最近のトラックバック

埼玉

埼京線と川越車両センター

埼京線にも世代交代の波がやってきました。20年以上主力をはってきた205系の後継車E233-7000番台がかなりのスピードで投入されてきています。

というわけで新旧入り混じっている今のうちに。ということで川越車両センターまわりをぐるっとまわってきました。

川越車両センターは川越線指扇-南古谷駅間にあり、埼京線、川越線、八高線の車両を受け持っています。

まずは南古谷駅周辺で205系の雄姿を。

 Img_4264宮ハエ20編成 Img_4260 13編成

 Img_4252 不明      Img_4240 15編成

 
 Img_4141 18編成 6扉車が900番台

 Img_4213 19編成

 Dsc07075_800x600  32編成 山手線からの転属の中でも新しいほう

 Img_4158 31編成の6扉車





さて川越車両センターですが南古谷駅から線路沿いに、といいたいところですがJR関係者以外しか通れない道は通ることができないのでぐるっと大回りするかたちになります。

駅前以外は水田と病院しかないので車両センターは早い段階から視認できます。ただ歩いて5分くらいかかります。

 Img_4175 Img_4172 草場の影から 左の205系はハエ4編成

 Img_4173 いました。E233 7000番台101編成と5月にやってきた105編成

 
 
 Img_4174 

見慣れたこの光景もやがて貴重な光景になるのでしょう。ハエ15編成と12編成

 

 Img_4167 32編成再会。

さて川越車両センターといえば目玉が2つあります。

そのうちのひとつがクモヤ143-11です。

 Img_4182 Img_4181 試運転や配給のときの牽引車です。

そしてMUE-Trainです。209系を改造した試験車です。

 Img_4177 Img_4178

八高線205系3000番台ハエ85編成。3000番台最終増備車です。

 Img_4200 Img_4203 奥にさいたま副都心郡が見えます。夜はきれいかも。

 Img_4191 近くの高架橋から全景。

 Img_4148 Img_4231 時折りんかい線70-000系も駆け抜けます。

 Img_4134 大宮駅にて。試運転中。

















































おおみや鉄道ふれあいフェア2013レポート その2

 

 Img_4070 Img_4072 Img_4078


EF58-93 青大将 現役時代はこのカラーではありませんでした。

 Img_4080 Img_4086 Img_4092

春のダイヤ改正で日光線から退いた107系。実はその2日前に両毛線で107系に乗ったばかりでした。

 
Dsc09377


Img_4096 トラバーサ。今回は車両ではなく人を乗せています。

手前の棟ではE259,205系500番台、京葉線205系、251系、奥に24系?が並んでいました。

 
 Img_4099 Img_4105 成田エクスプレスE259

Img_4104 Img_4111 205系にもいろいろな顔、色があります。

 
 Img_4118 Img_4120 お疲れ様でした。

 
 

 Img_4124 Img_4125 251系は先頭車両の顔はみえませんでした。

 
 Img_4127 車両センターの外にはD51-187.

このあと川越車両センターへ移動しますがその模様は気が向いたらアップします。
































おおみや鉄道ふれあいフェア2013レポート その1

おおみや鉄道ふれあいフェアにいってきました。

その前に埼京線大宮駅。E233系7000番台試運転車両がはいってきました。かなり早い勢いで製造しているのであっという間に珍しい光景ではなくなりそう。

 Dsc09442 Dsc09443
さて今年も多くの家族連れと鉄道ファンが訪れました。

まず出迎えてくれるのがEF63  13号機とEF60  47号機のカットモデル。

 
 Img_3942 Img_3941

左へ進むとパンタグラフ、モーターなどの展示。

 Img_3944 Img_3946 

クーラーは展示なのか置いてあるのか?

 
 Img_3948

その横をE6が走り抜ける。

 
 Img_3949

 Img_3947 ATカート

JR貨物大宮車両所へ。

 
 Img_3951 Img_3953 Img_3954 EF64-2097 運転室公開。

  Img_3957 Img_3967 Img_3961  Img_3976

DE10  1586号機が吊り上げられ右へ左へ振り回されていました。

 Img_3968 Img_3969 Img_3972 Img_3977

 Dsc09436 EH500 29 

 Img_3982 Img_3981 Img_3991

EF64 1049 北陸のHMをつけていました。

 Img_3983 Img_3987 Img_3993

DE10 1539  なんとあけぼののHM付

 
 Img_3995 Img_3996 Img_3998 

真岡鐡道C11 325 あれ?C58 8239号機がいない?

 外ではELの車両展示。時間別でHMを付け替えていました。

 Img_4011 Img_4008 Img_4010

 Img_4013 Img_4014 Img_4024 Img_4027

EF60 510。真ん中がEF65 1115、EF81 113やっぱりこの色が一番落ち着きます。

その横をEF210 113が走り抜けていきました。

 Img_4035 Img_4037

そして今回の体験乗車は185系踊り子色。

 Img_4042 Img_4044 Img_4046

帰りのHMはホームタウンとちぎ。

 Img_4060




































 
























































西武101系・301系引退

昨日の秩父鉄道に引き続きこの日は西武の大物が引退しました。

というと西武ライオンズの誰かが引退したみたいですが、西武鉄道で永らく活躍してきた101系と301系が引退しました。

というわけで第1会場である西武球場前に行ってまいりました。

9時半から始まっていたことやさよなら運転に乗車する方以外は会場での撮影を終えて、第2会場である横瀬にむかったか、その途中の走行シーンを撮るための撮影にむかったかはわかりませんが自分が着いたころには想定したよりは混雑・混乱はありませんでした。

どうしてもほかのみなさんと同じような構図になってしまうのですが、まずは撮った写真を並べておきます。

 Img_0835 Dsc07756 Img_0831

続いて281Fの雄姿を。

 Img_0837 Img_0833 Img_0846

方向幕が最後なんだなと・・・

 Img_0847 281Fと285F

 Img_0849 Img_0850 285Fと271F

そしてツートンカラーの271Fの雄姿です。10両3ドアの表記をみると期待してしまったものです。

 Img_0851 Img_0852 Img_0854

続いて隣の309Fの雄姿です。

 Img_0859 Img_0898 Img_0909

車内は開放されていました。ついこの間までなんてことのない空間だったのですが・・・

 Img_0903 Img_0902_2 Img_0906


さてそうこうしているうちに第2会場横瀬にむけてさよなら運転のための出発がせまってきました。

ほとんどの人がホームで待ち構えるなか、301系の最後尾に行き、その光景を撮ってきました。独占です。世界で唯一のアングルをどうぞ

 Img_0870 Img_0874 Img_0877

 Img_0878 Img_0881 Img_0884

 Img_0885 Img_0886 Img_0888

 Img_0890 みんな向いてる方向が同じ。(当たり前か)

もうひとつ。偶然幕回しをしていたところも捉えたのでそちらもどうぞ。

 Dsc07763_800x600 西武秩父

 Dsc07764_800x600 吾野

 Dsc07765_800x600 武蔵丘

 
 Dsc07766_800x600 飯能

 Img_0907 入間市

 
 Img_0908 小手指

 

 Img_0910 西所沢

 Img_0911 池袋  お腹いっぱいでした。

おそらくほとんどの方はこのあと第2会場である横瀬に向かったのでしょうが、なんか2日連続正丸峠を越えるのもしんどいな。ということでもうちょっとだけ頑張る101系ワンマン対応が走る多摩湖線のほうへ。

 Img_0917 Img_0918 白一色

 Img_0921 Img_0922 Img_0923

もうちょっと粘って夏編成。こいつらにはもうちょっと頑張ってもらいましょう。































 









 






 


 











 



















 

 
























ある国電車両の引退~秩父鉄道1007号

Dsc07738_800x600

この顔に見覚えあるでしょうか。あるとしたらあなたはもう十分なおじさんかおばさんですね

自分は残念ながらこの車両の現役時代は知らないのですが、秩父鉄道では4編成がまだ元気に走っていました。

もともと12編成あった101系も次々と引退をしていき、2012年12月8日秩父鉄道の旧塗装の黄色に茶帯の1007号が引退することになりました。

特急レッドアローちちぶ号で西武秩父へ、御花畑駅から引退ラストランをする該当車両の乗るつもりでしたが、おそらく鉄道ファンでぎゅうぎゅうだろうと予想。

考えただけで萎えてしまうので1本で先に待ち構えることにしました。

 
 Dsc07681 小学生の時以来の御花畑駅。

 Img_0688 やってきたのはなんとオレンジバーミリオンの編成

 Img_0693 Dsc07689


 Img_0694 シートの色は国鉄のときのまま

 
 Dsc07746_800x600 Dsc07747_800x600 それ以外は吊り皮や扇風機などは変わっていました。

思えば103系などはモーターフル回転で車内放送も何言っているかわからない、レールを軋ませて走っていた記憶があったのですが、スピードがあまりでていないからか山の中を走っているのにもかかわらず意外と静かだったこと、ワンマン運転なので自動放送が地方私鉄らしさを出していて不思議なコントラストになっていました。

終点三峰口に着くと意外に人は多くない。

すでにスカイブルーの1001号と白地に水色帯のオリジナル色1010号が主役を待っていました。

ほどなくして満員の主役がやってきました。

 
 Img_0704 Img_0710 Img_0705

 Dsc07693 Img_0698 都営三田線の5000形

 Dsc07696_800x600 側線には西武4000系

ホームにいた鉄道ファンを撮影会場に移動させ撮影タイムが始まります。

 
 Img_0727


 Img_0723 Img_0730 Img_0720
撮影会場とは反対側の車両公園側から

 
 Img_0739 Img_0735


そして13時38分熊谷に向け最後の走行です。

 
 Img_0750 Img_0753

 
 Img_0775 Img_0776

西武新101系を改造した6000系がはいってきました。本家の西武の新101系は翌日引退になります。

 
 Dsc07738_800x600_2 Dsc07743_800x600 主役が去った後スカイブルー1001号がホームに入線。

 Img_0757 Img_0763

 Img_0782 Img_0768 

京浜東北線と中央線、はたまた東海道線と大阪環状線か後ろに山があることでとても不思議な光景。

 Img_0822 Dsc07684_800x600 東急のおさがり7000系と7500系

これでバイオエクスプレス以外のすべての車両を見たことになりますね。

 Img_0742
おまけ。100形。秩父鉄道車両公園の展示車両はまたあらためて紹介します。










































































2012東武ファンフェスタとスカイツリー線、日光線、野田線の車両

今回は南栗橋で開催されたファンフェスタに行ってまいりました。

混雑をさけてお昼すぎに南栗橋についたのですが、駅前のシャトルバス乗り場は長蛇の列。歩いてもいけるのですが、無料だからということで並んで待ちます。

 Dsc07528_800x600 Dsc07529_800x600


シャトルバスは次々と出ていたのであまり待つことはありませんでした。

4~5分で満員のバスは南栗橋の車両管区に到着します。

来場者には全員に今回の目玉である8000系の復元カラー8111FのティッシュBOXが配られました。こういう来場記念品は嬉しいですね。

来場して一番最初に目に入ってくるのは架線作業車とくわしくないのでわかりませんが工事用の車両が。

 Dsc07532_800x600


奥には10050系が休憩用として使われていました。

 Dsc07547_800x600


右手には車両工場、正面には鉄道会社や各自治体物販ブースがあるのですが、時間もあまりないのでまずは撮影会場へ。15分の交代制なのですが、どこの会場にもありがちなのですが、とにかく人、ひと、ヒト。JRなどは交代制にせず自由に撮ってくださいといったスタンスがあるのですが、私鉄系はトラブルを恐れてかきっちりと管理しています。

ただやはり混雑の中30分、40分と待たされると小さい子供は我慢できず、ぐずったり、泣いたりしてしまいます。またせっかく順番がまわってきても鉄道ファンに場所を占領され、ロープも貼られているので近くにはいけずとちょっとかわいそうな感じもします。

親子撮影会みたいな時間を設けてもいいのかなと感じます。

さて展示車両ですが今回は以下の車両が展示されました。

 
 Img_0629 急行りょうもうのヘッドマークをつけた1800系

 Img_0638 Img_0632 Img_0651

子供たちの人気は100系スペーシアと200系に集中。どちらも先月開業したエキミセのシールをつけています。

100系はスカイツリーの開業を記念してカラーバリエーションが3種類あります。展示されていたのは粋編成。

 
 Dsc07183_800x600 ちなみにサニーコーラル編成(池袋駅にて)

 
 Dsc07586_800x600 雅編成(春日部駅にて)

 Img_0653 Img_0656 通勤型車両10000型と30000型

 Img_0640 8000系

そして大半の人の注目は今回の目玉であり、午前中はじめて野田線を臨時で走ってきた復元色の8111F編成でしょう。

 Img_0641 Img_0649 Img_0639


クリーム色一色の時代や白に濃紺、水色の時代には見向きもしなかったのに、でもこの電車に思い入れの多い人は多いでしょう。

 
 Dsc07535_800x600 Dsc07542_800x600 Img_0659

続いて車両工場内へ。

体験コーナーが多くあり各場所で多くの列ができていました。車内放送やドアの開閉のような子供たちが喜びそうなものから、車輪測定体験などのマニア向けのものまで様々な体験ができます。

 
 Dsc07548_800x600 Dsc07549_800x600 Dsc07553_800x600


洗浄台にいた6000系。なかなかこの角度からは見れません。

 Img_0669

検査で展示された10000系。

 
 Dsc07555_800x600 Dsc07556_800x600 Dsc07557_800x600 車輪。

 Img_0676 ドア開閉体験コーナー

 Img_0673 よくわかりません。

 Img_0674 総合検査線に8000系。よくみると特急池袋発志木行になっています。

そういえば東武鉄道は方向幕を使った遊びはあまりないですね。

外では東武バスの展示

 Dsc07545_800x600 Dsc07546_800x600


あと特筆すべきは各鉄道会社(JR東日本も参加していた)や沿線の自治体、東武グループの物販スペースが充実していること。フェスティバルにふさわしいにぎやかさでした。

最後にスカイツリー線、日光線の車両を一気に見ていただきましょう。

 Dsc07527_800x600 Dsc07561_800x600 Dsc07572_800x600_2


 Dsc07575_800x600 Dsc07564_800x600 Dsc07568_800x600

これにスペーシアにスカイツリートレインと東武だけでも多くの種類があります。

さらにメトロ、東急の車両が乗り入れしているわけですから飽きません。

おまけ。偶然です。

 Img_0678 Img_0681

こんなに早く回送されるとは思いませんでした。待っていた人もわずかおかげでじっくりと近くで写真を撮れました。

最後に野田線。時期車両も発表されたので何年か後にはこの車両も注目されることになるんでしょうね。

 
 Dsc07590_800x600 Dsc07594_800x600










 

 

 












 


























































はじめての入間航空祭2012 地上展示

航空ショーというとどうしても飛行によるデモンストレーションが中心になってしまいますが、展示されている自衛隊機や車両も数多くあるので、今回はそちらに注目します。

とはいえこのジャンルに詳しくないので説明やスペックは省きます。

まずは基地西側から。

 Dsc07105 Dsc07107

パトリオット発射機(PAC-3)、北朝鮮のミサイル発射や湾岸戦争のときに有名になりました。

 Dsc07108 

射撃管制装置(ECS)。整備や統制をするところ。左側はアンテナ・マスト・グループ(AMS)データの送受信をおこなうところ。

 Dsc07111 Dsc07112 航空自衛隊の消防車。

 Dsc07115 監視装置(移動式レーダー)

 Dsc07119 C-1輸送機 貨物部分を一般開放していました。

 
 Dsc07122 YSー11FC 飛行点検機 貴重なYS11

 Dsc07121 P-3C 対潜哨戒機 

近隣他国による領海侵犯でよく耳にする名前です。

 Dsc07126 U-4 多用途支援機 人員や物資の輸送に使われます。

 Dsc07131 UH-1 多用途ヘリコプター

 Dsc07133 AH-1S 対戦車ヘリコプター

 Dsc07134 OH-1 観測ヘリコプター 情報収集するためのヘリです。

 Dsc07136_2 OH-6 偵察ヘリコプター

 Dsc07139 SH-60J 哨戒機

 Dsc07141 飛行展示に備えるブルーインパルス

 Dsc07143 どこへいっても人・ひと・ヒト!

 Dsc07144 UH-60J 救援ヘリコプター

 Dsc07145 U-125 飛行点検機

 Dsc07148 T-4 練習機

 Dsc07156 Dsc07151 Dsc07154
こちらでもC-1輸送機。貨物室を公開していました。正面からみるとなんか癒される

 Dsc07160 Dsc07161 Dsc07162

CH-47J 輸送ヘリコプター。災害現場などで活躍するヘリです。

 Dsc07167 Img_0031 F-15 戦闘機 何年たってもかっこいい。

 Dsc07172 屋内展示場ではT-4のリトラクション展示

 Dsc07173 Dsc07174 パラシュートや酸素マスクも展示していました。

 Img_0006 Img_0008 Img_0009

ロンドン五輪メダリスト。湯元、清水、小原選手もきていました。

ちょっと遅くなりましたが入間航空祭2012簡易レポートでした。













































 

 




























はじめての入間航空祭2012 飛行展示午後の部 ブルーインパルス

中断してしまいましたが、再び2012年11月3日に開催された入間航空祭の午後の部をレポートします。

13時5分 轟音とともにF-2戦闘機が飛び立つ。

 Img_0046 Img_0047


続いてF-15。古参の戦闘機だがかっこいい。

 Img_0061 Img_0064 Img_0070

とにかく速いのでカメラで追うのも大変。そして急上昇、あっという間に彼方へ消えてしまいました。

 
 Img_0076 Img_0074

雲の中へ。そして背面飛行。とてつもないGに耐えながら集中力と強じんな精神力で態勢を整える。

 Img_0078 Img_0091 Img_0092


そしてブルーインパルスの飛行展示。

 
 Img_0098 Img_0102 Img_0118

規模が大きすぎてフレームに収まりきれません。アップにしたい気持ちをおさえつつ。

 Img_0106 Img_0107 Img_0108

といいつつアップで、90度傾斜しているのがわかります。

 Img_0122 からの~ 背面飛行 Img_0124

これはチェンジ・オーバー・ターンというものだそうです。

 Img_0130_3 Img_0131 Img_0134

アクロバットな飛行は続きます。


 Img_0139 Img_0147

サンライズ。

 Img_0151 Img_0152 Img_0154 Img_0156

急上昇!雲の中へ。

 Img_0162 Img_0163 Img_0165


油断していると後方から突然轟音とともに。

 Img_0169 Img_0170 Img_0171


これは直角に曲がったのではありません。オポジット・コンティニュアス・ロールといって対向から背面ですれ違う難易度の高いものですが、どこですれ違うのかわからず、左側からきた5番機をおってすれ違うタイミングを逃してしまいました。ただ雲でどれだけ接近したのかなんとなく伝わるかと思います。正面衝突するかと思った・・・

 Img_0189


バーティカル・キューピット。ハートを射抜きます。

 Img_0195 Img_0196 Img_0197_2

 Img_0199 Img_0201 この日は本当に快晴で風もなくてよかった。

ラインアプレスト・ロール

3機の機体が統制のとれたラインを描きます。

 Img_0203

今度は円を描きます。

 
 Img_0207 Img_0209 Img_0210


興奮し引きの写真を撮っていないため、もはや円なのかどうかもわかりません。っていうかあまりにも大きい円だったので無理。

デルタ・ループ。これも凄かった。

 Img_0218 Img_0219 Img_0221

 Img_0224 Img_0225


続いてデルタ・ロール。

 Img_0228 Img_0229 Img_0230

 Img_0234 Img_0236 Img_0238

 Img_0239

ボントン・ロール。一斉に1回転します。なんかイルカの曲芸をみているみたい。

 Img_0240

スター・クロス。オリジナルの科目だそうです。ご覧あれ。

 Img_0244 Img_0245 Img_0246

 Img_0247 Img_0248 Img_0249

使い古された表現ですが、まさに大空をキャンバスにしてのアートです。

ここでトラブル発生。2番機がバードストライク(鳥と接触)したため、中断して上空待機。

その後2番機だけが先に着陸し、演技は中止になりました。

 Img_0256

事故がなくて何よりです。

人生初の航空ショーは圧巻の一言。ちょっとハマりそうな感じです。




















































































 

























 
 

 

 

 































はじめての入間航空祭2012 飛行展示午前の部

ちょっと伊勢と松坂の記事を中断して2012年11月3日に開催された入間航空祭に行ってみたのでご報告。

22万人もの人手があった大イベント。多くの方がすでにいい写真で細かくレポートしてくれているのと、もう4日も経過しているので旬をすぎてしまったのでさらっと報告します。

正直自衛隊機も航空のジャンルも無知に等しく、入間の航空祭の存在は耳にしていたものの、ネットで調べるまでこんなに人気があるものとは知らず、でも同じ西武線沿線だしそんなに人気があるのなら行ってみようと。結果すべてにおいて圧倒されました。そして、か、カッコいい。

朝、8時半入間駅の一つ手前、稲荷山公園に満員電車のなかから吐き出され、臨時改札に向かう。とにかく人が多く、初めてのことなのでパスモできた自分は臨時改札なんか通ったら帰りの処理がメンドクサイじゃないか。正規の改札からいけばよかった・・・なんていらぬ心配をしていたが、ちゃんと臨時改札にも簡易読み取り機みたいなものがありました。:

10数分歩いてようやく基地の中へ。9時半過ぎから飛行展示が始まってしまうだが、正面は人がいっぱい。結構脇のほうで観させていただくことになりました。

 Img_9638 正面にはT-400 練習機

まずは国内でもう飛んでいるのは自衛隊機だけのYS-11と救難捜索機U-125の飛行。BGMはやっぱりトップガン、そしてQUEENと王道。

 Img_9640 Img_9641 ぴったりとくっついて親子みたい。

 Img_9652 帰ってきた。

 Img_9681 結構うるさい。

次のT-4が飛ぶまでの10分間。ただ待っているだけかと思って油断していたら、C-1輸送機が次々と飛び立つ。最初はこんな時でも通常の業務があるのかと思っていたが違っていた。

 Img_9705


そしてT-4練習機が編隊を組んで飛び立つ。

 Img_9737

名前はわからないが様々な編隊の隊形があるようだ。

 Img_9761 Img_9790


 Img_9802 もちろんアクロバットな飛行も披露。

 Img_9825 おかえり。

 Img_9833 そして一度飛び立ったC-1が帰ってきた。

 Img_9837 いってしまった。

 Img_9860 

けっこうでかいのにこの角度。フライトシュミレーターですらこの角度は墜落させる自信がある。

C-1のフライトをお楽しみください。

 Img_9869 Img_9871 Img_9884


 

パラシュートによる空挺降下。人が撒かれている!

 Img_9890 Img_9890_2 Img_9897


 Img_9908 U-4に導かれるC-1

 Img_9918 だいぶ高いところへ行ってしまった。

 Img_9925 Img_9932 もの凄いGなんだろうな。吐くレベル。

次々と帰ってきた。おかえり。

 Img_9938 Img_9946 Img_9951


 Img_9957 Img_9965 Img_9967

続いて救援機U-125と救援ヘリUH-60。

 Img_9976 Img_9981


災害現場でよく見かける輸送ヘリCH-47。重量物を持ち上げてアピール。

 Img_9999 Img_0001


くるくる回っていたので中の荷物はえらいことになっていると推測。

ここまでが午前中の飛行展示でした。








































































2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ