晴らしがよい。

 Img_1253 Img_1259 天窓に前面展望のモニターつき

 Img_1262 旧幌内川。前日までの台風の影響で濁っています。

 Img_1264 ちょっとだけ北海道ぽい風景。

 Img_1557 Img_1278 岩見沢駅。ばんえい競馬の像があります。

 Img_1266 ちょっとこわい自販機。

 Img_1555 Img_1558 ホームからも見える岩見沢レールセンター

                      旧北海道炭礦汽船鉄道株式会社岩見沢工場で明治 

                      中期の文化財です。

次回は三笠市へむかいます。



















 































北海道で出会った車両コレクション②


引き続き2014年8月14・15日に札幌駅で出会った車両です。

 Img_1582 785系NE2編成

 
 Img_1585 Img_1583 Img_1586 同じくNE4編成は特急すずらん6号

 Img_1587 721系F11編成

 Img_1589 789系スーパーカムイ27号はHL1001編成

翌15日。朝から札幌は見どころの多い車両がいっぱい。

 Img_1673 キハ183系旭山動物園号。 Img_1674

2013年夏に装いも新たになり1年が経ちました。車内はこどもたちが喜びそうな内装が施されているのですが、もう出発直前。夏休みということもあり車内は混雑。断念しました。車両ごとにデザインが違います。

 Img_1676 キハ183系1550番台。特急北斗6号 

写真の下の数字にもありますが130㌔でます。前回函館から乗った北斗は120㌔でした。

 Img_1150

本来、これに乗って函館に行ってもよかったのですが、行きと同じ車両に乗っても・・というところともう少し札幌で粘りたかったため、あと2時間待つことにしました。

 Img_1677 711系F4編成

 
 
 Img_1678_2 Img_1680 Img_1683 Img_1684

 キハ283系 特急スーパーおおぞら3号 釧路行です。

そしてホームの先端に人が集まりだしてきました。北海道新幹線開業により北海道の長距離の運用体系も大きく変わります。もともと人気がある車両ですがより注目が集まっています。

 Img_1688 Img_1690 Img_1692 Img_1695

 Img_1698 Img_1700 9時51分 カシオペア札幌到着です。

 Img_1707 Img_1697 キハ261系スーパーとかち

 Img_1701 Img_1704 キハ183系特急オホーツク3号

 Img_1709 731系G107編成

 
 Img_1711 789系エアポート100号

 
 Img_1713 Img_1714 Img_1715Img_1718


Img_1719Img_1720Img_1724Img_1725

大阪から特急トワイライトエクスプレス入線です。時刻は10時15分、向かい側にはこれから乗る特急スーパー北斗がホームに入ってきています。お盆とあり長蛇の列。来年廃止が決まっているトワイライトをもっと見ておきたかったのと、あと1時間後にはいってくる特急北斗星もみたかったのですが、これに乗らないと青森からのあけぼのに間に合いません。ここで別れを告げます。さらに朝8時から駅にいたのにスーパー北斗、洞爺まで座れませんでした。あはは・・

おまけにスーパー白鳥への乗り継ぎ時間の関係で乗ってきたキハ281系もカメラに収めることはできませんでした。なくなるかもしれないというのにもったいないことをした。


























 




















 





















 


 


 









« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ