最近のトラックバック

東京散歩

豊田車両センターと新選組のふるさと日野をあるく②

豊田車両センターは東京都日野市にあります。

わずか1時間ほどで出てしまったので日野市内を歩いてみることにしました。

ただ日野市といわれても日野自動車くらいしかイメージが湧きません。実際あとで調べてみたところ確かに日野自動車の企業城下町ではあるものの、日野工場は移転してしまったようです。またいつかは行ってみたいと思っていた日野自動車の企業博物館も八王子市にあるとのこと。

ちなみに日野自動車はトヨタ自動車の子会社。豊田という地名は偶然なのでしょうか。

とりあえず歩いてみないことにはわからないと思い隣の日野駅へ。

駅をでるとすぐに、散策案内の看板やJR東日本がすすめている「えきぽ」(携帯の位置情報を使ったウォークラリーでスタンプ画像を集めるもの)の日野のコースを参考にあるいてみることにしました。

JRの駅員さんによると人気のある「駅からハイキング」より、行きたいときに手軽に行けるので最近人気なんですよとのこと。

 Dsc07483_800x600 JR日野駅

駅前の道沿いを歩いて数分で八坂神社へ。八坂神社といえば京都だがこちらの八坂神社の由緒、創立年代は不詳とされている。

本殿は残念ながら現在改修中。

 Dsc07484_800x600

この街を歩いて好印象だったのが、昔の写真をパネルにしていたる所に掲載しているところ。昔の建造物など説明看板は必ずあるが、古い写真を載せることで周りの景色がいかに変わったか、その中でその建物が変わらず残っていることを写真と見比べることで、その対象の価値観や見方が変わってくる。非常にいい試みだと思う。

 Dsc07486_800x600 Dsc07487_800x600 

渡邉家の蔵 同じ構図にすればよかったが道路渡るのが面倒だった。

 Dsc07489_800x600_3 Dsc07488_800x600

なんてことのない公園も昭和4年に尋常小学校がこの場所にありましたと写真を載せられると、ちょっと興味が湧いてくる。

 Dsc07491_800x600 現在の図書館があったところには、日野宿の問屋場と高札場があった。

その向かい側には日野宿本陣

 Dsc07493_800x600 Dsc07494_800x600


ここ日野は甲州街道の宿場町として栄え、現在本陣として建物が残っているのは相模湖町の小原宿、大月市の下花宿とここの3か所だけである。

また新選組の土方歳三が日野市の出身で、日野市は新選組の故郷の町ということでも売り出している。

この日野宿の経営をしていた佐藤彦五郎は子供の頃、近藤周助の門に入り剣術を習った。そこで養子である近藤勇と弟弟子の関係になり、また彦五郎の妻は土方家の四女、歳三はその弟の間柄で新選組結成以前から深い親交があったことから始まる。

 Dsc07495_800x600 

玄関の間。普段はここの扉は閉まっており、殿様以外はここからあがってこれない。手前に引き戸があるが、どうしてもここから外が見たいという人のために隙間から覗けるようになっている。垣間見るの語源はここからきているそうだ。

 Dsc07499_800x600 Dsc07498_800x600

欄間も透かし彫り。ここではわざわざ説明の時にライトを照らして説明してくれる。

 Dsc07502_800x600

釘隠しにも凝っている。上の写真と部屋が違うのだが、ここは私事にも使われる部屋ということでうさぎの釘隠しが使われている。うさぎのようにたくさん子供を産んでほしいという意味合いがあるそうだ。

 
 Dsc07500_800x600

廊下などの板は極力大事に使っていた。穴隠しの際、庭にある瓢箪型の池と同じ形の穴隠しにするセンスはお見事。

 

 Dsc07501_800x600 Dsc07505_800x600 Dsc07507_800x600


中庭と広間、裏からみた本陣の建物。新選組の法被は子供は着れるぞ。

日野宿本陣

開館時間
9:30~17:00 (入館は16:30まで)
休館日
毎週月曜日

入館料
大人200円、小人50円

本陣の裏手には日野用水が流れている。現在は整備されているがここも昭和初期の頃と見比べられる。

 Dsc07508_800x600 Dsc07509_800x600


日野駅のNOW&THEN

 Dsc07510_800x600 Dsc07511_800x600

わずか数か所だがこれだけでも楽しめる。日野の城下町から日野宿や新選組を前面に押し出すかたちにうまくスライドしているようにみえる。

ただ残念なのが新選組をアピールしながら土方歳三資料館が月に2回しかあいていないのはいただけない。そこだけだ。残念なのは。




































 




豊田車両センターと新選組のふるさと日野をあるく①


JR中央線の豊田駅の先にある豊田車両センターにてイベントがおこなわれました。

線路沿いの道は狭いため、一方通行となり大きく住宅地や畑がある道へ誘導していました。

 Dsc07413 車両センター近くにある豊田電車区公園

センター内に入るとミニ新幹線や子供向け撮影会の長い列。その向こうにオレンジ色の懐かしい奴がポツンと。

201系が先頭1両だけ色あせた状態でずっとここにいるようですが、今回の展示対象にはなっていません。

 Img_0475

 Img_0481 E233がお出迎え

 Dsc07416 Dsc07417 屋内ではジャッキアップの実演

 Dsc07419 Dsc07421 台車やパンタグラフなどを展示していました。

その隣ではNゲージとプラレールの体験運転をしていましたが、こちらは黒山のひとだかり。

 Img_0488_3 Dsc07427

こちらは115系の訓練車。デカ目だと思ったらシールドビーム化していますね。

 Dsc07425 隣では再びE233。メンテナンスの実演をやっていたようです。

屋外にでると中央線で活躍している車両がずらり。

 Img_0493 Dsc07431 

とはいえ中央線の主役はE233。201系が1編成でも残っていればなあ。このエリアは撮影している人は少なかった。

 Img_0498_2 Img_0501 Img_0506

115系長野色。まだまだ頑張ってほしい。

 Img_0505 Img_0497 Img_0508

E233は何度でも挟みますよ。

 Img_0510 Img_0521 Img_0518


115系スカ色。そして211系とのツーショット。まだ違和感があるが世代交代があるのだろうか。東京・上野口からは211系ですら見られなくなるというのに・・・

 Img_0525 Img_0522

大月や甲府ではこの顔が主役になるのでしょうか。

 Dsc07439 鉄道ファンはこのエリアに一番殺到していました。

その理由は。

 
 Img_0531 Img_0543 ホリデー快速・富士山行きと急行アルプス

LEDの行先表示の場合、どこの鉄道会社もこういうことしてくれますね。

 Img_0554 Img_0549 E257。特急あずさやかいじに使われます。

 Img_0556 Img_0574 カラフルな3ショット

 Img_0552 

右は総武緩行線を走る209系500番台。左は武蔵野線を走る209系500番台。

 Img_0559 Img_0562


そして東京メトロ東西線乗り入れ用のE231系800番台。

 Img_0588 Dsc07458 Img_0570


そしてスーパーあずさに使用されているE351系。松本にいくときにはいつも使用していました。

 Img_0576 Img_0581 Img_0578 ん?

 Img_0582 隣の特別快速塩山行きでは運転室の見学をやっておりました。

展示車両は他社や他の車両センターに比べて、撮影対象の車両との距離があったことや、撮影場所が狭く、カメラをもった大人たちが占領し子供たちにとってはちょっと残念だったかもしれません。

というわけで、車両数が多かったにもかかわらずわずか1時間で豊田駅に戻ってしまいました。

 Dsc07460















 

 


















 







 
 




















 

 





















 








東京街歩き再開!のはずが・・・中毒事故現場に遭遇

夏も過ぎ、朝、夕は涼しくなってきたこともあって、街歩き再開。

とはいえ、まだ日中は暑くまだ散歩日和ではないが、天橋立、伊根のネタでこれ以上引っ張るわけにもいかず、タイトルからもそれっぱなしなので暑くても歩かなければ・・・

以前に日比谷から新宿まで国道20号を歩いた際に四ツ谷に消防博物館の脇を通った。警察博物館もいってきたし、ここからスタートしようと四ツ谷三丁目へ。

まずは消防博物館へと思ったが、小さい子供が多く気がひけてしまった。

20号線をJR四ッ谷駅方面へ東に300メートルほど進み、ラーメンの香り漂う杉大門通りへと入る。

Dsc04356  

 

 

そこからさらに小路にはいるとスナックなどが点在する。個人的にこういう迷路のような小路は大好きだ。ついついはいってしまう。

Dsc04357  

 

 

残念ながらこの路はすぐ外苑東通りという大きな道にでてしまい、北を目指すと曙橋がみえてくる。ちょうどこの曙橋の下を靖国通りが走っているのだが、曙橋駅の方角に多くの赤色灯が見えた。本来ならこのまままっすぐ牛込方面を目指すつもりだったが、つい野次馬根性がでてしまい坂を下りて現場近くに向かう。

一見したところ6~7台は消防車が止まっているだろうか。ただどこからも煙は見えず、だとしたらボヤかそれとも火災警報器の誤作動か?

それにしてはこの台数は物々しい。

Dsc04364

 

 

 

  

ただそこに止まっている消防車が素人目にも普段の火災ではあまり見かけないタイプのものが止まっている。

Dsc04365 Dsc04366 Dsc04367

 

 

 

こんなことだったら事前に消防博物館に行っておけば、もう少し何らかの知識を得たかもしれないのにと後悔しながらも、これが火事ではないなというのがわかる。

Dsc04368 Dsc04369

 

 

 

まわりの野次馬の人たちもなにかあったらしいといった情報しかもっていないようだ。

現場は靖国通りから一歩入った建設現場。曙橋の駅前ということもあり地下鉄からでてきた客も何事かと覗き込む。

Dsc04361 Dsc04370

 

 

 

裏側にまわってみた。資材でも落下したのだろうか?

Dsc04371

 

 

 

お巡りさんにきいたところ、「ここの建設現場の作業員が気分が悪くなったとのことで念のため確認しているのですよ。大丈夫ですよ」とのこと。

レスキュー隊の格好からして、なんらかのガス中毒なのかと察知したが、非常線みたいの張っていないしちょっと不安に思いつつ、まあお巡りさんもああいっていることだからと、現場を離れた。(よくよく考えれば、野次馬が一番邪魔だし、興味をひくような発言をすれば、現場にとどまってしまい二次災害に巻き込まれる可能性やいたずらに不安を煽るわけにはいかないから妥当な発言だろう)

ちょっと気になりながらも、本来の目的へと修正することにした。

(夜のニュースで知ったのだが3人の方が一酸化炭素中毒で、病院に運ばれたそうです。1名は一時意識不明だったのですが、その後意識は回復されたようです。)

元の通りに戻るのも面倒なのであけぼの橋通りという商店街を進むことにした。

Dsc04372

 

 

  

しばらく進むとレンガ色のアスファルトの塗装もなくなり、住宅地へ。

Dsc04374

 

 

   

すると黒アゲハ蝶(?)を発見。東京で見るのは初めてだ。花に夢中で近づいても逃げない。

河田町へ、昔フジテレビがあったところだなんて思いながら、大きなマンションを見上げ、東京女子医大の脇を抜ける、抜弁天通りを渡り、大久保通りからちょっと入ると下戸塚坂。

Dsc04375 Dsc04376

 

 

 

このまままっすぐ行く先は早稲田だ。

ここにきてヘリが1機、2機と旋回しだした。やはりニュースになるような事故だったのだと認識。どうしても気になってしまう。

ここで早稲田には行かず大久保通りを東に牛込方向へ向かう。

Dsc04380  

 

 

天祖神社。説明板によると江戸時代初め、牛込は神踊りが盛んで、信仰心のあつい里人が夢の中で神が現れ「ここに住んで皆の苦難を救え」と言われ、それを聞いた大橋龍慶という長者が祠を建てたとのこと。

難消除祈願、病気平癒、安産、弓術皆中祈願で訪れる人が多いとのこと。

本来なら牛込や神楽坂をもう少し歩くつもりだったが、やっぱり暑いここで終了。今回も中途半端になってしまった。次はちゃんと歩こう。

東京散歩 隅田川を北から歩く②

今回は豊島橋から。

Dsc03400 Dsc03401  

 

 

ここから首都高の下の整備された川岸を歩きます。

Dsc03405 Dsc03408_2

 

 

 

 

ただ花に囲まれたきれいな景色もここまで。ここから南側はみやぎ水再生センターという水処理施設があり、川沿いを歩くことも阻まれます。

公園を抜け、道路に出ると、焼け出された建物が・・・

Dsc03410  

 

 

 

ここから対岸も含めて、なかなか川に近づけず、小路を彷徨う。やはり夜行かなくてよかった

アパートの脇からようやく復活した堤防を見つけると、向かい側はあらかわ遊園。ということはもう荒川区まで歩いてきたということか。

Dsc03411

 

 

 

ここを過ぎると小台橋が見えてくる。

Dsc03413Dsc03414  

 

 

小台橋からの景色。

Dsc03416 Dsc03415  

 

 

すぐに尾久橋がみえてくる。ここは日暮里・舎人ライナーも並行して走っています。

Dsc03419 Dsc03420 Dsc03421 

 

 

  

この橋を渡りきるとすぐ足立小台駅です。

またこの駅を過ぎると、その向こうは荒川です。

Dsc03423 Dsc03424

 

 

 

  

堤防から川を眺める。

Dsc03426

 

 

 

  

尾久の原公園を少しすぎたところで祠が見えます。ここは馬捨場跡だそうで、それを供養する観音と稲荷が祀られています。

旅の途中で病気や老いた馬がここで解体されたそうです。

Dsc03427  

 

 

意図的なのか、こんなポスターが貼られていました。(クリックすると拡大)

Dsc03429  

 

 

 

そして本日最後の橋尾竹橋です。その名の通り尾竹橋通りにある橋です。

Dsc03430 Dsc03432

 

 

 

尾竹橋からみた隅田川。

Dsc03431

 

 

  

この先3つほど橋がありますが、それはまたの機会に。さらに南側の橋は夜景編をみてください。

次回は国道1号線の夜景編です。久しぶりに歩道橋からみた夜景をやろうかなと思います。

東京散歩 隅田川を北から歩く

これまで築地から向島近辺まで、夜景編をやってきましたが、ここから先は川沿いを歩けない区間が多いことと、あまり夜景というほどの景色はないため、昼に歩いてみました。

今回は趣向をかえて赤羽側から歩いていきます。

まずは南北線志茂駅を降りて川の方向を目指します。ただこの辺は工場があったり、高い堤防のわき道を歩く形になり、川もみえません。

断念して新神谷橋のある環七との交差点まで、国道122号線を歩きます。

新神谷橋から南側を望む。

Dsc03375 Dsc03376

 

 

 

ここからテラスというか公園が少し川沿いに続きます。ここは水上バスの発着所もあります。

Dsc03377 Dsc03378

 

 

 

テラスが終わると再び高い堤防の裏を歩きます。しばらくすると新田橋とクロスします。

Dsc03379 Dsc03381  

 

 

 

順に北側、南側。

Dsc03383 Dsc03380  

 

  

再び高い堤防の裏を歩くと、テラスの工事をしていました。

Dsc03384 Dsc03385

 

 

 

完成まではあと数年。新しい名所になるのでしょうか。もう少し待ちましょう。

それにしても広い敷地です。その裏にはマンションも建てるようで・・・

おかげでえらく遠回りをさせられました

Dsc03386 Dsc03387

 

 

 

足立区新田。この辺はきれいな新しいマンションが建ち並び整備されています。

そこに架かるのが新豊橋。

Dsc03388 Dsc03390 Dsc03391  

 

 

橋の上から。

Dsc03393

 

 

  

 

対岸の土手の向こう側は荒川です。ここから隅田川は大きく蛇行していきます。ここからしばらく中央環状線とこれから渡る豊島橋がクロスしてみえます。

Dsc03395  

 

 

また何箇所か昔の堤防のあとが残されています。でもこの薄さはなんか心細い。

Dsc03396

 

 

 

 

再びテラスは終わり、豊島橋を目指すとちょっと意外な景色が。

一面シロツメ草(?)。だとしたら多分子供の頃以来だ。昔はどこにでもあった光景だが、気にすることがなかった分懐かしくも感じた。隅田川は整備された川のイメージが強いだけに意外な景色だった。

Dsc03397 Dsc03398 Dsc03399  

 

 

 

 

その向こう側にかかるのが豊島橋。

Dsc03400 Dsc03401  

 

 

 

今回はここまで。次回はここからさらに南下していきます。

 

 

東京散歩 歩道橋から見える景色 立石→向島

立石駅から商店街、区役所を抜けて国道6号線に出ました。

最初の歩道橋は立石歩道橋。

順に松戸方面、浅草方面。

Dsc02954 Dsc02955  

 

 

 

ここのすぐ隣りは都バスの車庫。

Dsc02956_2 

  

 

 

続いて四つ木5丁目歩道橋。ここは三差路になっています。

Dsc02961

 

  

 

  

Dsc02958 Dsc02959 Dsc02960  

 

 

前回交差した四つ木陸橋を通り過ぎてすぐの歩道橋が四つ木歩道橋。

ここは特徴のある歩道橋です。小学校が近いこともあって階段部分には子供たちが書いた評語が。昔よく駅の階段でこういう広告見かけましたが、最近あまり見なくなったような気が・・・・

Dsc02963 Dsc02964  

 

 

すぐ先は荒川です。もうすぐ日が暮れます。

Dsc02965 Dsc02966

 

 

 

この歩道橋の脇には小川が流れています。通称四つ木めだかの小道と呼ばれています。

この川は曳船川といい、飲料水を供給する目的で掘られた川だそうです。

Dsc02969 Dsc02971

 

  

 

そしてまさに日没寸前に四つ木橋に到着。ここからY字に分かれます。

Dsc02975 Dsc02978  

 

 

右側に見えるのは首都高中央環状線。荒川沿いに走っているので、遠くまで見渡せます。夜はきれいな光の線を描くので印象深い光景です。

Dsc02979 Dsc02980

 

 

 

荒川を渡りきってから、6号線を離れ、曳船川通りを歩きます。

八広小学校の前にあるのがX字型の歩道橋、更正橋歩道橋。

曳船川通りにある更正橋ということはこのあたりも昔、川が流れていたのでしょうか。

Dsc02983 Dsc02985

 

 

 

 

順に新四つ木橋、八広駅。

Dsc02987 Dsc02988  

 

 

 

そして曳船駅方面と北側鐘ヶ淵駅方面。

Dsc02989 Dsc02990

 

 

 

本日最後の歩道橋。八広五丁目歩道橋。

改修したてなのかビニールが貼られていました。

Dsc02994 Dsc02996 Dsc02997  

 

 

 

東向島駅に到着。この駅には東武博物館がありますが、現在休館中。機会があれば紹介したいと思います。

次回は隅田川夜景ウォーキング

東京散歩 歩道橋から見える景色 堀切→立石

久しぶりに日没前に歩いてみました。

今回はこのシリーズでは初の葛飾区。

京成線堀切菖蒲園駅からのスタートです。

Dsc02935  

 

 

まずは駅前の歩道橋、堀切歩道橋から。

Dsc02942

 

 

 

この歩道橋の高さと高架になっている京成の電車が目の前を通過します。

とはいっても相変わらず写真は下手糞なので、軽く流しますが・・・・

Dsc02939 Dsc02940

 

 

  

本数は多いのでもう一本待ってリベンジしてもいいのですが、先を急ぎます。

写真は南側四つ木方面。

Dsc02936

 

 

   

しかしここから誤算が生じます。

ここから平和橋通りを南下するのですが、この近辺を含めて4つ歩道橋があったはずなのが見つからない!

歩道橋の撤去や改修は、これまでの経験からよくあることなのですが、2008年初版発行の地図を頼りに動いていたので、頭の中は「まじで?」の繰り返し。

ようやくでてきた歩道橋は6号線を越えて京成押上線の四ツ木2丁目歩道橋。

この歩道橋をみて撤去されるのも止むを得ないかなと、推測の域は超えませんが、無理やり納得。

順に北側、堀切方面、南側、船堀方面。手前は京成押上線。

Dsc02944 Dsc02945 Dsc02946  

 

 

しかし大きく予定も狂い、ここまできて堀切菖蒲園まで戻るのも・・・

ということで、ルートを変更。

とりあえず立石駅まで戻って仕切りなおし。

Dsc02948  

 

  

とりあえず6号線に出れば歩道橋はあるのだが、水戸方面にいけば近隣の駅が少ない。

ということで妥協して少し東側までいってから、荒川を渡って戻ることに。

続きは次回。ここまで歩道橋は2つ。少しは挽回できるか?

東京散歩 京橋から新橋まで近代建築を見に行こう

今回ははじめて、事前に下調べも、ここに行こうという目的もなくスタートしました。

まずは京橋から。

Dsc02706 Dsc02707

 

 

 

橋の欄干を意識したような交番。その脇に京橋の親柱が残されていました。

そういえば以前ブログにも書きましたが、日比谷公園にも京橋の柱がありますよね。

交番の向かい側にも京橋のシンボルが。

Dsc02709 Dsc02710

 

 

 

 

 

そして対の柱もあるのですが、完全に埋もれてしまっています。

この隣りには警察博物館があり、ピーポ君が出迎えてくれています。

Dsc02712 Dsc02713 Dsc02714

 

 

 

1階は白バイや警察のヘリコプター「はるかぜ1号」が展示されています。

これ扉、最初からないのですかね?昔、本か何かでこのようなスケルトンのようなへりは見たことありますが、これはちょっと怖い。

2階から上は撮影禁止。警察の歴史や歴代の制服、殉職した警察官を称えた遺品などが展示してあります。(血がついているものもあり、ちょっと生々しいものもありました。)

また鑑識の道具や各都道府県警のエンブレム(みんな一緒だと思っていましたが、かっこいデザインあり、はたまたダサイものもあり・・・)なども展示してあります。

無料なので近くにこられた際はおすすめです。

遠くにお住まいの方は、サイトにバーチャルツアーなるものがありますので、クリックしてみてはいかがでしょうか。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no3/welcome/tour0.htm

警察博物館を出て日本橋側、鍛冶屋橋通りに建設中?のビルがありました。

京橋創生館という建物で時間によって緑や赤に光ります。

Dsc02715 Dsc02716

 

 

 

そのはす向かいに明治屋の建物が見えてきます。

Dsc02717 Dsc02719

 

 

 

Dsc02720 Dsc02724

 

 

 

普通に営業していますが、この建物も歴史は古く、昭和初期のもの。

至るところに歴史を感じます。区の文化財にも指定されています。

またこの近くにある、片倉ビルも歴史を感じさせる建物です。

再び方向を変えて今度は銀座方面へ向かいます。

Dsc02725 Dsc02726

 

 

 

夕闇迫る歩行者天国。こころなしか寂しくみえる。

そして三越銀座店。

Dsc02728 Dsc02729 Dsc02730

 

 

 

もう少し暗くなって、ライトアップしたところを撮ってもよかったかなと。

右側は路地から撮ったものです。あまり裏側を撮る人はいないと思ったので。

新橋に到着。汐留のビル街を抜けます。

Dsc02731 Dsc02732

 

 

 

そろそろ暗くなってきました。次回は東京夜景編です。

東京散歩 用賀近辺を歩く

今回は用賀からスタートです。

歩道橋からの夜景を撮るにはまだ日が高すぎるため、まわりを散策。

環八を越えて、瀬田という住宅街から一歩抜けた緑地のなかに旧小坂住宅があります。

まわりが工事中でちょっとわかりにくかったのですが、ちょっと寄ってみました。

Dsc02590 Dsc02592  

 

  

この建物は昭和12年に建てられた衆議院議員小坂順造氏の別邸です。

閉園寸前でしたので中までは見れませんでしたが本当に静かな佇まいです。

Dsc02589  

 

 

馬坂という坂を下ります。石碑がひっそりと建っていました。

カーブになっている坂を下ると岡本静嘉堂緑地の入り口にでます。

ひっそりとした緑地(林?)から緩やかな階段をあがるとヨーロッパ調の建物が見えてきます。

静嘉堂文庫です。

Dsc02598 Dsc02599  

 

  

裏口から門を抜けると岡本民家園。

残念ながら閉まっていました。

江戸時代の古民家を復元したものです。

Dsc02600 Dsc02601  

 

 

 

さあもうすぐ日が暮れます。ここからしばらく行ったところに富士山がきれいにみえる坂があります。次回はここから始めます。

東京散歩 世田谷古墳めぐり②

前回は亀甲山古墳から多摩川沿いに狐塚古墳まで歩きました。

今回はその続きです。

狐塚古墳から再び住宅街を抜け、丘の上の階段をあがると、

御岳山古墳があります。

Dsc02477

 

 

 

残念ながら中にははいれませんでした。

目黒通りを渡ると等々力不動尊の鳥居がみえます。

東京のオアシス、等々力渓谷です。

この等々力渓谷にも古墳があります。

Dsc02479 Dsc02481

 

 

 

横穴古墳。有力農民の墓とのことです。

Dsc02482

 

 

  

等々力渓谷をでて環八沿いを少し歩くと玉川野毛町公園がみえてきます。

この公園内にあるのが野毛大塚古墳です。

Dsc02489_2 単なる小山か

  

 

Dsc02490  ・・・と思ったら結構整備されていた。

  

 

Dsc02491  階段を登ると

  

 

Dsc02492 Dsc02493

 

 

 

とてもわかりやすい。

Dsc02495

 

 

  

日も暮れてきたので今日はこれでおしまい。

次回は夜景編 歩道橋からみえる景色 環八等々力編です。

 

 

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ