最近のトラックバック

« 道央鉄道たび~三笠市をちょこっと歩いてみました。 | トップページ | 道央鉄道たび 三笠鉄道村幌内ゾーン①SL動態保存車両 »

道央鉄道たび 三笠鉄道村・クロフォード公園


三笠鉄道村は幌内ゾーンと三笠ゾーン(クロフォード公園)の2か所に分かれています。

まずは旧三笠駅のあとに作られたクロフォード公園。クロフォードとは北海道にアメリカの鉄道技術を伝えたアメリカ人「ジョセフ・ユリー・クロフォード」の名前からつけられました。

 

 Img_1301 このかわいい駅舎は幌内太駅を復元したもの。

 Dsc01087 こちらがクロフォード先生 Dsc01089_800x600_2 駅長さん

 Dsc01090_800x600 Dsc01092_800x600 Dsc01093_800x600 鉄道備品の数々

 Img_1306 Img_1309 Img_1312 Img_1315

跨線橋、角度によっては当時にタイムスリップできる。

 
 Img_1313 Img_1314

展示車両のひとつ、DD51 548

Img_1307_3 Img_1308Img_1311


Img_1318Img_1320Img_1316Img_1319

Img_1322Img_1327Img_1328 ホッパー車 ホキ2341

Img_1329Img_1331Img_1330 同じくホキ746 バラストを積みます。

Img_1332Img_1333Img_1336 車掌車ヨ8006

Img_1334Img_1335 これも雪国ならでは。

Img_1341_2 クロフォード公園の目玉。キハ80

Img_1342Img_1344Img_1345 顔つきがいい。

キハ80は国鉄時代、北海道を代表する気動車特急でした。

空の青さと芝の緑のなかに威厳あるこの車両がとても映えます。

そしてなにより他の鉄道博物館・資料館と違って魅力的なのがこの保存車両が先頭車両だけでなく編成で保存されていること。今にも走り出しそうです。

 

 Img_1347_2 栄光のJNRマーク   Img_1348 機械室

 Img_1349 台車はTR68A          Img_1350 普通車キハ80 150

 
 Img_1352Img_1354 Img_1356

特急おおとりなどは網走-函館間を10時間かけて走っていました。そのため食堂車がついていました。 キシ80 27

Img_1357Img_1358 グリーン車 キロ80 52

Img_1361Img_1365Img_1366 反対側先頭車 キハ82 87

Img_1368 裏側に回ると痛みが目立つ。

Img_1370Img_1371Img_1373Img_1375

Img_1376 6両は長い  Img_1378

それでは幌内ステージへバスで移動します。

















































































































































« 道央鉄道たび~三笠市をちょこっと歩いてみました。 | トップページ | 道央鉄道たび 三笠鉄道村幌内ゾーン①SL動態保存車両 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道央鉄道たび 三笠鉄道村・クロフォード公園:

« 道央鉄道たび~三笠市をちょこっと歩いてみました。 | トップページ | 道央鉄道たび 三笠鉄道村幌内ゾーン①SL動態保存車両 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ