最近のトラックバック

岩手

北上展勝地をちょこっと歩く

みちのく三大桜の名所というのがあります。

ひとつは弘前、もうひとつは角館、そして北上だそうです。

ここは北上川沿い2キロに渡って1万本の桜が見渡せます。とはいえ訪れたのは満開まではもう少し先、つぼみが少し大きくなったくらいの時期です。なので写真から想像力を膨らませてください。

新幹線からも見渡せますので盛岡方面に乗られる方は右側に座るのがおすすめですよ。また北上駅のすぐ裏手にあるのですが、展勝地自体は対岸にあるため、橋を迂回しなければなりません。徒歩は結構距離があるのでシャトルバスか渡し舟がおすすめです。

レストハウス駐車場から土手をあがるとまず目に入るのが「北上夜曲の碑」。昭和30年に歌われたとのことで、歌碑は作曲者の直筆によるものです。

Dsc01014

 あらためて入り口へ。右にSLとラッセル車が展示してありました。北上線で活躍していた車輌のようです。中には入れませんでした。

   

Dsc01022Dsc01016

ではまだ桜咲き誇る前の桜並木を歩いてみましょう。

ここは桜だけでなくツツジやコスモスなど年間通して楽しめることや桜並木の隣りは雄大な北上川、和賀川。そして雪がまだ残る北上山地と風光明媚なところです。

Dsc01018

こんな風景が2キロに渡りずっと続きます。想像力豊かな方はこの写真に花を咲かせてください。豊かじゃない方はこれから見ごろのシーズン(4月中旬以降)なので実際行かれるのがベストですが、遠い!って人が大半なのでリンクを貼っておきます。満開!

Dsc01024

この近辺にはサトウハチロー記念館や、みちのく民俗村といったスポットもありますので寄ってみてはいかがでしょうか。

ここは間違いなくはまるスポットなんだけど、時間がない!機会があればいってみます。

Dsc01027 Dsc01029

さあ、東北は福島、宮城は今が見ごろ。青森は5月までずっと桜が楽しめます。(今年は暖かいからもう少し早いかも) ようやくモノトーンな景色から少しづつ色が着き始めました。東京に居た頃はあまり意識したことはありませんでしたが、今年は自然の伊吹を思いっきり感じたいと思います。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ