最近のトラックバック

福島

春の福島を1日でまわる 桜と滝のたび

4年前に仙台に住んでからこれくらいの季節になると無性にどこでもいいから東北地方の車で走りたくなります。

昨年も一昨年も石巻や仙台にいっているのですがボランティアだったので、休日でまわるのは久しぶりです。

というわけで急に思い立って福島へいってきました。といっても会津やいわき、福島市や郡山は何度もいっているので行ったことがないところもしくは通っただけのところを行ってみようと、新幹線で郡山へ。

そこから郡山市の南隣の平田町へ。

何が有名なのか予備知識が全くないままネットで調べてみると芝桜が見ごろとのこと。いくらGW中でもそこまで混んでないだろうと思っていたら、大渋滞・・・・

何年か前のGW中にいった大内宿を思い出しました。

20~30分ほど車の長い列に並んでようやく芝桜をみてきました。

 Img_3767 Img_3770 Img_3774


エリアごとにきれいに色分けされありふれた表現になりますが桜の絨毯が

敷き詰められていました。

 
 Img_3775_800x533 Img_3786_800x533 Img_3787_800x533

人が多すぎるのとお祭りの屋台がでていて賑やかでした。(個人的にはあまり好きではありませんが)。ただこの季節独特の心地よいひんやりとした風は以前と変わっていなく、懐かしさを覚えます。

 Img_3776 

ここは小高い丘になっていて方角的には三春や小野のほうでしょうか。山々が見渡せます。

 Img_3789 こういう催事には必ずゆるキャラがいます。

もっと人が少ないところで桜が見たい。というわけでもう少し南下して隣町の古殿町へ。

個人的に東北地方の桜の魅力に一時期はまってしまってあちこち見て回った時期がありました。うまく表現できませんが東京の桜とは違う、そして見る側もちゃんと桜を鑑賞しているというか愛でるというか。一般的にいう飲んで騒ぐお花見とは違い、そういった風情もろもろ好きになってしまいました。

 Dsc01192 こちらは宮城県の一目千本桜。

 Dsc01324 Dsc01320  秋田県は角館の桜


 Dsc01455 Dsc01463 青森県弘前城の桜

 Dsc01234 Dsc01241 そして福島県三春町の滝桜

古殿町の山の中にある越代の桜は樹齢400年のヤマザクラで福島県内あちらこちらで咲き誇った桜の大トリをつとめます。

 
 

 Img_3799_800x533 Img_3790 Img_3793

たった1本の桜の木なのに何百本もある桜とヒケをとらない存在感にはほれぼれします。

個人的には弘前の桜にも負けていない。そして美しい東北の空が桜を引き立てます。

古殿町は御斉所街道の宿場町として発展してきた町です。古い建物も点在しています。

 Img_3803 Img_3804 Img_3802

さらに南下し鮫川村へ。途中強滝という滝がありました。ほかにも見所がある滝はいくつかあるみたいですが通り道ということでここを選びました。

 
 Img_3807 Img_3806 Img_3813_800x533

浅川町、そして温泉に入りたいのを我慢した石川町をへて玉川町へ。

ここには福島空港のほかに阿武隈川沿いに乙字ヶ滝という名所があります。

 
 Img_3815 Img_3816 Img_3817

ここまで来ると陽が傾き肌寒くなってきますが、マイナスイオンを少しだけ浴びて須賀川を経て郡山へ。小さな村や町でも1か所は必ず感動できる再発見でした。































































 

会津若松 日新館を訪れる

  ちょっと前の話です。会津若松にある日新館に行ってきました。日新館とはいわゆる昔の学校のようなもので礼法や書学、武術を学ぶところです。

この日は会津若松からスタート。まずは腹ごしらえということで国道49号沿いのラーメン屋へ。

Dsc00796ここは高台にあって、見晴らしが良い場所で180度ガラス越しに会津若松市内や奥只見の山々を見渡せながらラーメンをすすれます。

夜景もきれいそうですが、手前はたんぼなので暗闇に会津の夜景が浮かび上がる感じになるんですかね。光の数は少ないと思うけど。(今の会津若松市はいろいろ過敏になっているので前言撤回

49号沿いに走ると看板が見えてきます。ちょっと坂をあがると日新館に着きます。

Dsc00800 Dsc00802

  

狛犬に迎えられ門をくぐり、入館料を払います。

 

Dsc00805

 

よろしく。最後まで目をあわせてくれませんでした。

  

Dsc00808 Dsc00809

まずは東塾から入ります。中は人形をつかって当時の再現をしています。他にも休み時間の風景や様々な学習の光景が部屋ごとに再現されています。

 

そして次の部屋へ扉を開けてみると。

Dsc00813

書物をしている方が。最初他と同じく人形だと思い込んでいたので

死ぬほどびびりました。なんちゅうアトラクションじゃ。ほんと、すいません。

 

Dsc00804  門から正面の建物、大成殿にはいります。

 ここは一変して中国の影響を受けたものが多く展示されています。

 孔子を祀っている建物です。また様々な楽器も展示していました。

Dsc00818 Dsc00820

  馨(けい)という楽器です。

  

     

  

  資料館、西塾とまわって外へでます。

Dsc00823

外には池がありました。と思ったらここは水練場、いわゆるプールです。

  

 

Dsc00827 Dsc00828

 

でも建物の中からみるとちょっとした庭園。心地よい風が吹き抜けます。

 

ずっとここに居たい・・・・

 

Dsc00834 外には天文台跡があります。ここから日新館全体が見渡せます。よくガイドにのっている構図です。

 天気がよければ磐梯山がきれいに見えます。

風にのって木がざわめきます。空を見上げると雲の流れが早く、あっという間に磐梯山を隠してしまいました。風も時間を経つことにその音が変わってきます。

自然を体で感じる感覚。久しぶりに感じた体感でした。

見て学ぶだけでなく、弓道や引き馬など体験コーナーも多くあります。

今度の休みに一度訪れてみてはいかがでしょうか。お勧めですよ。

ホームページリンクしておきます。

さてさて実はいつもは会津若松へ行くときは磐越道を使います。右に磐梯山、左に猪苗代湖と車窓がとても綺麗なところなのですがずっと気になっていたものがありました。

Dsc00842 それがこちらの観音様です。もともとはこっちが気になって下道を走ったのですが、テーマパークぽいし、なんか人工的な臭いを感じてしまったので断念。

ある意味すっきりしました。

桜スペシャル① 三春滝桜

桜の名所というと何千本、何万本の桜がいっぱい咲き乱れているところも多いですが、これから紹介する桜はたった1本です。でも毎年何十万人という人を魅了し続けています。

滝桜は、以前北上市の展勝地を取り上げたときに東北3大桜(北上、弘前、角館)を紹介しましたが、ここは日本3大桜(岐阜県の淡墨桜、山梨県の神代桜)のひとつです。

郡山をでて三春へ向けて走ります。通りの至る所に滝桜の看板がでているので迷うことはありません。他にも地蔵桜などいろいろな桜の名所があるようで、看板は乱立しています。

Dsc01214  実際に行程中こういった桜並木や見事な桜の木がいっぱいありました。

ところでこの写真には映っていませんが、この桜並木の向こう側に鯉のぼりが泳いでいました。東京にずっといたので、桜というとイコール入学式のイメージが強くて、5月の足音がもう迫っていることに時の速さと自分の中の感覚のズレを感じてしまいます。

滝桜まではあと少し。でもちょっと寄り道をしてみましょう。

Dsc01223 Dsc01219

三春ダムです。ここのダム湖は別名さくら湖といいます。もちろん滝桜が近くにあるから名づけられました。さらによくみると壁が石垣のようになっています。

三春町は城下町としても知られ、それが故にこのような壁にしたそうです。

Dsc01224 桜ごしにダムを望む。

 といっても数本ある程度です。

もったいぶらせました。ようやく滝桜到着です。

ちょうど満開が近いということもあり、駐車場はいっぱい。しかも500円とっています。

とにかく観光地だけあって、団体客含め人が多い!ただ他と違うのはレジャーシートをひろげてお酒をのんでいる輩がいないことです。どちらかというと芸術品を見る、人も流れるように入れ替わり立ち代わり写真をとるといった感じです。

Dsc01251 Dsc01250

入り口では滝桜の保護、保存のため協力金をお願いしていました。ここで200円を払うとシールをもらえます。そのシールは地元の旅館の入浴料や資料館の割引券になります。

任意ではありますが桜をお金を払ってみるかどうかは別にして、この桜を見たあと200円は決して高くないと思ってしまいます。保存に使われるのであれば。しかも割引券は見事に地元に還元されていますな。

さあもうあとは言葉や説明は必要ないでしょう。360度滝桜をご堪能ください。

Dsc01234 Dsc01231 Dsc01227

 

 Dsc01240 Dsc01244 Dsc01247

福島の桜

東北道を南下して福島に向かいます。

この時期の東北道福島県から宮城県南部にかけては高速沿いの至るところで桜が咲き誇っていました。場所によっては桜吹雪というより、路面に落ちた桜が車によって巻き上げられるところもあり、なかなかのものです。

でも見とれて事故など起こさないように。  ところが、です。このところの雨で花散らしになっている可能性があります。う~ん、もう少し堪能させてほしかった。

もちろん、走行中は危なくて写真などとれるはずもないので国見SAで少しだけ見えた桜をパチリ。Dsc01199

  このへんは国見という地名のとおりもう少し右側には市街地が見渡せるちょっとした見晴らしの良いところです。

      

福島飯坂ICを降り福島市内に向かう途中、摺上川の土手にも桜が咲いていました。

Dsc01208

Dsc01209

と、そこへ新幹線が。(ちょっとわかりにくいなあ・・)

 新幹線から見渡す桜はあっという間ですが、ここは福島駅をでてすぐのところ下りは加速しだすところなので少しだけ堪能できるかも。

次回は三春町へ向かいます。

郡山駅前をちょこっと歩く

郡山市は東北では2番目に大きい都市です。つまり福島よりも大きい。バイパスやら国道が広い市内をかけめぐり、それぞれロードサイドに発展している。何度もくるわけではないので車で走っていると似たような光景に一瞬どの辺を走ってるのかわからなくなる。

いまだに把握しきれていないのが郡山市なんです。なのでたまに迷う・・ということで無難に駅前を歩きます。時期的には開成山公園の桜が旬なんですが、相変わらず更新の遅れを取り戻せず、まだ開花もしていない時期の郡山市を歩きます。

Dsc00774 郡山駅です。典型的な新幹線の駅といった感じです。

駅をでてまず衝撃的だったのがこの白いビル。ここには丸井があったのですが、閉店していました。

Dsc00772

東京から仙台にきたとき、丸井がなかったことに当時衝撃を受けました。(というよりやっぱりな・・といった感じだったかもしれない)それが郡山にあると知って、なんで仙台にないの!って思ったものでした。

これで東北からは完全撤退ですかね・・

気を取り直してアーケードを歩く。基本的に休日以外街歩きは朝が多いのでどうしても開店前の写真が多くなってしまうがここはそんなの関係ない。

郊外が発展している故に駅前が寂れるのは地方都市ではよくあること。ただここは東北第2の都市。人はいるのです。だからかどうかわかりませんがアーケードの中に堂々と風俗店が普通の商店と並んで入っているというちょっと変わった光景になっています。

アーケードを進むうちに、ある番組でとりあげられていた「トイレザラス」まではいかないが、似たようなものが。

Dsc00778

ここは突っ込まず、スルーします。

     

                                                                                          

Dsc00779途中で曲がってみます。ここにも元百貨店のあとが・・・連絡通路に落書きが見えるのですがこれどうやって描いたんだろう?立ち入り禁止だし、乗り出して描いたにしては頑張ったほうではないでしょうか。って落書きはいけません。

Dsc00781 最近大型店跡ってこういう使われ方多いですよね。チャレンジショップみたいなものも含めて。地方ではなかなか後釜が埋まらないんです。郡山の駅前クラスでこの厳しい現実を垣間見た気がします。ただ郊外はどんどん発展し続けています。でもなんか個性がないんですよね。東北のバイパス沿いを走っても東北にいる感じがしないんです。同じような店が集積地で集まっているんで。地元は大歓迎でしょうけどね。だから駅前に惹かれるのかもしれません。

Dsc00780 恒例の街灯シリーズ。郡山大町編。

 カンガルーのようです。

福島交通に乗って飯坂温泉に行こう

福島出張などで2時間時間に余裕があったら是非立ち寄ってください。福島飯坂温泉です。

Dsc00694 Dsc00695 Dsc00714_2

JR福島駅の端のほうにのりばがあります。いかにも私鉄っぽい入り口です。

ここも東急の車両です。ただシートは綺麗でした。車内は通学客と地元の客でシートはすべて埋まりました。20分ほどで終着飯坂温泉に着きます。

Dsc00697 Dsc00700 Dsc00699

川沿いに旅館、ホテルが並ぶ光景はいかにも温泉街といった風情です。ただ温泉街独特の硫黄臭がしません。この臭いが苦手な人にはいいところかも。

駅を出てすぐ、薬屋さんの向かいに案内所があるので立ち寄ってみましょう。

共同湯は全部で9つ。200円です。ただロッカーのないところもあるので旅館を紹介してもらいました。自分の入ったところはさらっとした湯質。温度は適温でしたが・・・温泉の報告は他のHPでも多く紹介されているので割愛します。

温泉に入る前にまずは街歩きです。今回はパンフレットもあり日も暮れかけているのでコンパクトなコースにしました。

Carrttpp Dsc00701

  駅前から伸びる坂道を上がります。この道はきれいに整備されていました。結構住宅兼商店といった感じの並びが続きます。しばらくいくと足湯がありました。ここは無料のようです。その隣りに共同浴場の鯖湖湯。綺麗な建物です。

裏側に給水等?がありました。

Dsc00705

 ここを右に曲がると川が見えてきます。駅前を流れる摺上川です。

新十綱橋という橋がありました。欄干はさっき見たものと同じものが。        

Dsc00710

  

                                                                                                      

  

川を渡り反対側にでるとオート三輪が止まっていました。なんとタイで使っている「TUKU TUKU」というものでレンタルできるそうです。詳しくは摺上観光さん024-Dsc00712_2542-0052まで。タイにいくことはおそらくないので、一回は乗ってみたいですね。でも普通のレンタカーの倍緊張しそう。

 

最後に恒例のこの町の街灯です。とつな通りで撮ったものです

Dsc00711

3月のいわきをちょこっと歩く

今回はいわき市です。

とても大きい町でいろいろな顔をもっています。

いわきといえばハワイアンズ(昔の常磐ハワイアンセンターですよ)、最近はフラガールのイメージが強いかと思います。

湯本インターを降りるとここは宮崎かと思わせる景色が拡がります。でも寒い。

今回は観光地には目もくれずいわき駅周辺を歩きます。

いわきに何年もきていない人は少し驚くかもしれません。駅前は変わろうとしています。

Dsc00312

いわき駅ビルは再開発に伴い解体作業中です。それにかわって・・・

   

  

Dsc00311

LATOVという再開発ビルが向かい側にこの冬オープンしました。

ショッピングフロアと行政フロアが一緒になっています。2ヶ月近くたちますが開店前には少し列ができていました。さらにペディストリアンデッキも建設中。

  

Dsc00314

いわき駅前の外套です。これから少しずつ外套の写真もいれていこうかと思います。   

     

    

Dsc00316_2

駅前は変わりつつありますが、駅から向かって右側のエリアはまだ昭和の面影を残す

ものがいっぱいあります。そこはまた次回紹介できればと思います。

3月の会津若松をちょこっと歩く②

城から会津若松駅方向に歩きます。

Dsc00292

会津酒造歴史館です。会津は蔵も多いんです。

城の周りは市や県の建物が多いのですが、これがまた古いものが多く

昭和の匂いを感じます。また学校、学校跡が多い!

Dsc00300

なんとか文化管理センター?使っているのかな。もうこの建物自体が

遺産になりつつあります。

さらにまっすぐいくとちょっとした歓楽街がでてきます。

この辺の街灯です。

Dsc00295

廃墟発見!

Dsc00296

3月の会津若松をちょこっと歩く①

一気に南下して会津若松を歩きます。

今回もわかりやすいところで鶴ヶ城周辺を歩きます。

夜の会津若松駅、会津のシンボル鶴ヶ城を模したつくりなのでしょうか。

Dsc00284

駅前には白虎隊の像やらSLの車輪などモニュメントが多いです。

   

駅からは結構離れていますがお城に行きましょう。

Dsc00288_2

この日は雲ひとつない快晴。青空に白の城壁がマッチします。  

        

     

Dsc00289

 どの角度が一番美しいのでしょうか。

 

  

Dsc00287

 ダイヤモンド富士みたいなショット。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ